M7はなぜ登場しない?

モータースポーツの遺伝子を持つ「M」は、現在多くの車種にラインナップされています。コンパクトな2シリーズ、セダンの3シリーズと5シリーズ、その2ドアクーペである4シリーズと6シリーズ。さらにはSUVであるX5とX6といった具合。

Chapter
なぜM7はラインナップされないのか?
7シリーズとMの目的の違い

なぜM7はラインナップされないのか?

BMW 7シリーズ

しかし、フラッグシップセダンである7シリーズをベースとした「M7」はラインナップされていませんし、過去にも作られたことはありません。これはどうしてなのでしょうか。

もし、BMWがM7を作ろうと思えば、簡単に?できるはずです。M5に搭載されている560ps、680Nmの4.4L V8ツインターボを載せれば相当に速いフルサイズセダンができあがるでしょう。しかし、BMWがそれをしない理由はおそらく“7シリーズはそのようなパフォーマンスを求めるクルマではない”ということではないでしょうか。

7シリーズとMの目的の違い

走りの性能を重視するBMWのことですから、7シリーズは同クラスの他ブランドのクルマと比べても高い運動性能を誇っています。しかし、「M」の本懐はサーキットでも満足のいく走りを実現すること。

7シリーズでもそれはある程度可能でしょうが、それは本来の目的とは相いれないし、そのためにラグジュアリーサルーンとしての快適性が少しでも損なわれることは許されない、とBMWは判断しているのではないでしょうか。

メルセデス・ベンツはSクラスにAMGを用意していますし、アウディにもS7があります。市場にはM7を望んでいる人も多いはずなのに、あえてそれをしない。

BMWが「M」というクルマに求めているものは、かなり硬派なものなのですね。メルセデス・ベンツとアウディはワゴンボディにもAMGやS&RSを設定しているのに、BMWのMにはワゴンがないことにも、それがよく表れています。

いずれ「M」のパフォーマンスと7シリーズのラグジュアリー性を完璧に両立できるようになれば、M7が登場するかもしれません。それまでは「M」の内外装をまとった「Mスポーツ」を楽しむことにしましょう。