マツダCX-60のインテリア(内装)と荷室を徹底解説!!【プロ徹底解説】

マツダCX60

CX-60のインテリアは、外観同様"Noble Toughness" のコンセプトのもと室内空間のタフさのなかに魂動デザインの姿勢とエレガンスを両立し、リッチな室内空間を具現化しています。ここでは、ワイドでリッチなCX-60のインテリアについて解説しましょう。

萩原 文博|はぎはら ふみひろ

1970年生まれ。10代後半で走り屋デビューし、大学在学中に中古車情報誌の編集部にアルバイトとして加入。1995年より編集部員として編集作業に本格的に携わる。中古車の流通、販売店に精通し、「中古車相場師」として活動。2006年からフリーランスの編集者となり、中古車だけでなく、現在は日本で最も多くの広報車両を借り出して取材を行い、新車でもユーザー視点のバイヤーズガイドを中心に、人気車種の動向や流行りの装備の価値評価などを加味した、総合的に買いのクルマ・グレードの紹介をモットーとしている。

萩原 文博
Chapter
マツダCX60のインパネの特徴
マツダCX60の運転席のレビュー
マツダCX60の助手席の快適性について
マツダCX60の後部座席の広さや快適性について
マツダCX60の荷室の広さについて

マツダCX60のインパネの特徴

CX-60の室内は幅広なインストルメントパネル、サイドルーバーからドアトリムへ連続する造形によりワイドでリッチな空間を表現。

コンソールは空間を前後に突き抜ける強い形状とすることで強力なトランスミッションとその先にある縦置エンジンの存在を感じさせ、構造的な強さを表現しています。

マツダ車には大きく3つのディスプレイが採用されていて、アクティブ・ドライビング・ディスプレイには運転中に刻々と変化する車外環境に応じた情報を表示。

メーターには車両の状態を示す情報を、センターディスプレイには同乗者全員が楽しめる情報を提示するという考え方にもとづき、機能・コンテンツを配分して表示しています。

CX-60 ではこれまで以上に視認性/ 瞬読性を高めるため、全てのメーターをTFT 液晶画面とし、センターディスプレイについては、12.3 インチの大型ディスプレイを用意。

アクティブ・ドライビング・ディスプレイは表示面積を従来比3 倍に拡大し、メーターは全面グラフィック表示ができる12.3 インチとし、ドライバーに提供する情報を表示できる領域を拡大しました。

TFT 液晶画面の採用と画面の大型化により、視認性は一層向上しており、情報表示の間に十分な間隔を設けることができるようになったことでドライバーや乗員に必要な情報を正しく、そしてわかりやすく表示できるようになっています。

マツダCX60の運転席のレビュー

マツダはドライビングポジションを重視し、" 人間中心の設計思想" によってシートやステアリング、ペダルの適切な配置を行なっています。

後輪駆動を採用するCX-60 の縦置アーキテクチャーでは、構成部品を小型化したマツダ独自のトルコンレス8AT を開発し、トランスミッションのレイアウトを最適化することでドライブトレイントンネルの拡大を最小限に抑え、理想とするペダル配置を実現しています。

CX-60では、TFT 液晶画面を12.3 インチのフルディスプレイに大型化。ドライビングアシストモードや警告表示のほか、ドライバーごと視認性の最適化ができるドライバー・パーソナライゼーション・システムにも対応しました。

さらにダイナミックなオープニング演出やドラマチックなMi-Drive モード演出により、視認性向上による安心/ 安全を高めつつ、心昂るドライビングの演出も行います。

MAZDA3 やCX-30 などスモール商品と比べて3 倍に画面を大型化。

不要な視線移動を減らし、ドライバーにとって必要な情報をわかりやすく伝え、走行中の安心感を向上させています。

具体的には文字表示の大型化、より先の情報をドライバーに提供するナビゲーション情報の拡充。

さらに車両システムの設定や作動状況がひと目でわかるADAS 情報の最適表示などを可能としました。

CX-60のセンターディスプレイには12.3 インチの大型ディスプレイを設定。

大型でより見やすくなったセンターディスプレイにより一層の先進性や高級感を演出しています。

自然に運転に集中でき、乗員全員がリラックスできる環境を作るためには、単に静かなだけでなく人間が不快に聴こえる音を排除しています。

不快な音を無くしながら、エンジンサウンドなど心地良い音はしっかり届けるために遮音(透過損失) と吸音技術を用い、上質な静粛性を実現しています。

マツダは運転のしやすさだけでなく、同乗者が感じる身体の揺れの少なさもシートを設計する上で重要なポイントだと考えています。

そのため、骨盤を支えることで脊椎の可動性を確保し、コーナーで発生する横G に対して、バランスを取ろうとする人の反射的な動きを容易とするシート構造になっています。

CX-60 ではさらにステアリング、アクセル、ブレーキを操作する身体の動きの支点となる箇所を支え、それらの操作によって生じる前後左右のG に対してドライバーが無意識にバランスを取ろうとする動きを支える構造を採用しました。

