ウチの車に付いてないリアビューカメラ。後付けできる?

リアビューカメラ

バック時にドライバーの死角を減らす便利アイテムが、リアビューカメラです。新車でないと取り付けられないと思っている方が多いようですが、リアビューカメラキットがいくつのアフターパーツメーカーから発売されていますし、ちょっとした知識があればDIYでも装着できるのです。

Chapter
リアビューカメラをDIYで取り付けよう
リアビューカメラDIY取付に必要な知識・スキル・工具
リアビューカメラの取り付け手順

リアビューカメラをDIYで取り付けよう

リアビューカメラキットは、カメラと配線(ケーブル、電源ハーネス)で構成されています。

取り付け手順は、以下の通り。多くの車で共通です。

1)カメラの取り付け位置を決める
2)カメラの配線を引き込む
3)電源を配線する
4)カメラの出力端子をモニターの入力端子に接続
5)作動テストおよびカメラ角度の微調整

リアビューカメラDIY取付に必要な知識・スキル・工具

リアビューカメラを取り付けるためには、自動車の内装を剥がせること、配線がわかること、必要な工具を用意出来ること、そして最悪故障してももとに戻せる自信と度胸が必要です。

車の内装は、ほぼクリップで止められているのですが、見えない箇所にネジやボルトが使われていることがあります。もしクリップのひとつが外れてなかったとしても、最悪でもクリップの破損で済みますが、ネジやボルトで固定された箇所では内張りが破損します。作業前には、どこにネジやボルト類があるのか、調べておく必要があります。詳しくは、愛車のサービスマニュアルを手に入れるか、ググりましょう。

必要な工具は、ペンチ、内張り剥し、超強力両面テープ、レンチ、ドライバーなど。特に内張り剥しは内装を外すための専用工具で、これを使用しないと内装そのものを破損してしまう可能性があります。それぞれ1,000円もしない値段ですし、あれば愛車のDIYの自由度が広がるので購入を検討したいですね。

気軽にできる簡単DIYとは言えないため、不安な方や工具を取揃えるのが面倒といった方は、整備工場や自動車用品量販店に取り付けを依頼しましょう。

それでは、手順を詳しく見ていきましょう。

<次のページに続く>
次ページ
リアビューカメラの取り付け手順