三菱 eKクロス EVのエクステリア(外装)はSUVテイストなデザイン【プロ徹底解説】

三菱 eKクロス EV

eKワゴンの派生モデルであるeKクロス。

ユーティリティに優れたハイトワゴンにSUVテイストをブレンドしたクロスオーバーモデルとなっています。

ここでは、eKクロスEVの外観デザインについて紹介します。

文・写真/萩原 文博

萩原 文博|はぎはら ふみひろ

1970年生まれ。10代後半で走り屋デビューし、大学在学中に中古車情報誌の編集部にアルバイトとして加入。1995年より編集部員として編集作業に本格的に携わる。中古車の流通、販売店に精通し、「中古車相場師」として活動。2006年からフリーランスの編集者となり、中古車だけでなく、現在は日本で最も多くの広報車両を借り出して取材を行い、新車でもユーザー視点のバイヤーズガイドを中心に、人気車種の動向や流行りの装備の価値評価などを加味した、総合的に買いのクルマ・グレードの紹介をモットーとしている。

萩原 文博
Chapter
全体的なデザインの話
フロントマスクの特徴や機能・デザイン
サイドビューの特徴や機能・デザイン
リアビューの特徴や機能・デザイン

全体的なデザインの話

eKクロスEVは、三菱車ならではのSUVテイストを取り入れた軽ハイトワゴンのクロスオーバーモデルです。

ブランドメッセージ“Drive your Ambition”を体現した三菱車らしいSUVテイストのデザインを採用しているのが特長です。

eKクロスEVのデザインコンセプトは「THE CUTE BEAST(キュート・ビースト)」

三菱独自のアクティブさを、遊び心いっぱいで存在感のあるSUVテイストで表現しています。

フロントマスクの特徴や機能・デザイン

eKクロスEVのフロントフェイスは、SUVらしい力強さを表現した、三菱自動車のフロントデザインコンセプト「ダイナミックシールド」を採用しています。

垂直に通したメッキバーと水平基調のグリルを組み合わせることにより、信頼感を表現しています。

ポジションランプは視認性のよいボンネットフード下に配置。インナーレンズの形状を工夫し、美しいクリスタル感を演出しました。

縦型の3灯式LEDヘッドライトは、上2段がロービーム、その下にハイビームを配置することで、路面状況を把握しやすくするとともに、対向車が接近すると眩しさを抑える機能を搭載しています。

サイドビューの特徴や機能・デザイン

eKクロスEVのサイドビューは、従来車より65mmも延長されたロングホイールベースを活かしたキャビンシルエットと、彫刻的で動きのあるキャラクターラインで力強さを表現しています。

サイドシルガーニッシュとホイールアーチをブラックにし、さらにホイールアーチには専用のデカールを設定することで、SUVらしさを強調しました。

また、メーカーオプションで、より一層アクティブさを高める専用ルーフレールを設定しているのは魅力です。

リアビューの特徴や機能・デザイン

eKクロスEVのリアビューは、張りのあるアッパーキャビンを厚みのあるバンパーで支える構成で、SUVらしい安定感を表現しています。

また、Cピラーから連続するリアコンビランプも特徴的な形状とし、ワイドなゲート開口との両立を図っています。

ルーフレールやブラックのホイールアーチを採用するなど、アクティブなイメージを強めているeKクロスEV。

やはり、三菱SUVのアイコンであるダイナミックシールドの効果は大きく、ひと目見て三菱のSUVとわかる独特なデザインは存在感抜群です。

商品詳細