パトカーにも採用されたフェアレディZ…あなたはどの型がタイプ?

日産 フェアレディZは、GT-R同様、日本が世界に誇るスポーツカーです。現行モデルは2008年に発売された6代目となります。これまで数多くのフェアレディZが警察車両にも採用されてきました。

Chapter
初めてのフェアレディZ パトカーは1972年
フェアレディZ NISMOもパトカーとして登場
フェアレディZ NISMOのパトカー、どんな仕様に?
歴代フェアレディZ ギャラリー

初めてのフェアレディZ パトカーは1972年

高速道路で追尾されたら絶対逃げ切れそうにないフェアレディZのパトカーですが、実はずいぶん前から高速道路のパトカーとして採用されています。

最初に採用されたのは1972年。初代フェアレディZがデビューした3年後のことでした。車両はS30型240Zで、日産が神奈川県警察高速道路交通警察隊に寄贈しました。ご存知の方も多いと思いますが、日産は横浜で生まれた企業です。当時は最強のパトカーと多くの走り屋に恐れられていたそうです。

S30が1980年まで活躍した後、S130型、Z31型、Z32型、Z33型のフェアレディZが各代採用されています。

ちなみに、初代240ZGのパトカーは日産の座間事業所内にある日産ヘリテージコレクション内に保管されているようです。

フェアレディZ NISMOもパトカーとして登場

NISMOは、モータースポーツの世界でおなじみの日産のスポーツチューニングブランドです。

日本のSUPER GTや世界耐久選手権(WEC)、GTカーやスポーツカーの最高峰のレースに参戦するとともに、ル・マン24時間レースやヨーロッパ ル・マンシリーズ(ELMS)に参戦しているチームにエンジンを供給していることでも知られています。

日産の市販車にもコンプリートカーとしてNISMO仕様をラインナップする車種もあり、フェアレディZにもNISMOバージョンがあります。

こちらは、2007年にはZ33型NISMOが栃木県警高速隊本隊に、2016年3月にはZ34型NISMOが警視庁高速隊に導入され話題を集めました。ちなみに、パトカー仕様はNISMOからさらに高性能化が図られているとのこと。スピード違反が激減しそうですね。

フェアレディZ NISMOのパトカー、どんな仕様に?

フェアレディZ NISMO

現行のフェアレディZ NISMOは、2014年にマイナーチェンジを受けました。最新のNISMOデザインアイデンティティを採用し、エクステリアデザインを刷新。また、ボディーパーツの変更により、前後のダウンフォースバランスを最適化することで、高速域でのハンドリング性能を向上させています。

さらにインテリアでは、NISMO専用チューニングRECARO製スポーツシートを採用し、中高速域でもドライバーが安心して操作ができるホールド性を実現しています。

なお、最新の価格は2016年にベース車両がマイナーチェンジを受けたことで、以下に改訂されています。

フェアレディZ NISMO  7M-ATx  ¥6,293,160
フェアレディZ NISMO  6MT    ¥6,185,160

高速道路で見かけたらラッキー!なフェアレディZ NISMOのパトカー。速度違反をしないよう安全運転につとめましょう。


■おすすめ記事
日本の警視庁にも新たな武器「フェアレディZ NISMO」を導入していた!
NSXやフェアレディZ…なぜ日本のパトカーではスポーツカーが採用されにくいのか

歴代フェアレディZ ギャラリー

フェアレディZ 初代 S30

初代(S30)

フェアレディZ 2代目 S130

2代目(S130)

フェアレディZ 3代目 Z31

3代目(Z31)

フェアレディZ 4代目 Z32

4代目(Z32)

フェアレディZ 5代目 Z33

5代目(Z33)

日産 フェアレディZ

6代目(Z34)