Hondaマンスリーオーナーのメリット・デメリットから実際の口コミまで紹介!

カーリース

※この記事には広告が含まれます

最近カーリースサービスが増える中、国内自動車メーカー大手のHondaが始めた「Hondaマンスリーオーナー」が気になっている方も少なくはないのではないでしょうか。

結論、Hondaマンスリーオーナーのメリットとデメリットを抜粋すると下記の通りです。
Hondaマンスリーオーナーのメリット

  • 1ヶ月単位で車を借りることができる
  • 中途解約も可能
  • 審査も必要ない
Hondaマンスリーオーナーのデメリット
  • 長期間の契約はできない
  • 月額料金が高め
  • ホンダ車の一部中古車しか借りれない

貯金0円でもマイカーを持てる!カーリースなら【カルモくん】
  • 業界最安級! 月1万円台から新車に乗れる
  • ネットからいつでも申込可能
  • 税金もコミコミで追加費用なし
\ 最大49,500円割引! /

Chapter
Hondaマンスリーオーナーとは?
Hondaマンスリーオーナーの4つのメリット
Hondaマンスリーオーナーの5つのデメリット
Hondaマンスリーオーナーの口コミ評判
Hondaマンスリーオーナーがおすすめの人
Hondaマンスリーオーナーをおすすめできない人
Hondaマンスリーオーナーを利用する流れ
おすすめカーリース3選
Hondaマンスリーオーナーでカーライフを充実させよう

Hondaマンスリーオーナーとは?

本田技研工業株式会社

Hondaマンスリーオーナー

月額29,800円(税込)

月額29,800円〜で最短1ヶ月〜最長11ヶ月利用可能

Hondaマンスリーオーナーとは、Hondaが運営するホンダ認定中古車のサブスクリプションサービスです。

Hondaマンスリーオーナーは、車受け取り後1ヶ月おきに契約が自動更新され、最長で11ヶ月乗り続けることができます。

ネットで簡単に申し込みができ、車を短期間、手軽に利用できます。

大きな特徴として、途中で解約しても違約金がかからないこと、頭金や審査が不要なことが挙げられます。

月額料金とガソリン代・駐車場料金だけで車を自由に使えるのが嬉しいですね。

月額料金(税込)
29,800円〜
リース期間
1〜11ヶ月
対応メーカー
ホンダの指定車種
走行距離制限
1,000km/月
月額料金内訳
車両代金、登録諸費用、税金、自賠責保険、車検代、メンテナンス費用
新車・中古車
中古車のみ
残価設定
クローズドエンド方式

Hondaマンスリーオーナーの料金

Hondaマンスリーオーナーの月額料金は車種、走行可能な距離、ホンダセンシング(安全運転システム)の有無によって変わります。

具体的な料金は以下の表のとおりです。

車種 月額使用料
(ホンダセンシング有り)
月額使用料
(ホンダセンシング無し)
軽自動車 29,800円 39,800円
コンパクトカー 39,800円 49,800円
ミニバン・SUV・セダン 59,800円 69,800円
ミニバン・SUV・セダン
(プレミアム)
59,800円 69,800円
福祉車両 39,800円 49,800円
スポーツカー 59,800円

