チューニング費500万円以上?!テックアートによるポルシェのチューンドカーたち

ポルシェを中心としたチューニングメーカーは多数この世に存在しますが、その一つにテックアート (TechArt Automobildesign社)が挙げられます。1987年にポルシェ車の「限りなきパーソナリゼーションの追求」を目的に設立されたこのメーカー、どんなクルマに仕上げているのでしょうか。

Chapter
個性を重んずる「テックアート」
ポルシェ・991 turbo S
ポルシェ・ケイマン(981)
ポルシェ・カイエン(958)
ポルシェ・カレラ(997)
ニーズがあるからこその「マイスター」の存在…

個性を重んずる「テックアート」

1987年に創業したテックアートは、1995年に独自のWMI(世界自動車製造業者識別番号)発行を許された自動車メーカーに認定され、ドイツチューナーグランプリでも優勝するなど、モータースポーツ分野でも実績を上げているブランド。

すべてのボディーパーツは開発段階から風洞実験場を行い、入念なチェックが繰り返されるとしていますから、個性的でありながらも、非常に高品質なパーツを提供しているブランドといえそうですね。

そんな「テックアート」、どんなクルマを仕上げているのでしょうか。

ポルシェ・991 turbo S

チューニングメニューは、フロントスポイラー、エアチャンネルトリム、エアアウトレットヘッドライトカバー、カーボンドアミラー、サイドスカート、リアディフューザー、リアスポイラーⅡ、リアルーフスポイラー、リアマフラー、テールパイプ、、スプリングキット、アルミペダルセット、アルミフットレスト、パドルシフト、フロアマット、イルミエントランスモール、これら総額で約3,525,000円。

マフラーのみでも85万円…どんなサウンドになっているのでしょうか…。

次ページ
テックアートによるケイマン、カイエンのカスタマイズ…