海外映画に多く出演するアメ車「キャデラック エスカレード」の維持費ってどれくらい?

キャデラック エスカレード 2015

GM(ゼネラルモータース)の高級ブランド、キャデラックが販売するラグジュアリーなフルサイズSUVが、エスカレードです。サイズ、デザインともに日本の道路では、圧倒的な存在感を放つ姿に憧れを持っている方もいるはず。そんなエスカレードを所有した場合、維持費はどれほどかかるのでしょう?

Chapter
エスカレードとは?
エスカレードにかかる維持費は?

エスカレードとは?

キャデラックが販売する高級SUV、エスカレードは1999年に初代モデルがデビュー。歴代、見てくれのSUVではなく、悪路の走行に強いラダーフレームを採用している点で、他のクロスオーバーSUVとは異なります。

ボディのバリエーションは、ロングボディのESV、ピックアップトラック仕様のEXT、モーターを搭載するハイブリッド仕様などがありますが、日本に正規輸入されているのはベースモデルのみになります。

現行モデルとなる4代目には、いかにもアメ車らしい6.2LのV8エンジンを搭載しています。

新車価格は、プレミアムで1,260万円、プラチナムで1,360万円という高級車ですが、日本での維持費はどれくらいなのでしょうか?

キャデラック エスカレード画像まとめ

エスカレードにかかる維持費は?

自動車税、重量税は?

購入時にかかる重量税は73,800円。取得税は最低でも315,000円かかります。なお重量税は、以降車検ごとにかかってきます。

毎年支払う自動車税は、111,000円となかなかの金額。年に1回とは言え、痛い出費ですね。

なかには税金を安くするために貨物車登録をしているオーナーもいるようです。貨物車登録にすると、車検は毎年受けなければなりませんが、自動車税が16,000円、重量税も17,100円と抑えることができます。

ただし、貨物車登録は3列目のシートを外したり、2列目のリクライニング機能をなくしたりと、実用性が損なわれる場合があります。また、高速料金も中型と同じ扱いになるので、誰でもお得になるというわけではありません。

以下、3ナンバーと1ナンバーの場合の費用の違いをまとめてみました。

  自動車税 重量税 自賠責 車検 合計
3ナンバー 220,000円 73,800円 24,950円 150,000円 468,750円
1ナンバー 32,000円 34,200円 70,520円 300,000円 436,750円
※2年間の費用で計算しています。車検費用は15万円として計算しています。印紙代などは含めていません。

ざっくりとした計算ですが、おおよそ3万円ほどの違いですね。

貨物車登録を検討している方は、車検をユーザー車検にするなど、費用を抑えることができなければ、それほど1ナンバー化の恩恵はないということになります。

登録の変更は用途をよく吟味して行ったほうが良いでしょう。

ガソリン代とその他の費用

これだけ大きなボディとエンジンを積んでいれば、燃費が良くないことは想像に難くありません。実燃費は3〜5km/Lになるようです。

それをふまえて、年間の走行距離を5,000km、ガソリン代をリッターあたり140円、燃費を4km/Lで計算すると、1年間にかかるガソリン代は162,500円となります。

タイヤサイズは、プレミアム、プラチナムともにP285 / 45R22が標準。このサイズだと13,000〜47,000円が相場となっています。

エンジンオイルの交換は、オイル量が5.7Lなので工賃を入れると1.5万円ほどでしょうか。

こうして見てみると所有するだけで、かなりの金額がかかってくることがわかります。エスカレードは、そういった維持費も涼しい顔で払えるオーナーだけが乗ることのできる高級SUVなんですね。