WRXやマークXなど…しっかり4人乗れるスポーティーカー5選

スバル WRX STI

自分だけ乗るのであれば、好きなクルマを買いたいものですが、家庭持ちの場合、家族全員が快適に乗れる、という制約がつきます。しかし、普通のミニバンでは飽き足らないというユーザーは少なくありません。そこで今回は、2017年10月現在、新車で買える「スポーティーカーなのに4人がしっかり乗れる車」をご紹介します。

Chapter
その1、ホンダ フィットRS
日産 ノート NISMO
スズキ アルトワークス
スバル WRX S4/STI
トヨタ マークX

その1、ホンダ フィットRS

かつてはスポーティなクルマといえば、ホンダの代名詞のようなものでした。しかし、現在はミニバンと軽自動車のイメージが強く、メーカー全体のスポーティ感は薄れてしまいました。そんなホンダのなかで、かつてのシビックの後継ともいえるポジションにいるのがフィットです。

フィットは、デビュー当初は高効率なコンパクトカーという位置付けでしたが、2代目からはバリエーションも増え、ハイブリッドがメインの現行モデルでもスポーティな車種を用意しています。

それがフィットRSです。1,500ccのi-VTECエンジンと6MTまたはCVTとの組み合わせ。グレード名もかつてシビックが名乗っていたRSを継承し、インテリアもRSにふさわしく、ブラックを基調とした内装にオレンジのラインがアクセントを加えます。

エンジンは97kW(132ps)/6,600rpmと、近年のエンジンでは比較的高回転寄りの性能を示し、回転の上昇感は往年のシビックSiにも負けず劣らず。しかも排気量は1,496ccなので、自動車税は1.5L以下の区分で、お財布にも優しい車といえます。

でも、やっぱりハイブリッドが気になるという人には、HYBRID・S Honda SENSINGをオススメしておきましょう。RSと同じ185/55R16 83Vタイヤを履き、インテリアもRSと同じデザイン(カラー違い)になります。都心に暮らす方には、扱いやすいスポーティなクルマとなることでしょう。

価格は、RS Honda SENSINGが2,050,920円~、HYBRID・S Honda SENSINGが2,205,360円~となっています。

日産 ノート NISMO

スカイライン、プリメーラ、ブルーバードSSS…。日産といえばスポーティセダンの宝庫でしたが、いまでは車名すらなくなってしまい、見る影もありません。

そんな日産でファミリーコンパクトという位置付けのノートですが、メーカーチューンともいうべきノート NISMOは、日産ファンの間では救世主のように見られています。

外観はスポイラー類が多く、やや派手すぎる感すらあります。インテリアは黒基調でまとめられ、前席のシートは標準仕様よりもフィット感が非常に高く、座り心地も良好です。

標準仕様と同じ1.2Lスーパーチャージャーエンジン+CVTのNISMOと、専用チューンが施された1.6L+5MTのNISMO S、さらに1.2Lエンジンにモーターを組み合わせた、NISMO e-POWERの3タイプを設定。いずれも専用の内外装になるだけでなく、ボディの補強も施されているので、走行したときの安定感、剛性感は標準仕様を上回ります。

価格はNISMOで2,100,600円、NISMO Sで2,328,480円、NISMO e-POWER で2,464,560円。機能的でスポーティなのは魅力的ですが、クルマに理解のない人には「普通のノートでいいじゃない」と言われてしまう価格なのが玉にキズです。

<次のページに続く>
次ページ
スズキ アルトワークス