【TAS2020】30台が百花繚乱!東京オートサロン2020はジムニー祭り!?

TAS2020 ジムニー

1月10日から開催されている東京オートサロン2020は、初日から多数の来場者が訪れ、会場の幕張メッセは大変な熱気で満ちています。個性あふれる数々のカスタムカーの中でも、来場者の熱い視線を集めているのがジムニーとジムニーシエラ。昨年よりさらに進化したカスタムジムニーを、一挙にご紹介します。

文/写真・山崎 友貴

スズキ

自動車メーカーとして提案するジムニーの形

スズキが壇上に飾ったジムニーシエラは「マリンスタイル」と名付けられた参考出品車。ポップルーフにロッドケース、シャックル付きのスキッドガード、そして防水性をもったインテリアなど、遊び心に溢れた仕様になっています。もちろん、このカスタムカーが発売される予定はありませんが、アイテムによっては純正オプションで発売する可能性もあるんだとか。ちょっと気になる1台です。

Tスタイルデザイン

複数ブランドのパーツでどっしりとしたカスタム

Tスタイルデザインのブースに展示されていたJB74は、ハイブリッジファースト製のバンパーセットにESB製オーバーフェンダーとバッドフェイスパネル、そしてサスペンションを装着。さらにルーフにはアルドア・ルーフテントを装着し、アウトドアレジャー志向に仕上げています。ポイントは、現在トレンドになりつつあるリアラダーとキャリアラック。ジムニーの雰囲気を手軽にヘビーデューティにすることができます。

<次のページに続く>
次ページ
ノブレッセ

山崎 友貴|やまざき ともたか

四輪駆動車専門誌、RV誌編集部を経て、フリーエディターに。RVやキャンピングカー、アウトドア誌などで執筆中。趣味は登山、クライミング、山城探訪。小さいクルマが大好物。

山崎 友貴