ジュークの後継モデル?日産 キックスの歴史【プロ徹底解説】

日産 キックス

現行型の日産キックスは、2020年6月に販売開始しました。

日産キックスは全長4,290mm×全幅1,760mm×全高1,610mmというサイズのボディに、ノート・セレナに続く日産独自の電動パワートレインの「e-POWER」を搭載したコンパクトSUVです。

日産車のコンパクトSUVというとジュークというモデルがありましたが、キックスはこのモデルの後継車といえるモデルです。

文・写真/萩原 文博

Chapter
初代(現行モデル)

初代(現行モデル)

日産キックスの外観デザインは日産車のアイコンである「ダブルVモーショングリル」をはじめ、特徴的な「フローティングルーフ」により、力強さとスタイリッシュさを表現。また、先進的でシャープな印象を与える薄型のヘッドランプ宝石をあしらったようにきらめくリアコンビネーションランプによってオーナーシップを高めています。

インテリアはドライバーだけでなく、乗員の気分の高めてくれる質感の高いインテリアデザインを採用。遊び心がありながら普段使いの中でも存分に快適さや高級感を感じてもらえることを追求しています。

インストルメントパネルにはダブルステッチ施したソフトパッドを採用していたり、グロスブラックフィニッシャーをしたりして、質感を高めているのが特徴です。

日産キックスに搭載されるパワートレインは1.2L直列3気筒ガソリンエンジンで発電し、その電力によってモーターを駆動させ走行するe-POWERの1種類です。駆動力を発生するモーターの最高出力129ps、最大トルクは260Nmを発生。従来のe-POWERに比べて最大出力を約20%向上させたことにより、中高速域のパワーが向上しました。

その結果、高速道路での追い越しや合流、ワインディング走行など様々なシーンにおいて、キビキビとした走行性能を発揮します。駆動方式は2WD(FF)のみで、燃費性能はWTLCモードで21.6km/Lを実現しています。

さらに、アクセルペダルの踏み戻しで車速を調整できる「e-POWERドライブ」では、ワンペダル感覚での運転が可能となり、ブレーキペダルを踏む回数が減少することで、運転の負担軽減に繋がります。さらに、発電用の1.2Lエンジンの作動彩ミングの制御を最適化することにより、エンジンの作動頻度を減らし、静粛性を向上させています。

運転支援システムは、高速道路での「長距離運転」と「渋滞」という2大ストレスを軽減する運転支援システム「プロパイロット」を全車標準装備。単眼カメラに加えてミリ波レーダーを採用することで、より遠くを走行する先行車を検知し、スムーズな制御を行えるようになりました。

また、前方の状況を監視し、車両や歩行者との衝突回避・衝突による被害軽減を支援するインテリジェントエマージェンシーブレーキや踏み間違い衝突防止アシストなどを標準装備し、全車がサポカーSワイドに該当しています。

さらに、もしもの事故の際の自動通報はもちろん、あおり運転や急病などの緊急事態にも手動で通報できる「SOSコール」も全車標準装備し、コネクティビティ機能も充実しています。安全装備が充実し、人気のe-POWERを搭載したキックスの新車価格は275万9900円~286万9900円となっています。

2022年7月に日産キックスは一部改良を行います。今回の一部改良のポイントは、搭載するパワートレインの変更と4WD車の設定です。

今回の一部改良で、キックスに搭載されているe-POWERは、モーター出力を約5%、最大トルクを約7%向上させた第2世代へと進化しました。これにより、これまで以上にパワフルな走りを実現するだけでなく、低速走行時のエンジン始動頻度を低減させたことにより、静粛性も向上しています。

さらに、アクセル操作だけで、加減速をコントロールできるe-Pedal Stepの操作性がさらに滑らかになりました。

そして、スポーツモードやエコモードを選んでいる時でもBレンジへの切り替えが可能となり、下り坂など強い減速が必要なシーンでの安心感が増しています。

もう一つの注目点が、4WD車を追加したことです。キックスに搭載されている4WDシステムは、四輪の駆動力を電気の力で緻密に制御する電動四輪駆動システムの「e-POWER 4WD」です。

悪路や雪道などの走破性に力を発揮するだけでなく、ワインディングなどでも思い通りのコーナリングが可能で、市街地などでの乗り心地も向上しています。燃費性能はWLTCモードで19.2〜23.0km/ℓを実現しています。

装備面では、「インテリジェントアラウンドビューモニター」や「インテリジェントルームミラー」などの先進技術装備を上位グレードに標準装備となっています。また、コンパクトSUV 初となる、「インテリジェントFCW(前方衝突予測警報)」を全グレード標準装備となりました。

さらに、インテリアではセンターコンソールとシフトレバーのデザインを一新し、先進的で質の高い内装を実現しています。また、ツートーンインテリアエディションには、現行のオレンジタンに加え、新たにベージュを追加しました。

そして、今回設定した新グレードの「スタイルエディション」は、落ち着きのある深いブラウンを基調とする内装、ダーククローム調のグリルフィニッシャーなど、内外装ともにシックな装いとなっています。

キックスのルーツであるジュークの駆動方式は2WDと4WDが用意されていましたが、キックスにはこれまで2WDしか設定されていませんでした。同じ国産コンパクトSUVにおいて、4WDがないことはビジネス的にはかなりマイナスでした。しかし、今回の一部改良で待望の4WD車が追加されました。

4WD車のリアに搭載されるモーターは最高出力68ps、最大トルク100Nmというハイパワー。これにより、前後のトルク配分を最適化することができ、優れた旋回性や走行安定性を発揮します。このe-POWER 4WD車は国産コンパクトSUVの中でも高い悪路走破性を実現しています。

萩原 文博|はぎはら ふみひろ

1970年生まれ。10代後半で走り屋デビューし、大学在学中に中古車情報誌の編集部にアルバイトとして加入。1995年より編集部員として編集作業に本格的に携わる。中古車の流通、販売店に精通し、「中古車相場師」として活動。2006年からフリーランスの編集者となり、中古車だけでなく、現在は日本で最も多くの広報車両を借り出して取材を行い、新車でもユーザー視点のバイヤーズガイドを中心に、人気車種の動向や流行りの装備の価値評価などを加味した、総合的に買いのクルマ・グレードの紹介をモットーとしている。

萩原 文博
商品詳細