スカイライン、シルビア、RX-7…平成12年の排ガス規制で消えたスポーツカーたち

日本はもとより、ヨーロッパやアメリカでも排出ガス規制(テール・パイプ・エミッション)と呼ばれるものが存在し、毎年、なにかしらの規制が追加されています。そのなかでも、新しい世紀を目前に控えた平成12年(2000年)の排ガス規制は、国産スポーツカー史に大きな影響をおよぼしたといっても過言ではありませんでした。

Chapter
平成12年排出ガス規制とは?
平成12年の排ガス規制で消えたスポーツカー4選
規制をクリアしたスポーツカーは?

平成12年排出ガス規制とは?

平成12年10月1日より施行された国内排出ガス規制で、CO、HC、NOxについては、昭和53年規制から大幅に強化、厳しくなった基準で、それぞれの規制値の約70パーセント減が義務付けられました。ちなみに、改正前に認可を受けた車で新しい基準値をパスできない場合は、2002年8月末までの猶予期間が設けられました。

この平成12年規制に対応できずに消えていったスポーツカーがあります。いずれも日本の自動車史に残る名車でしたが、スポーツカーの人気が落ちていた時代でもあり、メーカーは費用をかけて規制値をクリアすることはなく、生産中止を決めたのです。

では、ファンから惜しまれつつ消えた20世紀のスポーツカーを紹介しましょう。

次ページ
平成12年の排ガス規制で消えたスポーツカー