メルセデス・ベンツの中古価格|なぜ"小金持ちの社長"は中古ベンツに乗るのか?

ベンツ S65 AMG

お金持ちの社長が持っているものというと何を思い浮かべますか?多くの人は”高級車”が頭に浮かぶのではないでしょうか。新車で買った高級車に乗り、飽きたら次に乗り換える。そんなイメージですね。

しかし、実際にお金持ちが乗っているのは”中古のベンツ”が多いです。ベンツは確かに高級車ですが、なぜ”中古”?という疑問が浮かびます。お金持ちはなぜ”中古のベンツ”を好むのでしょうか?

また、ベンツの中古車市場はどうなっているのでしょうか。

Chapter
オーナー社長は"中古のベンツ 4ドアセダン"を好む?
ズバリ、その理由とは?
高級車を経費で買う?意外と知らない経費の仕組み。
なぜ"中古"のベンツ?
中古の中でも"4年落ち"が最も人気?
なぜ"ベンツ"?それも、なぜ"4ドアセダン"?
ベンツの『認定中古車』と『中古車』の違い
メルセデス・ベンツの各モデルの中古価格
ベンツの中古車情報まとめ

オーナー社長は"中古のベンツ 4ドアセダン"を好む?

フェラーリ、ランボルギーニ、ポルシェなど、お金持ちに限らず一度は乗ってみたい高級車はかなりの車種があります。お金持ち、それも社長ともなればそんな高価なクルマに乗っているのかな?と思いがちですが、実際はそうでない場合の方が多いようです。

「お金持ちは高級車」という時代の兆候はバブル時代こそ見られたものの現在は落ち着いている印象を受けます。最近では低燃費且つ高性能のクルマも多く発売されてますので、お金持ちの社長でも”プリウス”を好むという傾向も見られます。

そんな中で昔と変わらず、"お金持ちのクルマ"というイメージであり続けているクルマがあります。それが"ベンツ"です。それでは、なぜベンツが現在においてなおオーナー社長から寵愛を受けるのか。そして、なぜ"中古のベンツ"なのでしょうか。

ズバリ、その理由とは?

先に結論を言ってしまうことになりますが、社長が"中古のベンツ"を好むのはズバリ"節税"のためです。

確かに、「経費で高級車を買う=節税」という考え方は一般に広く知れ渡っていることと思いますが、実際の社長さん、または経理の方以外は"経費"でクルマを買うイメージが湧きにくいのではないでしょうか。そこで、まずは経費の仕組みについてご説明します。

<次のページに続く>
次ページ
高級車を経費で買う?意外と知らない経費の仕組み。