クルマが一瞬で木端微塵に!クラッシュテストってどうやってるの?

クラッシュテスト

車が試験場のような場所で、衝突して粉々になる映像を見たことはありませんか。

あれは、クラッシュテストや衝突試験と呼ばれるものであり、車の安全性を評価するために行われているのです。

クラッシュテストは、どのようにして行われているのでしょう。

Chapter
いくつかの試験を行い、点数を付ける

いくつかの試験を行い、点数を付ける

クラッシュテストとは、主に新車を対象として行う衝突実験のことです。

対象となる車を壁に衝突させたり、人のダミーを試験車のボンネット等に衝突させるなど、事故が起きた瞬間の乗員や歩行者を守る技術について試験を行います。

クラッシュテストの内容は、大きく4つに分けられます。

まず、フルラップ前面衝突試験と呼ばれるテストです。このテストは、車の運転席と助手席にダミーを乗せ、55km/hでコンクリー卜の壁に正面衝突させる試験です。

次に、オフセット前面衝突試験と呼ばれるテストですが、この試験では運転席およびリアシートにダミーを乗せ、64km/hでハニ力ム構造のアルミ部材に、運転席側の一部を正面衝突させます。

そして、前面だけでなく側面の安全性をテストするため、側面衝突試験も行われます。運転席にダミーを乗せて止まっている車の運転席側に、質量1,300kgの台車を55km/hで衝突させ、結果を評価します。

最後は、後面衝突頚部保護性能試験です。このテストは、追突された状況を再現できる試験機を用い、発生する衝撃をダミーが乗った運転席もしくは助手席用シートに与えます。

これら4つの試験を行い、ダミーが身体の各部に受けた衝撃やキャビンの変形などを加味して車が有する乗員の保護性能を5段階で評価するのです。

これらのクラッシュテストを実施しているのは、独立行政法人である自動車事故対策機構であり、結果はJNCAPによって評価されます。

また、以上のクラッシュテストの他、自動車事故対策機構ではチャイルドシートの使用性能評価試験や電気自動車バッテリー液漏れや感電保護性能といった、さまざまな試験を実施しています。

自動車事故対策機構のホームページでは、試験の結果を自動車アセスメントとして公表しています。そのため、愛車の安全性能がどのような評価を受けているのか気になる人は自動車事故対策機構のホームページを覗いてみても良いでしょう。

吉田 恒道|よしだ つねみち

1980年代、大学卒業後ファッション・モード専門誌「WWD Japan」編集部勤務を皮切りに編集者としてのキャリアを積む。その後、90年〜2000年代、中堅出版社ダイヤモンド社の自動車専門誌・副編集長に就く。以降、男性ライフスタイル誌「Straight’」(扶桑社)など複数の男性誌編集長を歴任し独立、フリーランスのエディターに、現職。著書に「シングルモルトの愉しみ方」(学習研究社)がある。

吉田 恒道