レクサス 4代目RXのリアシートは2列/3列モデルに豊富な快適性能でラグジュアリー感満載!

レクサスRX

レクサス 4代目RXは2015年にデビューしたレクサスを代表するモデルのひとつであり、ラグジュアリーSUVというジャンルを開拓した人気のクルマです。

「挑戦するデザイン」を掲げ4代目RXを開発したレクサスは、アグレッシブさとエレガンスという相反する概念を融合させ、独自の魅力を放つスタイリングで存在感を高めることに成功しました。

今回は、走りの性能、乗り心地、安全技術とスタイルだけではなく、様々な点から上質を目指した4代目RXの魅力を、リアシートに着目して迫っていきます。

Chapter
レクサス 4代目RXの特徴とは?
レクサス 4代目RXのリアシートは、2列モデルと3列モデルが選べるニーズに合わせたモデル構成!
レクサス 4代目RXのリアシートに盛り込まれたラグジュアリー感あふれる機能の数々を紹介!
レクサス 4代目RXのリアシートや荷室はオプションでさらに使い勝手抜群に!

レクサス 4代目RXの特徴とは?

RXはレクサスを支える人気車種のひとつであり、ラグジュアリーSUVを開拓したモデルとして知られています。

ラグジュアリーSUVというジャンルはその後多くの自動車メーカーに影響を与えましたが、パイオニアとも言えるRXが今でも卓越した性能によるアグレッシブさとエレガンスなスタイルを保ち続けているのはご存知の通りでしょう。

パワーユニットは最高出力262PS・最大トルク34.2kgmの3.5L V6エンジンと最高出力238PS・最大トルク35.7kgmの2L 直4インタークーラー付ターボエンジンが用意され、2WD(2輪駆動)と4WD(4輪駆動)を選択可能。

4WDには、状況に応じた操縦安定性を実現する電気式AWDシステム、通称E-Fourが採用されています。

安全性能にも様々な先進技術が取り入れられているのがポイント。

夜間走行の安全性を向上させるため新たに開発された高性能ヘッドランプやエンジン・ブレーキ・ステアリングなどの機能を統合制御するVDIM、悪路走行における走行ラインサポート機能であるアクティブコーナリングアシストを搭載。

また、高速道路走行中の車線維持に必要なステアリング操作支援を行うレーントレーシングアシスト、レーダークルーズコントロール、先行車の発進を伝える先行車発進告知機能、ロードサインアシストなど盛りだくさんとなっています。

もちろん、RXはラグジュアリーSUVとしての快適性能も一流です。

セカンドシートには電動リクライニング&電動格納機能付のパワーシートが装備され、座った状態で電動リクライニング調整を行うことができるのです。

さらに荷室を拡大する際の格納・引き起こしが電動で可能になっているうえに、シートヒーターも搭載されている点や3列モデルにはサードシートで温度や風量を独自に調整出来るオートエアコンが備えられているため、全席で快適なドライブを楽しむことが可能。

フロントシートのシートバックに11.6インチ高精細ディスプレイを2台設置して映像を楽しめるリアシートエンターテイメントシステム、ハイエンドオーディオで知られる「マークレビンソン」のプレミアムな音響空間を実現するプレミアムサラウンドサウンドシステムがオプションとして用意されています。

スポーティさを重視する方にはスピンドルグリルやフロントロアバンパー、アルミホイールなどのエクステリア(外装)に本革スポーツシート、本革シフトノブなど多くの専用装備を搭載した「F SPORT」モデルも用意されているのも嬉しいポイントでしょう。

RXは、ラグジュアリーだけでなく安全性や快適性にも優れ、スポーティバージョンを求める方さえ満足させるモデルなのです。

レクサス 4代目RXのリアシートは、2列モデルと3列モデルが選べるニーズに合わせたモデル構成!

RXは、乗車定員が5名のRX450h/RX300と乗車定員が6名と7名を選ぶことが出来るRX450hLから構成されているのも特徴です。

全長5,000mmと、他のモデルより110mmロングのRX450hL で3列シートを選択できるのは、3世代ファミリーや仲間と出かける機会の多い方々にとって嬉しい選択肢ではないでしょうか。

もちろん、荷室とのコンビネーションにより大きな荷物の搭載も可能です。

乗車定員5人のモデルでは、荷室に9.5型のゴルフバッグ4個を横置きにすることができるだけでなく、買い物時に便利な格納式フックを追加するなど使い勝手にも配慮されています。

VersionL ではセカンドシートが電動リクライニング&電動格納機能付で4:2:4分割可倒式でありながら、セカンドシート左右のスイッチの操作により座った状態のままリクライニング調整を行うことが可能。

荷物に合わせて荷室を広げる際には、スイッチ操作でセカンドシートバックの格納や引き起こしが出来る便利さも持っているのです。

また、乗車定員6/7名のRX450hLではサードシートが5:5分割電動可倒式となっており、スイッチ操作でポジション選択が可能なため、荷室を広く使える前方ポジションに加えサードシートを格納してフラットなスペースとして使うことも。

さらに、RX450hLのセカンドシートには左右独立したキャプテンシートもオプション設定されています。

これを選べば、スライド&リクライニング機能により好みの姿勢でくつろげ、ラグジュアリーSUVとしての満足感も高まること間違いありません。

サードシートへの乗降はセカンドシートのレバー操作でシートを前方に移動させることにより可能で、フラットな足置きスペースが確保されているなど、快適に乗り降り出来るよう配慮されています。

このようにRXはライフスタイルに合わせた豊富なモデル構成に加え、セカンドシートやサードシートのシートアレンジにより荷物の量にも合致した使い方が出来る優秀なモデルなのです。

レクサス 4代目RXのリアシートに盛り込まれたラグジュアリー感あふれる機能の数々を紹介!

