スズキ内でバッティング!! エスクードとSX4 S-CROSSはどう違う?

大胆なフロントマスクをもち、ダウンサイジングターボのブースタージェットエンジンを搭載するスズキ SX4 S-CROSS。2017年春にマイナーチェンジ予定となっており、SUV市場においてさらに面白い存在となりそうです。しかしスズキには、コンパクトSUVの先駆けともいうべき、エスクードの存在があります。メーカー内でも競合…ということになってしまうのでしょうか?

Chapter
SX4 S-CROSSと兄弟車?現行エスクードとは?
エスクードとSX4 S-CROSSの違いは…
新型SX4 S-CROSSの登場で、エスクードはどうなっていくのか!?

SX4 S-CROSSと兄弟車?現行エスクードとは?

エスクードといえば、SUVというよりはジムニーを大型化したようなクロカンモデルのイメージが強かった方も多いのではないでしょうか。それもそのはずで、初代から3代目モデル(先代)まではクロカンモデルに必須のラダーフレームが採用されていました。

しかし、現行エスクードは、SX4 S-CROSSと同じプラットフォームを採用。その恩恵もあって、AWDモデルは400kg以上の軽量化に成功しました。

つまり、クロカンテイストは一気に後退し、現在主流のクロスオーバーSUV市場で勝負をかけるモデルに変化したといえるでしょう。エスクードとSX4 S-CROSSとの差別化、という意味では曖昧になってきたのも事実かもしれませんが…。

エスクードとSX4 S-CROSSの違いは…

まずは、ボディサイズをチェックしてみましょう。

■エスクード(現行)
全長4,175mm×全幅1,775mm×全高1,610mm、ホイールベース2,500mm

■SX4 S-CROSS(現行)
全長4,300mm×全幅1,765mm×全高1,575mm、ホイールベース2,600mm

現行型SX4 S-CROSSはホイールベースが延長されているため、全長こそ違いますが、それ以外は近似したサイズ感といえるのではないでしょうか。ちなみに新型SX4 S-CROSSのサイズは、全長4,300mm×全幅1,765mm×全高1,580mm、ホイールベース2,600mmで、これまた近似したスペックとなっています。

パワーユニットに関しては、現在のところ両車ともに同型のMA16A型1.6L 4気筒エンジンが搭載されおり、JC08モード燃費は、SX4 S-CROSSが17.2km/L、エスクードが17.4km/Lとなっています。

駆動方式は、両車ともにAWDの設定があり、「新世代四輪制御システムALLGRIP」が搭載され、走破性の面でも互角。しかし2WD仕様は、SX4 S-CROSSのみの設定で、その点では、かつてのクロカンテイストを残すエスクードとの違いとなっているかもしれませんね。

いずれにしても、立ち位置含め非常に近い存在で、まさに兄弟車といえる仕上がりです。

2017年3月時点でのそれぞれの価格は、4WD仕様ではエスクードが2,343,600円(6AT)、SX4 S-CROSSが2,257,200円(CVT)。2WD仕様のSX4 S-CROSSは2,041,200円(CVT)となっています。

2WD仕様があるSX4 S-CROSSは、エスクードよりも30万円廉価な設定でスタートになりますが、4WD仕様は約21万円のプラスで、エスクードとは数万円の差になりますね。


現行SX4 S-CROSS 画像ギャラリー

現行エスクード 画像ギャラリー

新型SX4 S-CROSSの登場で、エスクードはどうなっていくのか!?

エスクードとSX4 S-CROSSは、とても近似した存在であり、マーケティングとしても焦点が少々ぼやけているのかな、とも感じてしまいます。ちなみにどちらもハンガリー産。生産国が違えば(インドとか)エリアでの棲み分け、ということで理解もできるのですが…。

とはいえ、2017年度内に新型となるSX4 S-CROSSには、ダウンサイジングターボエンジンのブースタージェットが搭載され、エクステリアも大胆な個性がもたらされます。そうなるとSX4 S-CROSSの競争力が格段に向上することになり、価格帯としても競合するエスクードは少々分が悪いことになりそうです。

加えて、エンジンのダウンサイジング化(1.0L、1.4L)により、日本国内では税制度でもSX4 S-CROSSが有利になりますね。

新型SX4 S-CROSSの売れ行き次第では、エスクードはカタログから消える可能性もあるかもしれません。

なぜならば、かつてのヘヴィなエスクードを求める方には、エスクード2.4が残されており、コンパクトSUVのエスクードは、SX4 S-CROSSと完全に被ってしまうからです。

もしエスクードを残すのであれば、SX4 S-CROSSとは異なる個性を与えなければならないと考えます。

いずれにしても、新型となるSX4 S-CROSSがスズキに、どのような波及効果を及ぼすのか、興味深いところではないでしょうか。