【東京オートサロン2018】レクサスを彩るアーティシャンスピリッツの世界観

レクサスのカスタマイズパーツに軸足を置いたラインナップで知られるアーティシャンスピリッツが今回も東京オートサロンに登場。その整合性あるエアロパーツをはじめとした、魅力あるカスタムの提案を行っています。

Chapter
エッジを利かせつつ、自然な装いのカスタマイズ

エッジを利かせつつ、自然な装いのカスタマイズ

【東京オートサロン2018】アーティシャンスピリッツ
【東京オートサロン2018】アーティシャンスピリッツ

レクサスのカスタマイズで知られるアーティシャンスピリッツ。今回ブースには、レクサス RC-F、LC、LS、LX、RXを展示。このブランドのデザインの妙を感じさせるのは、パッと見て「過剰」に感じさせない点でしょう。つまり、それだけ整合性があるということ。

しかし、細部をチェックすれば、エッジの利いたウイングがフロントアンダースポイラー、サイドスカートに配されていたり、リアにはGTマシンさながらのディフューザーが配されているのです。

これらを違和感なく、レクサスの上質なテイストをまったく損なわずにいるのは、緻密なデザイン力・開発力によるところが大きいといえましょう。

そうしたポイントに関心して見とれていると、大胆なオーバーフェンダーでワイドボディ化がなされていることに気づくでしょう。オーナーであればこうしたカスタマイズを行いたい…と思うのは間違いありません。

またレクサスだけでなく、同様のテイストを持ったトヨタ C-HRもアーティシャンスピリッツは開発しており、こちらも見事な仕上がりとなっています。

今後もアーティシャンスピリッツのラインナップ拡充に期待したいところです。