かつて多く車に搭載されていた「チョークレバー」…なぜ最近は見かけないの?

チョークレバー

チョークレバーまたはチョークボタン、単にチョークとも呼ばれた装備は、1970年代までのクルマ(キャブレター車)に装備されていました。懐かしい!と思われる方も多いのではないでしょうか?チョークとはどんな働きをしていたのでしょう?

Chapter
chokeの本来の意味は?
エンジン始動時に使うもの
いつ頃までついていた?
チョークレバーの使い方
今もチョークボタンがついているエンジンがある?

chokeの本来の意味は?

チョークとは、『窒息』『塞ぐ』『息を止める』などの意味があります。

プロレスの禁止技に、気管を圧迫して絞めるワザがありますが、これをやられたレスラーは「チョークチョーク!」と叫びますね。あのチョークと同じです。

それがなぜクルマのチョークと関係があるのか?というと、チョークレバーを引くと、空気が遮断されて、キャブレターの入り口に蓋をした状態になります。ガソリンの量が多い濃い混合気をエンジンに送って、着火しやすい状態にするのです。

エンジン始動時に使うもの

チョークボタン、チョークレバーとは簡単に言うと空気の量を調整するもので、寒い時など、エンジンがかかりにくい時に使用します。

チョークレバーを引くまたはチョークのつまみを引っ張ると、空気が入ってくる部分を塞ぐことになります。吸入する空気量が少なくなることで、燃料が濃くなり、結果的に着火しやすい(=エンジンがかかりやすい)状態にすることができるのです。

<次のページに続く>
次ページ
いつ頃までついていた?