Hondaマンスリーオーナーの対応店舗

Hondaマンスリーオーナーの対応店舗は全国47都道府県、378拠点です。

首都圏では、東京都に18店舗、神奈川県に16店舗、埼玉県に24店舗、千葉県に18店舗が展開されています。

それぞれの店舗で置いてある車の数に限りがあります。また、契約者本人の住所から離れすぎていると対応されない場合があります。ご注意ください。

お近くの店舗はこちらからご確認ください。

Hondaマンスリーオーナーの4つのメリット

Hondaマンスリーオーナーの以下の4つのメリットを紹介します。

・1ヶ月単位で借りられる
・中途解約が可能
・審査が必要ない
・月額料金に任意保険料が含まれる

これらのメリットは他のカーリースにはない大きな魅力なのでぜひ確認してみましょう。

メリット①:1ヶ月単位で車を借りれる

Hondaマンスリーオーナーは最短1ヶ月から最長11ヶ月の1ヶ月単位で車を借りられます。

したがって、「夏(冬)だけ使いたい」「長期休暇で使いたい」など短期利用したい方におすすめです。

カーシェアやレンタカーでは期間が短すぎて物足りないけど、1年以上は使わない方にピッタリです。

メリット②:中途解約が可能

Hondaマンスリーオーナーは中途解約が可能です。

通常、カーリースでは3年、5年、7年ごとの中長期契約となります。さらには、中途解約ができなかったり、違約金が発生したりするカーリースがほとんどです。

しかし、Hondaマンスリーオーナーは1ヶ月ごとの自動更新なので、更新の際に継続を中止すれば違約金なしで気軽に解約ができます。

メリット③:審査が必要ない

Hondaマンスリーオーナーでは、通常のカーリース契約で必要な審査の必要がありません。

運転免許証の提示と必要書類の提出のみで契約ができます。

通常、カーリースでは年収や債務歴などの審査が必要で手間がかかりますが、Hondaマンスリーオーナーでは気軽に申し込みができます。

メリット④:月額料金に任意保険料が含まれる

Hondaマンスリーオーナーの月額料金には、任意保険料も含まれています。

月額料金に含まれている内容として以下のものがあります。

車両代金 ・車両本体価格
・各種登録費用
・ドライブレコーダー
各種税金 ・環境性能割
・自動車税種別割
・重量税
保険 ・自賠責保険
・任意保険
メンテナンス ・車検(基本点検料・完成検査料・代行料・登録印紙代など)
・メンテナンス

Hondaマンスリーオーナーの5つのデメリット

Hondaマンスリーオーナーのデメリットを以下の5つ紹介します。

・長期間の利用はできない
・月額料金がやや高い
・一部のホンダ車かつ中古車にしか対応していない
・走行距離に制限がある
・来店が必要

ここで契約を考える際に難点となるデメリットも確認しておきましょう。

デメリット①:長期間の利用はできない

Hondaマンスリーオーナーは短期での利用を目的としたサービスです。したがって、1年以上の契約ができません。

ですが、11ヶ月の契約を満了したあとに、他の車で契約し直すことができます。いろいろな車を試してみるのも良いかもしれませんね。

デメリット②:月額料金がやや高い

Hondaマンスリーオーナーの月額料金は29,800円〜です。レンタカーと比べると安いですがカーリースと比べるとやや割高です。

さらに、29,800円で利用できるのは5年落ち程度の軽自動車のみであり、その他は39,800円〜59,800円です。

Hondaマンスリーオーナーは短期リースなので、一概に比較はできません。しかし、カーリースは新車でHondaマンスリーオーナーは中古車であることを考えると割高感は否定できません。

デメリット③:一部ホンダ車かつ中古車にしか対応していない

Hondaマンスリーオーナーは一部のホンダ車しか対応していません。また、利用できるのは中古車のみとなっています。

乗りたい車が決まっている方、他のメーカーの車が良い方や新車が良い方にはおすすめできません。

しかし、中古車と言っても、Hondaの認定中古車のみとなっていますので、安全性は高いと思われます。

デメリット④:走行距離に制限がある

大体のカーリースに言えることですが、Hondaマンスリーオーナーには走行距離制限があります。

走行距離制限は1,000km×利用月数となっています。

通常、カーリースは走行距離制限が500〜1,500km/月となっていますので、平均的な制限と言えます。

もし走行距離制限を返却時にオーバーしていた場合、6円/1kmの追加料金がかかってしまうので注意が必要です。

デメリット⑤:来店が必要

Hondaマンスリーオーナーは納車の際に店舗に行かないといけません。

多くのカーリースは自宅納車が可能となっています。しかし、Hondaマンスリーオーナーは自宅納車に対応していません。他のサービスと比べると不便かもしれません。

Hondaマンスリーオーナーの口コミ評判

ここで、Hondaマンスリーオーナーを実際に使った方の口コミを紹介します。

Hondaマンスリーオーナーがおすすめの人

Hondaマンスリーオーナーのメリット・デメリット・口コミを紹介してきました。

ここまでの内容を踏まえて、このサービスに向いている人をご紹介します。

Hondaマンスリーオーナーをおすすめできるのは以下に当てはまる方です。

・短い期間だけ利用したい方
・審査無しで車を使いたい方

短い期間だけ利用したい方

Hondaマンスリーオーナーは最短1ヶ月から契約することができ、途中解約ができます。

短い期間だけ利用したい方、利用したい期間が明確でない方にとてもおすすめです。

審査無しで車を使いたい方

Hondaマンスリーオーナーには審査がありません。

多くのカーリースは審査があります。Hondaマンスリーオーナーは審査を受けたくない場合にも適しているでしょう。

Hondaマンスリーオーナーをおすすめできない人

逆にHondaマンスリーオーナーをおすすめできない人を紹介します。

このサービスをおすすめできないのは以下に当てはまる方です。

・ホンダ車以外に乗りたい方
・新車に乗りたい方
・1年以上の長期利用を考えている方

ホンダ車以外に乗りたい方

Hondaマンスリーオーナーはホンダ車の限られた車種しか対応していません。

ホンダ車以外に乗りたい方や色々な車から選びたい方には向いていないかもしれません。

新車に乗りたい方

Hondaマンスリーオーナーは中古車にしか対応していません。

新車に乗りたい方は、他のカーリースや新車購入のほうが良いかもしれませんね。

1年以上の長期利用を考えている方

Hondaマンスリーオーナーは、1ヶ月〜11ヶ月の契約のみとなっています。そのため、全体的に料金もやや割高です。

長期利用を考えている方は、他のカーリースのほうが安く済みます。

Hondaマンスリーオーナーを利用する流れ

Hondaマンスリーオーナーの利用手順を詳しく紹介します。

利用手順は以下のとおりです。

1.会員登録
2.予約
3.必要書類の送付
4.来店納車

順番に解説していきます。詳しくはこちらもご参照ください。

1.会員登録

公式サイトで会員登録をします。

会員登録には以下のものが必要です。

・運転免許証の画像
・ご本人名義のクレジットカード(※デビットカード不可)

