日産 新型エクストレイルのエクステリア(外装)やデザインを紹介【プロ徹底解説】

日産 エクストレイル

初代エクストレイルの「タフギア」そして3代目モデルの「最先端を相棒に」というDNAを継承した新型エクストレイル。

今回はこれまでのモデルで実現していなかった「上質感」を追加しています。

ここでは、現行型エクストレイルの外観デザインについて紹介します。

文・写真/萩原 文博

Chapter
全体的なデザイン
フロントマスクの特徴や機能・デザイン
サイドビューの特徴や機能・デザイン
リアビューの特徴や機能・デザイン

全体的なデザイン

現行型エクストレイルの外観デザインは、初代から受け継ぐタフな力強さに、余裕と上質さを感じられるエッセンスを加え、この2 つの要素が調和した新しいSUV プロポーションに仕上げられています。

特徴的なヘッドランプは、上段にポジションランプとターンランプを、下段にメインランプを配置し、上質感を演出する2階建ての構造を採用しました。

リアコンビネーションランプのシグネチャーは、視認性が高く、無垢のインナーレンズには日本の伝統的な切子パターンからインスピレーションを得た精密でキラキラと光り輝く加工が施され上質さを演出しています。

フロントマスクの特徴や機能・デザイン

現行型エクストレイルの外観デザインの魅力は、インテリジェントで精悍なフロントマスクに集約されています。洗練されたピンストライプのV-モーションや、上下に分割された2段式のヘッドランプによって、モダンで先進的かつ上質なプレミアム感を演出しています。

夜間ではこのようにヘッドランプ全体が1つの大きなモーションとして光り輝くシグネチャーへと変貌。さらにエモーショナルなシーケンシャルターンランプも装備しています。

フロントグリルは、立体的で非常に手の込んだグリルパターンを採用。伝統工芸の「組み木」からインスパイヤーされ、日本の風景に溶け込む上質なデザインに仕立てています。さらに、エレガントな施しのクロームメッキが、下廻りの上質なアクセントとなっています。

サイドビューの特徴や機能・デザイン

サイドビューから見てとれるシルエットでは、まさにタフな印象のSUVそのものです。見る人すべてがその魅力に心を奪われ、堂々とした王者の風格の走りを予感させてくれます。

そして、ボディカラーは5色の2トーンカラーを設定し、モノトーンカラーと合わせ トータル12色ものカラーラインナップ。これらのボディカラーによって、 現行型エクストレイルのSUVとしてのタフな塊感をより強調するとともに、 洗練された大人が所有するスタイリッシュな色合いが持ち味となっています。

そして、現行型エクストレイルの重要なファクターである“タフ”さのデザイン表現しているのが、19インチのアルミホイールです。切削加工された非常に骨太な金属感のあるスポークが、一回り大きくなったタイヤサイズとマッチし、力強く大地を踏みしめて走行するe-4ORCEの性能を強調しています。

リアビューの特徴や機能・デザイン

リアの彫刻的で立体感あふれる力強いデザインが、現行型エクストレイルの凛とした精悍さと、タフで屈強な者に守られているような安心感を与えます。

リアビューを見てわかるように、ワイドなバンパーと最大限突出したリアフェンダーのボリュームにより、ダイナミックなシルエットと共に張り出した タイヤの踏ん張り感によるタフで力強いカッコ良さが際立ちます。

リアコンビネーションランプは、スッキリとしたアウターレンズ越しに見える無垢のインナーレンズに、切子のような細かいパターンでグラデーション加工しており、点灯時にはこのように奥行き感のある立体的で宝石のようなキラキラとした光り輝く演出をしています。

フロントマスクが大きく変更した現行型エクストレイル。インテリジェントで精悍なフロントマスクに集約されていると言っても言い過ぎではないでしょう。しかし、エクストレイルのDNAといえるタフギア感は外観デザインの随所に表現されています。

特にフロントとリアのフェンダーのボリューム感はアスリートの筋肉のようなしなやかな曲線を描き、エクストレイルのポテンシャルの高さを表現しています。

萩原 文博|はぎはら ふみひろ

1970年生まれ。10代後半で走り屋デビューし、大学在学中に中古車情報誌の編集部にアルバイトとして加入。1995年より編集部員として編集作業に本格的に携わる。中古車の流通、販売店に精通し、「中古車相場師」として活動。2006年からフリーランスの編集者となり、中古車だけでなく、現在は日本で最も多くの広報車両を借り出して取材を行い、新車でもユーザー視点のバイヤーズガイドを中心に、人気車種の動向や流行りの装備の価値評価などを加味した、総合的に買いのクルマ・グレードの紹介をモットーとしている。

萩原 文博