トヨタ ミライの排水は飲める!? 実際に飲んだ感想は?

次世代エネルギー車の一種、燃料電池車(FCV)は水素と酸素の化学反応を利用して電気をつくり、駆動用モーターを駆動させる仕組みです。水素と酸素の化学反応によって排出されるのは水のみ。その排水、味見してみたくありませんか?

Chapter
FCVの仕組みとは?
トヨタ ミライの排水を飲んだ感想は?
FCVの排水は飲用に適しているのか?

FCVの仕組みとは?

トヨタ MIRAI

FCVのミライは、FCスタックで水素と大気中の酸素を化学反応させて電気を発生させます。一方、2016年末に発売され、2017年には累計販売台数が10万台を突破した日産のノート e-powerは、ガソリンエンジンでガソリンを燃焼させて電気を発生します。

発生した電気はリチウムイオンバッテリーに貯蔵され、駆動用モーターを回すエネルギーとなり駆動輪を回します。この点はe-powerもFCVも変わりません。

その燃料は、ノート e-powerがガソリンスタンドで給油するように、ミライはSAE規格に基づいた水素ステーションで、70MPaもの高圧な水素充填圧で高圧水素タンクに注入されます。

つまり水素を燃料とすることで、先進的なイメージの強いミライですが、基本的な発想はレンジエクステンダー式EVと同じ。100%電気自動車の1歩手前の技術と考えると理解が早いでしょう。

ただし、ノート e-powerの排出物は通常のガソリンエンジンと同じで、低レベルとは言え一酸化炭素(Co)、非メタン炭化水素(NMHC)、窒素酸化物(NOx)など。一方、ミライは水と酸素のみ。FCVはクリーンと言われる理由が、ここにあります。

では、FCVの排水は飲用に適しているのでしょうか?

次ページ
FCVの排水は飲用に適しているのか?