2.予約

公式サイトから、希望する車を選びます。

希望する車を選び予約確定をすると、返送用書類一式が届きます。

3.必要書類の送付

届いた返送用書類に必要情報を記入して、返送します。

用意するもの、記入するものは以下の通りです。

・住民票(用意するもの)
・車庫証明に関する書類(記入するもの)
・委任状(記入するもの)

詳しくはこちらをご覧ください。

4.来店納車

予め指定する、来店日時に、お店に車を受け取りに行きます。

※免許証の持参が必要です

おすすめカーリース3選

今回紹介したHondaマンスリーオーナーの他におすすめのカーリースサービスを3つ紹介します。

どれもすばらしいサービスで、それぞれユニークな特徴を持っています。

是非チェックしてみてくださいね。

おすすめカーリース①:おトクにマイカー定額カルモくん

ナイル株式会社

おトクにマイカー 定額カルモくん

月額11,220円(税込)

月額1万円台で好きな車に乗れる

「おトクにマイカーカルモくん」は月額11,220円(税込)から国内全メーカーの好きな車に乗れるサービスです。

リース期間が1〜11年と幅広く、ライフスタイルに合わせて車を借りる期間を選べます。

メンテナンス付きのプランは、全国30,000店舗以上からメンテナンス業者を選ぶことができます。

また、クローズエンド方式を採用しています。そのため、契約満了後の残価精算の心配もありません。

月額料金(税込)
11,220円〜
リース期間
1〜11年
対応メーカー
国内全メーカー
走行距離制限
1,500km/月
月額料金内訳
車両代金、登録諸費用、税金、自賠責保険、(車検代)、(メンテナンス費用)
新車・中古車
どちらも対応
残価設定
クローズドエンド方式

おすすめカーリース②:ニコノリ

株式会社MIC

ニコノリ

月額5,500円(税込)

月額5,500円〜の激安カーリースサービス

ニコノリは月額5,500(税込)から車に乗れる激安カーリースサービスです。

低価格ですが、月額料金に車検代やメンテナンス費用も含まれています。

車の維持費のうちの多くを月額料金で支払うことができます。

申込みや審査はネットで完結します。

また、全国どこでも自宅納車が可能です。そのため、手間が少なく喜ばれています。

月額料金(税込)
5,500円〜
リース期間
1〜9年
対応メーカー
国内全メーカー
走行距離制限
500km/月〜無制限
月額料金内訳
車両代金、登録諸費用、税金、自賠責保険、車検代、メンテナンス費用
新車・中古車
どちらも対応
残価設定
オープンエンド方式・クローズドエンド方式

おすすめカーリース③:ユズカリ

株式会社ファブリカコミュニケーションズ

ユズカリ

月額5,005円(税込)

月額5,005円〜の中古車カーリース

ユズカリは月額5,005円から中古車リースができるサービスです。

今回紹介した、Hondaマンスリーオーナーと同様の中古車専門です。

リース期間は、Hondaマンスリーオーナーと比べると長めですが、その分料金が安くなっています。

車両代金や税金だけでなく、プランによっては車検やメンテナンス費用などもまとめて定額化できます。

全車両1年保証がついています。また、この保証は最長7年まで伸ばすことができます。

月額料金(税込)
5,005円〜
リース期間
2、4、6年
対応メーカー
国内全メーカー・輸入車
走行距離制限
車により異なる
月額料金内訳
車両代金、登録諸費用、税金、自賠責保険、車検代、メンテナンス費用 ※メンテナンス付きプランの場合
新車・中古車
中古車のみ
残価設定
オープンエンド方式

Hondaマンスリーオーナーでカーライフを充実させよう

今回の記事ではHondaマンスリーオーナーについて紹介してきました。

Hondaマンスリーオーナーはユニークなメリットを数多く持っているサービスです。

今回紹介したメリットを最大限活用して、カーライフを充実させましょう。

最後までお読みいただきありがとうございました。

商品詳細
カーリースで乗りたい車の最安値がわかる!サブクルからお問い合わせ&ご来店でAmazonギフト券5,000円分プレゼント