ポルシェ 8代目911 (992)の乗り心地は実際のところどうなの?

ポルシェ 8代目911

ポルシェ 8代目911は色褪せない伝統に、現代的なアプローチが注ぎ込まれた高級感あるクルマとなっています。

それはクーペモデルとカブリオレモデル、そしてタルガモデル、全てのモデルに共通して言えることです。

そんな8代目911の乗り心地はどうなっているのでしょうか。

Chapter
ポルシェ 8代目911 (992)とは、どのようなクルマなのか!?
ポルシェ 8代目911 (992)のシートは快適な乗り心地を実現
ポルシェ 8代目911 (992)は先進の安全性能で快適な乗り心地を提供

ポルシェ 8代目911 (992)とは、どのようなクルマなのか!?

まずはボディサイズを見ていきます。

ポルシェ 911のボディサイズは全長4,519mm×全幅1,852mm×全高1,298mmとなっています。

エクステリア(外装)は長くフラットなフロントフードや鋭い角度のフロントウィンドウに加え、リアに向かって伸びるルーフラインが911の個性を演出しています。そして伝統と現代性を併せもったデザインになっています。

インテリア(内装)ではステアリングホイールとセレクターレバーまでの間隔が短くなっており、その他の運転に必要な各種スイッチが直感的に操作できるよう配置されています。

また現代的なクルマながらあえて残されたアナログスイッチは、スポーツカーならではの特徴的なデザインを演出しています。

そしてエンジンには水平対向6気筒ツインターボエンジンが用意されています。

スペックはクーペ・タルガ・カブリオレ共通して、最高出力283kW(385PS)/6,500rpm、最大トルク450Nm(kgm)/1,950-5,000rpmとなっています。

他にも911には電子制御ダンパーシステムであるポルシェアクティブサスペンションマネジメントシステムが搭載されています。これにより路面状況やドライビングスタイルに応じて、それぞれのダンパーの減衰力を無段階に調節し、ダイナミクスと快適性を向上させています。

ポルシェ 8代目911 (992)のシートは快適な乗り心地を実現

ポルシェ 911のシートには、14wayのエレクトリックコントロール スポーツシートが採用されています。このスポーツシートは快適性だけでなく、横方向のサポート性も優れており、コーナリングの際もドライバーの体をしっかり支えます。

そして、シートの高さやバックレストの角度は、前後位置、ランバーサポートなどと同じように電動で調節できる仕様になっています。

さらにスポーツシートプラスでは座面とバックレストのサイド部分のクッションが程よい硬さに仕上げられており、乗る人に優れた快適性を提供しています。他にもドライバーのシート位置を記憶するメモリー機能も備わっており、いつでも自分が最も快適な位置で運転可能です。

またリアシート(後席)のシートバックは分割可倒式を採用しており、シートを倒すことでラゲッジルーム(荷室)を拡張可能です。

オプション装備では厳しい安全基準をクリアし、ポルシェ向けに特別に試験されたチャイルドシートが用意されています。このチャイルドシートの採用により、12歳までの乗員の安全性の確保と快適性を提供します。

このようにポルシェ 911のシートは乗員に快適な車内空間を提供することができます。

ポルシェ 8代目911 (992)は先進の安全性能で快適な乗り心地を提供

ポルシェ 911には先進の安全システムが装備されています。

オプションとして用意されているアダプティブクルーズコントロールは一定の速度内で、前方のクルマとの距離を一定に保つように自動で走行することで、高速道路などの長距離運転でのドライバーのストレスや疲労軽減に寄与します。

そして世界初の新開発であるウェットモードは他にはない安全装備になっています。
ウェットモードは車両に内蔵されている音響センサーが水しぶきを検知し、路面の濡れを認識します。

その後、システムがドライバーにウェットモードに切り替えるように促し、ウェットモード選択後は、シャシーコントロールシステムやドライブトレインのレスポンスが、走行状況に応じて制御されます。

そしてレーンキープアシストはカメラで車線を感知し、車線をはみ出しそうになった場合に自動でステアリング操作をサポートし快適性や安全性を高めています。

またナイトアシストは車両に搭載された赤外線によりヘッドライトで照らすよりも先に歩行者や動物を検知します。さらにメーターパネルのサーマルイメージによってドライバーに警告することで、夜間での安全性をよりいっそう高めます。

今回はポルシェ 911の乗り心地について解説しました。

911は先進のダンパーシステムや上質なシートなどにより、高級車らしい快適な乗り心地を実現しています。

また安全装備も充実されており、乗員全員に優れた安全性と快適性を提供します。

この機会に一度チェクしてみてはいかがでしょうか。
※2021年8月現在

吉田 恒道|よしだ つねみち

1980年代、大学卒業後ファッション・モード専門誌「WWD Japan」編集部勤務を皮切りに編集者としてのキャリアを積む。その後、90年〜2000年代、中堅出版社ダイヤモンド社の自動車専門誌・副編集長に就く。以降、男性ライフスタイル誌「Straight’」(扶桑社)など複数の男性誌編集長を歴任し独立、フリーランスのエディターに、現職。著書に「シングルモルトの愉しみ方」(学習研究社)がある。

吉田 恒道