これにより発進時のアクセル操作がスムーズになっただけでなく、コーナーを曲がる時の、ステアリングを切ろうとする際の脊柱を軸とした動きや横G に対して身体を傾けようとする動きも、支点でしっかり支えることができるようになりました。

またその支点に掛かる力の大きさや増減によって、思い通りに運転できている様子を感じ取ることができ、連続するコーナーや交通流に気持ちよく同調できます。

あわせてこの身体を支える力を、どうやって生み出すかにもこだわり、バネとウレタンに持たせる機能の配分を見直しています。

ウレタンについては減衰性や身体へのフィット性を維持しつつ、バネについては身体を支えるという機能に特化させるために、材質や構造を変更しました。

助手席や後席も運転席と同じ考え方としているため、クルマの動きに振り回されることなく乗員全員がドライブを愉しむことができるようになっています。

マツダCX60の助手席の快適性について

シートにおいては、ドライバーが体を動かしやすい座り方ができるよう設計。人間の持つ特性を研究し、しっかりと体を保持しながらもバランスがとりやすく、クルマの挙動を感じやすくさせています。

これによりドライバーの操作とクルマの挙動のつながりを感じていただき、運転する歓びだけでなく、疲れにくく快適な乗り心地、座り心地も提供しているのです。

人間の五感で不快と感じる要素をゼロにすることを目指し、ドライバーだけなく同乗者まで心地良さを提供するということをマツダは大切にしています。

そのために開放感のある明るさ、夜間の光の演出、そして使い勝手の良さなどにより心地よい空間をつくりあげ、ドライブをより楽しいものにしています。

さらに、CX-60は乗る人すべての心地よさを第一に考え抜いたキャビンスペースと昼夜問わず快適で愉しいドライブを提供する大型パノラマサンルーフやアンビエントライトを採用。

また、日常から週末のレジャーシーンまでさまざまなシーンで使い勝手の良さを感じることができる荷室空間、そして不快な音を排除した、マツダらしさを感じさせる上質な静粛性といった部分に注力し、乗る人すべてが感じられる心地よさ、快適さを追求しています。

マツダCX60の後部座席の広さや快適性について

左右方向にゆとりを持たせたCX-60 の室内空間は、前席ショルダールームでCX-5 に対して44mm 以上広い1504mm を確保し、後席ショルダールームも1441mm (CX-5 は1391mm) としました。

これにより大柄な方でも腕や肩に窮屈感を感じることなくゆったりくつろげる空間を実現しています。

また、後席足元スペースは下肢が捻じれずにまっすぐ足が置ける着座状態を確保しており、大柄な方でも安楽安定姿勢がとれるようになっています。

マツダCX60の荷室の広さについて

日常から週末のレジャーシーンまでさまざまなシーンで使い勝手の良さを感じることができるCX-5 と同等の荷室空間を確保しながら、使い勝手の良さをCX-60は進化させています。

積載時の利便性を考え、より低く大きくした荷室開口部、一目で使いやすさを感じることができるスクエアな荷室空間に加え、より使いやすくなったハンズフリーリフトゲートなど細部までしっかり作り込まれています。

これにより日常ユースから週末のレジャーシーンまでしっかり積める、使えるという価値を向上させました。

荷室開口幅はCX-5 比で35mm 拡大し1,082mm とし、家具や大型スーツケースなど大型積載物の積み下ろしを容易にしています。

荷室開口高さは日常的な頻度で積載される重量物が載せやすい高さ(744mm) とし、開口部の段差も無くしました。

また、CX-60はCX-5 と同等の荷室容量を維持しながら、荷室全体の質感を向上させ、ホイールハウス上部の凸凹をなくしスクエアに使えるようにすることで直感的に荷物の積みやすさを感じる空間にしました。

荷室右側には野外での活動の幅を広げる1500W のAC 電源(PHEV 車) もしくは12V DCソケットを配し、使い勝手を向上させています。

また、バンパー下部に配したセンサーに足をかざすことで、両手がふさがった状態でもリフトゲートの開閉ができるハンズフリーリフトゲートを採用。

CX-60 では人間中心の考え方で、自然な姿勢で、安心して使えるようにシステムの制御から見直し、よりストレスなく作動するようになっています。

またトーイングバー/ ヒッチ装着車両は、トーイングしていない日常ユースで使い勝手の良さを感じてられるようになっています。

ワイドでリッチな室内空間を表現したCX-60のインテリア。その世界観を先鋭化した2つの仕様を用意しています。

ひとつは、自然がもたらす変化に美を見出し、きめ細やかにしつらえる日本人の精神を表現した「プレミアムモダン」。

そしてもう一つが、重厚かつ大胆なラグジュアリーさに遊び心を揺さぶり心昂らせる「プレミアムスポーツ」です。

そのほかのグレードでも素材こそ奢らないものの、骨格の強さ、逞しさをしっかりと表現し、頼もしさを感じさせるアクティブなSUV の魅力を表現しています。

商品詳細