【注意】車に乗ってても日焼けする!?

UVカットガラス

夏のドライブは解放感を味わえますが、同時に気になるのが日焼けや紫外線です。夏の炎天下に屋外を歩けば日焼けをしますが、車を運転していれば大丈夫なのでしょうか。ドライブ中の日焼け事情や予防対策について紹介します。

Chapter
ドライブ中も日焼けはする、とくに前席ガラスからの日光に注意
紫外線をカットし日焼けを防ぐためには?

ドライブ中も日焼けはする、とくに前席ガラスからの日光に注意

結論からいえば、車をドライブ中でも日焼けはします。車のガラスをすり抜け、少しずつ紫外線が入り込んできているため、それこそ長時間ドライブしたりすれば症状も現れやすいです。

極端な例ではありますが、アメリカで28年間トラックドライバ―として運転し続けた男性の顔の皮膚が、左半分だけはっきりと分かるほど老化が進んでいることが過去にネットニュースなどで話題になりました。アメリカのトラックは左ハンドルであり、左側の前席ガラスから日光を浴び続けた結果と考えられています。

とくに窓ガラスの中でも、紫外線を通しやすいのは、フロントガラスよりも運転席側の前席ガラスです。

フロントガラスには30年以上前からフィルムを挟んだ合わせガラスが義務化されており、このフィルムは紫外線カットも兼ねています。一方フロントガラス以外の、前席ガラス、後席ガラス、リアガラスは合わせガラス構造ではないため、紫外線が入り込みやすいのです。

とくに前席ガラスについては、車の窓ガラスの中でもっとも紫外線強度が高く、日焼けしやすいことがJAFが実施したテストでも明らかになっています。

紫外線をカットし日焼けを防ぐためには?

紫外線を約90%カットする「UVカットガラス」、約99%カットする「スーパーUVカットガラス」を装着した車を選ぶことが、根本的な日焼け防止対策となります。なお最近の車では「UVカットガラス」は標準装備されていることがほとんどです。

カー用品店などで「UVカットフィルム」を購入し後付けすることもできます。ただし、フロントガラスと運転席、助手席の前席ガラスは、可視光線透過率が70%以上でないと違反になるため、色の濃いスモークガラスなどを張る際には注意が必要です。

その他、「UVカット液剤」のような液状の紫外線防止グッズもあります。駐車中であれば窓ガラスに「サンシェード」などを設置するのも紫外線防止になります。また、自分の身体側に日焼け止めを塗るなどして対策を施すのも一つの手です。

以上のように車でドライブをする際においても、日焼けをする可能性は十分あります。とくに通勤などで毎日車を運転する人、紫外線量の高まる日中にドライブをすることが多い人は、日焼け対策を徹底したいところです。

吉田 恒道|よしだ つねみち

1980年代、大学卒業後ファッション・モード専門誌「WWD Japan」編集部勤務を皮切りに編集者としてのキャリアを積む。その後、90年〜2000年代、中堅出版社ダイヤモンド社の自動車専門誌・副編集長に就く。以降、男性ライフスタイル誌「Straight’」(扶桑社)など複数の男性誌編集長を歴任し独立、フリーランスのエディターに、現職。著書に「シングルモルトの愉しみ方」(学習研究社)がある。

吉田 恒道
商品詳細