かつて存在したR30スカイラインの5ドアセダン…現代にも続く5扉スカイラインとは?

R30型スカイラインは特にFJ20型4気筒DOHCエンジンを搭載した「RS」シリーズの人気が高く、知名度もこのRSを中心に広がっていっているようなところがありますよね。しかしその反面、当時、バリエーションとしては思いのほか幅広く設定されていたR30スカイライン。ほとんど人気は出ませんでしたがそれ故にレアな5ドアセダンがありました。

Chapter
ちょっと都会的な雰囲気のハッチバック?「5ドアセダンGT-E・X」
今では考えられないスカイラインの商用バン
その後、5扉スカイラインはこのように変遷

ちょっと都会的な雰囲気のハッチバック?「5ドアセダンGT-E・X」

5ドアハッチバックというと日本でもようやく市民権を得たようなところがあって、このR30スカイラインの当時はまだまだ人気、知名度とも低空飛行といった印象でした。そのためか、同じR30でありながらこのハッチバックボディには4気筒の強力エンジン、FJ20が搭載されることがなく、L20ET型直列6気筒SOHCターボが最上級でした。その上でハッチバックという名称を用いず「5ドアセダン」という呼び方をしていたのでもあります。

スカイラインはそれまで、やや土着的でドメスティックな印象のスポーティカーというキャラクターがあり、それはそれで人気を得ていたわけなのですが、しかし時代の変化とともに新しいキャラクターを模索し、都会的で大人も楽しめるスポーツセダンという方向性を定めることになります。

その結果がこのハッチバックボディであるところの、「5ドアセダン」に現れていると考えていいと思います。あえて台数が出ることを期待できない車型ではあるものの、それでも設定して売り出したのにはスカイライン全体のイメージを新しいものに、新しい風を取り入れたいという意思の証だったのではないでしょうか。

写真のモデルは後期型。その証拠にテールライトに横方向の凹凸ラインがデザインされていることと、このハッチバック特有のものとしては、リアゲートがブラックアウトされているところも特徴になっています。これはトヨタ自動車が60系セリカXXあたりではじめた手法で、当時の流行でもあったのです。

いかがでしょう。まごうかたなきR30スカイラインでありながら、トランクリッドではなくCピラー頂点からなだらかに後方へ下がるラインとシックスライトがちょっと新鮮に思えます。明るく広い車室をイメージさせて、一般的なR30スカイラインの持つイメージとはちょっと違って見えます。

また、この5ドアセダンはスカイラインとしては初めて、スペアタイヤにテンパータイヤを採用。しかもその空気圧の減少を警告等で知らせるというシステムまで備わっていたのも特徴のひとつです。

インテリアの居住スペースは基本的に4ドアセダンに準じています。カラーリングやシートもGT系と同じものですが、メーターパネルに目をやるとなにやらアンバー色のレタリングがスポーツ心を忘れていない、そんな雰囲気を感じますよね。

しかしながら当時はまったくの不人気グレード。今も生き残っているとしたらかなりのレア車にまちがいありません。ちょっとお目にかかってみたい一台です。

R30スカイラインはこうしてセダンや2ドアの人気に隠れたレアモデルも存在する、いうなればそれだけワイドなバリエーションを設定していたということになりますが、このR30スカイラインには忘れてはならないもう一車型が存在しますよね。

次ページ
もうひとつ、5扉スカイライン