モデューロブースの中の4台にホンダスピリットを見つけました!

ホンダのブース群の中で、ひたすら白い車ばかりで光り輝いていた印象のあるホンダのカスタムカー部門「モデューロ」。比較的内外装とも地味でスピーカーチューンなど渋いカスタムが多い印象でしたが、その中でも注目の4台をご紹介します。

Chapter
中心はやはりこの1台
ホンダならここに荷物を載せます!という提案
ワンメイクレース開催?を期待させるS660
「リッチカジュアル」これもまたホンダらしさでは?
【東京オートサロン記事用仮画像】ホンダシビックタイプR(撮影:横山大輔)

中心はやはりこの1台

ブースの中央付近に堂々と置かれていたのは「Modulo CIVIC TYPE R」デビューしたばかりの新型シビックタイプRです。一見普通のスポーツハッチバックに見えない事も無いこの小さな車が、ニュルブルクリンクでのFF最速マシン!と気が付くと、急に存在感が増してくる気がします。

現在のところ「最後のタイプR」ですが、皆さんの評価次第ではまた新たなタイプRが登場しますので、会場で見かけたら注目してあげてください。

ホンダならここに荷物を載せます!という提案

ホンダモデューロS660ソフトバッグつき(撮影:横山大輔)

このモデューロのS660を見ていて「ん?」と思ったのはルーフ後端に設置された、何かのステー?特殊な空力的な何か?な物体です。
しかも赤いベルトのようなものが装着されていますが、4点式シートベルトの保持具にしては妙ですし、ベルトが細すぎます。

ブースの方にこれは何ですか?と聞くと、「ここに荷物を載せる事ができるんですよ。」と言うので、裸で縛り付けるのか、あるいはルーフキャリアのようなハードケースを装着できるのかとなおも質問したところ、別な方が実演してくれました。
ルーフキャリアに柔らかい材質でできたケースを載せて赤いベルトで縛る、「ソフトルーフバッグ」です。なるほど!

同期の新型コペンがルーフやトランクを外してワゴンボディへの着せ替えを可能にしている脇で、「ウチなら荷物を載せようと思うとこうしますよ」と斜め上のな提案をしてくるところがホンダらしくて面白いと思いました。

次ページ
モデューロブースで「ホンダらしさ」はこの2台にあると思いました。