【東京オートサロン2018】紫外線や温暖化に抗う!? グラスピットのクールベール

近年、日本のみならず温暖化が著しいのが事実。降り注ぐ紫外線、赤外線対策も私達の常識となってきているのが事実です。屋外に出続けるクルマにもこうした対策は必須…そんな中で提案するのがグラスピットの「クールベール」です。

Chapter
UVカット99%以上!クールベールを体感すべき!

UVカット99%以上!クールベールを体感すべき!

【東京オートサロン2018】オートグラス

全国約300店舗以上の展開をしている自動車ガラス専門店、グラスピットも東京オートサロンに参戦中。ブースには紫外線99%、中赤外線90%カットを謳う「クールベール」の展示がなされています。

白熱球の熱で、クールベールと普通のガラスの違いを体感できる展示もあり、訪れた際には是非触れてみるべき。サーモグラフィーでもその温度差を目視できるようになっており、まさに一目瞭然といえます。

紫外線や中赤外線をカットできるというのは、勿論肌にやさしいのもメリット。また車内温度の上昇も抑止できますから、冷房効率もUP、燃費にも好影響を与えるのではないでしょうか。また、このクールベールは日本製で高い品質を誇っており、車検は勿論、安全性もお墨付きの逸品です。

加えていえば、現在メーカーが作っていない旧車にも対応しているものがあるとのこと。AE86、ハコスカ、S30 Zといった旧車の定番に加え、マツダ AZ-1のフロントガラスも用意可能とのこと。

興味ある方はお近くのグラスピットに問い合わせしてみてはいかがでしょう。