DOHCやSOHC、直噴エンジン…それぞれのメリットやデメリットとは?

エンジン

車の心臓部であるエンジンには色んな種類があります。
今回はそんなエンジンのメリットやデメリットをご紹介します。

Chapter
高回転、高出力が得意なDOHC
燃費の良さを実現したSOHC
軽量でコンパクトなOHV
燃焼効率が良い直噴エンジン

高回転、高出力が得意なDOHC

「Double Over Head Camshaft」の頭文字をとったDOHCエンジン。
今でこそ普通乗用車にも多く搭載されるこのエンジンですが、その複雑な構造や部品点数の多さから1950年代以前は高級なスポーツカーに限定されていた技術でした。
その名の通りエンジンのカムシャフトが2本あり、吸気弁と排気弁が別々のカムシャフトによって駆動するため、負荷が分散される仕組みになっています。
そのため、エンジンが動いている時にカムシャフトとバルブのタイムラグを少なくすることが出来、高回転かつ高出力化することができるというメリットがあります。

しかし一方で、カムシャフトが2本になるとエンジン上部が大型してしまったり、重たくなってしまう等のデメリットもあります。
また、SOHCエンジンに比べると燃費性能も劣る傾向に。

燃費の良さを実現したSOHC

「Single OverHead Camshaft」の頭文字をとったSOHCエンジン。

DOHCが2本のカムシャフトだったことに対してSOHCカムシャフトは1本。吸気バルブと排気バルブの中心に置かれた1本のカムシャフトで吸気と排気両方を動かします。DOHCに比べてカムシャフトが1本少ない為、駆動抵抗が少なく燃費の良いエンジンであり、小型で軽量で整備性もいいというメリットがあります。

とはいえ、カムシャフト1本でロッカーアームを介しバルブを駆動させるという構造から、吸排気バルブの数を増やしにくく高回転型のエンジンは作りにくなっています。

<次のページに続く>
次ページ
軽量でコンパクトなOHV