レクサスNXの維持費はどれくらい?新車購入から初回車検まで3年間にかかる費用とは【プロ徹底解説】

NX

レクサスNXを購入した後、最初の車検が訪れるまでの3年間の間に、どれだけの維持費がかかるのでしょうか。税金、保険、メンテナンス費用など、3年間に必要な維持費を計算してみました。

文・鈴木 ケンイチ/写真・PBKK

鈴木 ケンイチ

モータージャーナリスト。新車紹介から人物取材、メカニカルなレポートまで幅広く対応。最近は新技術や環境関係に注目。年間3~4回の海外モーターショー取材を実施。レース経験あり。毎月1回のSA/PAの食べ歩き取材を10年ほど継続中。日本自動車ジャーナリスト協会(AJAJ)会員 自動車技術会会員 環境社会検定試験(ECO検定)

鈴木 ケンイチ
Chapter
最初の車検がやってくるまでの維持費の内容
自動車税
任意保険料金
燃料費
メンテナンス費用
総額はいくら

最初の車検がやってくるまでの維持費の内容

車を所有する上で必要な維持費には、どんな項目があるのでしょうか。まず、必ず必要なものが税金と保険です。そして、安全に使い続けるために必要なのがメンテナンス費用であり、使うことで発生する非常が燃料費となります。

車の税金は複数あり、すべてを挙げると、「環境性能割」「自動車重量税」「自動車税種別割」(一般的に「自動車税」とよばれています)があり、そして購入時の支払いには「消費税」がかかります。これらの税金のうち、新車購入時に支払うのは「環境性能割」「自動車重量税」「消費税」となります。このうち「自動車重量税」は車検ごとにも課せられます。

そして、購入した後、最初の車検までの間に支払う税金は「自動車税」のみとなります。

続いて保険です。車の保険は2つあります。ひとつは法律で決められている「自賠責保険」です。必ず掛けることが求められるため「強制保険」と呼ばれることもあります。そして、2つ目となるのが、保険会社の用意する自動車保険です。自賠責保険の強制保険に対して、こちらは「任意保険」と呼ばれます。実は、任意保険は法的な根拠はなく、罰則もありません。

しかし、万一、交通事故を起こすと、自賠責保険だけでは、ほぼ確実に補償を果たすことができなくなるため、現実的に「任意保険」の加入も必須になっています。「自賠責保険」は新車購入時と車検時に掛けるため、購入後から車検までの間に支払うのは「任意保険」となります。

走るために絶対に必要なのが燃料費です。これは走行距離が増えるほどに費用がかさみます。また、燃費性能が優れるほど、燃料費は安くなります。

最後に必要となるのがメンテナンス費用です。メンテナンス費用は、定期点検とオイルなど必要な交換にかかる費用です。最近は、ディーラーで先払いとするかわりに割安となるメンテナンスパックが人気となっています。

まとめれば、新車を購入してから3年後となる最初の車検にまで必要な維持費は「自動車税」「任意保険」「燃料費」「メンテナンス費用」となります。

自動車税

「自動車税」は、地方税で在住している自治体から春先に請求書が送られてきます。これは毎年課される税金で、4月1日に所有している人に対して請求されています。税額は、エンジンの排気量によって異なります。

NXは、「NX350」で2.4リッター(2393㏄)、それ以外のグレードは、PHEV(プラグインハイブリッド)も、その他もすべて2.5リッター(2487㏄)のエンジンを使っているため、税額は2~2.5リットル以下の税額となります。税額は4万3500円です。これが標準額となります。ただし、プラグインハイブリッドである「NX450h+」は「自動車税種別割のグリーン化(環境配慮型税制)が適用されるため、初回新規登録した年度の翌年分の自動車税が軽減されます。軽減税率は75%軽減で、4万3500円が1万1000円になります。3年間で3回払う自動車税のうち、1回が1万1000円で、残り2回が4万3500円。合計で9万8000円となります。それ以外のグレードは、13万500円となります。

ちなみに東京都はさらなる優遇措置を用意しています。それが「ZEV導入促進税制」です。これは、新規登録から5年分の自動車税を全額免除にする制度です。つまり、東京都であれば、「NX450h+」の車検までの間の自動車税はゼロ円となります。

任意保険料金

保険会社の保険は、補償内容をユーザーが選ぶことが可能です。また、同じ補償内容でも、保険会社によって保険の掛け金は異なります。さらに、保険加入者の過去の実績、車のモデルごとにも保険の掛け金が異なります。そのため、より厳密な保険額は、人それぞれ異なるため、ここでの数字はあくまでも目安と思ってください。

今回は、「NX350h」を25歳の人が、初めて購入する車としてネット保険で見積もりをとってみました。すると保険料金は年間6万970円でした。車両保険は自損事故も含む、いわゆるフルカバーにすると12万1790円。合計で、年間の保険料は18万2760円となります。事故なく過ごせば、2年目、3年目と保険料は割引となりますが、今回は目安ということで、3年分で54万8280円となります。

燃料費

燃料費は、燃費性能に左右されます。ハイブリッドの「NX350h」の4WDで考えると、その燃費性能は19.9km/l(WLTCモード)となります。1年間に1万㎞を走行するとなると、必要になる燃料の量は約502.5リッターです。ガソリン代金を160円で計算すると、1万㎞を走るのに8万400円となります。それが3年間となれば、合計24万1200円となります。

メンテナンス費用

車を安全に乗り続けるには、定期的な点検とメンテナンスが必須となります。毎年の点検は法律で定められたものですし、エンジンのオイル交換、タイヤのローテーションなども必要です。

ところが、そのメンテナンスに関して、レクサスは「レクサスケアメンテナンスプログラム」を用意しています。これは何かといえば、レクサスの新車を購入すると、車検までの3年間のメンテンナンスが無料となるというもの。つまり、NXを新車購入した場合、メンテナンス費用はゼロとなります。

総額はいくら

以上のように求めた維持費をプラスすると以下のようになります。

「NX350h」の場合
自動車税:13万500円
任意保険料:54万8280円
燃料費(ガソリン代金):24万1200円
メンテナンス費用:0円

計:70万2980円

レクサスNXの維持費の合計は、3年間で約70万円となります。とはいえ、そのうち、約55万円が任意保険。それに対してメンテナンス費用はゼロですし、自動車税や燃料費も、それほど高額というわけではありません。レクサスというと、なんとなく「お高いのでは」という印象を抱くかもしれませんが、維持費に関しては、それほど高いことはないようです。

商品詳細