RXのリアシートには、ラグジュアリーSUVならではの機能も豊富に装備されています。

前項で紹介した通り、VersionLのセカンドシートには電動リクライニング&電動格納機能付のパワーシートが、3列モデルのRX450hLのサードシートにも5:5分割電動可倒式&2ポジション式が採用され使い勝手と快適性に配慮されており、RX450hLではアームレストとカップホルダーが付属するセカンドキャプテンシートを選択することも可能。

セカンドシートでも座り心地の良い座席で、スライド&リクライニング機能による快適なドライブを満喫することができるのです。

また、3列シートモデルのエアコンにはサードシート独立温度調整オートエアコンが採用され、左席デッキサイドの操作パネルで温度や風量の調節が可能な点もポイント。

運転席と助手席だけでなくセカンドシートにもヒートシーターが搭載されているため、暑い時期も寒い時期も関係なく心地よく過ごしやすいドライブが保証されているのです。

車内で快適に過ごすための装備は他にもあります。

ナノイーや花粉除去・脱臭機能付のクリーンエアフィルター、UVカット機能付のプライバシーガラスなど多岐に渡っており、リアドアサンシェードを利用することも可能です。

オーディオ&ビジュアルからも目が離せません。

SmartDeviceLink、AppleCarPlay、そしてAndroidAutoに対応しているので、iPhoneやAndroidスマートフォンをディスプレイに連携させることで画面操作や音声操作ができるうえ、音楽再生の他にも地上デジタルTVチューナー&アンテナでエンターテイメントを楽しむことができます。

その他にも充電用USBが後部に2個用意されているだけでなく、バックドアがハンズフリーパワー機能を搭載しているなど、RXのリアシートは快適性と利便性にも秀でているといって良いでしょう。

レクサス 4代目RXのリアシートや荷室はオプションでさらに使い勝手抜群に!

RXのリアシートは、オプションでその快適性をさらに増すことができます。

まず注目したいのが、リアシートエンターテイメントシステム。

フロントシートのシートバックに11.6インチの高精細ディスプレイを2台設置するオプションで、フロントシートのディスプレイと同じ映像はもちろんのこと、外部機器を接続することで独立した映像を表示することも可能なのです。

また、ハイエンドオーディオとして知られる「マークレビンソン」のオーディオを搭載できるのもRXの特徴でしょう。

コンサートホールでも使用出来るパワーと音質を備えたアンプと15スピーカーで空間を構成し、自然なボーカル質感やステレオ感を実現しています。

その他にも紫外線を約99%抑える赤外線カットフィルムやフロントシートのヘッドレストステーに装着する収納ポケットであるシートバックストレージ、「おくだけ充電」やリアシートタブレットホルダーを使えば、リアシートの快適さはさらに高まることでしょう。

RXには、リアシートと関係の深い荷室にも多くのオプションが用意されています。

荷物の傷つきや荷室内の汚れを防ぐカーペット仕様のラゲッジマットや二重構造のトレイ形状になっているラゲッジトレイ、荷室全体をカバーしてくれるロングラゲッジマットなども注目に値します。

さらに、バックドアを開けた際の目隠しとバックドア内壁の傷つきを防止するバックドアオープニングガード、荷物を固定するラゲッジネット、折りたたみ式の収納ボックスであるラゲッジBOXなど種類も豊富です。

このようにRXのリアシートや荷室には、ドライブを快適かつさらに楽しくするための、利便性に優れたオプションが多数揃っているのです。

ラグジュアリーSUVの先駆けであるRXは、2列シートと3列シートを選べるモデル構成が様々なライフスタイルに応えている優秀な1台ということがわかりました。

それだけでなく先進性と快適性にも優れ、荷室の実用性も高く使い勝手も抜群なのです。

RXの世界的な人気は、「挑戦するデザイン」を掲げアグレッシブさとエレガンスの両立に挑んだレクサスの試みが見事に成功した証拠といえるでしょう。

レクサスの代名詞モデルのひとつであるRXのこれからの動向からも、目が離せません。

※2021年7月現在

吉田 恒道|よしだ つねみち

1980年代、大学卒業後ファッション・モード専門誌「WWD Japan」編集部勤務を皮切りに編集者としてのキャリアを積む。その後、90年〜2000年代、中堅出版社ダイヤモンド社の自動車専門誌・副編集長に就く。以降、男性ライフスタイル誌「Straight’」(扶桑社)など複数の男性誌編集長を歴任し独立、フリーランスのエディターに、現職。著書に「シングルモルトの愉しみ方」(学習研究社)がある。

吉田 恒道