スバル 初代BRZに設定されていたオプションをご紹介!STIのパーツがアツい!(DBA-ZC6/4BA-ZC6型)

スバル 初代BRZ

スバル 初代BRZ(DBA-ZC6/4BA-ZC6型)は、2012年~2020年の間、スバルが製造販売していたスポーツカーです。

フルノーマルでも凛々しい姿のBRZですが、オプションを組み合わせることでさらに見た目に磨きがかかると同時に、インテリア(内装)にも手を加えることで自分好みの空間に仕上げることができます。

今回は2代目の発売を目前に控えた初代BRZに用意されている、便利なオプションについて詳しく見ていきましょう。

Chapter
スバル 初代BRZとはどんなクルマ?
スバル 初代BRZのエクステリアのオプションをご紹介!
スバル 初代BRZのインテリアのオプションをチェック!
スバル 初代BRZのナビ・オーディオのオプションを紹介!
スバル 初代BRZには安全機能のオプションも充実している!
スバル 初代BRZのスポーツオプション「STIスポーツパーツ」とは?

スバル 初代BRZとはどんなクルマ?

オプションについて紹介する前に、まずはBRZの大まかな仕様について見ていきましょう。

BRZは、2012年~2020年の間にスバルが製造販売していたクルマです。2021年中に2代目となるBRZが発売されるための一時的な生産終了であり、絶版になったわけではありません。

フルモデルチェンジに伴い排気量が初代の2.0L から2.4L に変更され、さらに力強い走りができるのではないかと予想されています。

姉妹車にはトヨタ 86が存在し、両車ともにスバルとトヨタが共同開発した水平対向エンジン「FA20型」を搭載しているのも特徴です。

BRZはスバル初のFR(後輪駆動)方式を採用した市販車であり、デザインはトヨタが行っている関係で86と酷似している箇所が多いのもポイントでしょう。車格もまったく同じなので、クルマに詳しくない方が見れば同一車種と見まごうかもしれません。

しかし、安全機能をはじめとする走行とデザイン以外の機能には差があるほか、乗り味にも違いが出るように設計されています。購入を検討している方は、エクステリア(外装)の細やかな差や価格、乗り心地などを比較し、判断すると良いでしょう。

また、BRZの名前の由来は、BRZの特徴を表す下記の言葉の英語の頭文字をつなげたものとなっています。

・ボクサーエンジン (Boxer Engine)
・後輪駆動 (Rear wheel drive)
・究極 (Zenith)

ボクサーエンジンとは水平対向エンジンのことで、スバルが得意とする伝統のエンジン形式としてこれまで様々な車種に採用してきましたピストンが水平方向に運動するため重心を低くすることができ、安定した走行と重心設計がしやすいエンジンとして有名なのです。

もちろん、同じエンジンを積んでいる86も水平対向エンジンであり、2021年夏ごろに発売予定の2代目BRZおよびGR 86も、初代同様にスバルとトヨタの共同開発が進められています。

スバル 初代BRZのエクステリアのオプションをご紹介!

BRZはノーマルの状態でもスポーツカーらしいデザインを有していますが、他のオーナーとは違う工夫をしたいのであれば、ボディグラフィックを施すのがおすすめです。

フロントからリアまでの車体中心にブラックでラインがひかれる「センター」と、サーキットのフラッグを彷彿とさせるデザインを「トップ」「アッパー」「ロア」で施せる計4種類が用意されています。見た目にもインパクトが出るので、注目を集めたい方には非常におすすめです。

リアフェンダーには大きなディフューザーの取り付けもできるので、BRZの後姿がさらに引き締まって見えること間違いありません。あわせてリアフォグランプキットを取り付けておくと、さらにスポーツカーらしさが増します。

また、LEDランプが取り付けられるオプションは2種類用意されており、どちらもフロントのみの設定です

LEDアクセサリーライナーLEDフォグランプキットのどちらかしか取り付けはできませんが、BRZのエクステリアのスタイリッシュさとともに、運転中の安全性も高めることができます。

大切なクルマを傷から守りたい方におすすめのオプションが、フューエルリッドガーニッシュリアバンパーパネル

他にも、少しヤンチャな雰囲気を出せる5枚のステッカーセットコーションラベルセットも、BRZのコンセプトによくあったオプションといえるでしょう。

スバル 初代BRZのインテリアのオプションをチェック!

エクステリア重視なのがスポーツカーの特徴のひとつですが、BRZも同様にエクステリアに比べるとインテリアのオプションは少なめに設定されています。しかし、見た目だけではなくインテリアにもこだわりたいというオーナーのために、運転が楽しくなるようなオプションが用意されているのです。

まず、夜間の運転に心強いのがツインフットランプ。スモールランプおよびドアの開閉と連動しており、ドアが開いているときはブルーに、スモールランプ点灯時にはアンバーで運転席の足元を照らしてくれます。優しい色合いでまぶしさを感じることもなく、運転の邪魔にならないのも魅力的でしょう。

また、フロアカーペットを変えることでインテリアの印象が変わります。特にフロアマットはトランクマットと同一コーディネートでシックな印象を与え、レッドのステッチが施された「フロアマット スポーツ」では遊び心を加えてくれるものです。

他にも、光の加減で表情が変わるメッシュタイプのインパネパネルやドアトリムパネルなどを上質なウルトラエステードに変更できるインテリアパッケージも用意されています。

エクステリアだけでなくインテリアにもこだわりたい方には、ぴったりのオプションといえるでしょう。

スバル 初代BRZのナビ・オーディオのオプションを紹介!

ナビやオーディオに関係するオプションが多数ラインアップされているのも、BRZの魅力のひとつです。自分が気に入ったメーカーのナビを後付けしたりもできますが、ステアリングホイールのボタンとの連動ができなくなる可能性もあるので、純正ナビを取り付けることをおすすめします。

ナビのラインアップは以下の通りです。

・アルパイン 7インチナビ
・カロッツェリア 楽ナビ(7インチ)
・ケンウッド 彩速ナビ(7インチ)

すべて7インチとやや小型ではありますが、ステアリングホイール上でも操作できるのであまり困ることはないでしょう。

特にスバル純正ナビである「アルパイン」の画質は非常に美しく、ハイレゾ音源にも対応している優れものです。また、声での操作もできるVOICE TOUCH機能も搭載しています。

オーディオが乏しいのは少し残念ですが、その代わりスピーカーをオプションで変更することができます。

フロントのみではありますが、「カロッツェリア スピーカーセット」「Sonic Design フロントスピーカーセット」の2種類のうち好きなほうを選択できるのです。リーズナブルな価格で高音質を楽しみたいのなら「カロッツェリア」を、価格にこだわらずとにかくスピーカーの音質にこだわるなら「Sonic Design」を選ぶと良いでしょう。

スバル 初代BRZには安全機能のオプションも充実している!

スポーツカーであるBRZにも、安全機能を求めたい方は多いのではないでしょうか。

安全機能のオプションは、カタログでは「ドライブアシスト」と銘打たれており、その名のとおり運転に関するさまざまなアシストをしてくれます。

特に嬉しい機能として注目したいのが、リアビューカメラディスプレイコーナーセンサーです。

リアビューカメラバック時にナビに車両後方の映像が映し出されるもので、駐車時のサポートになり、小さな子どもや運転席からは見えない障害物を発見してくれます。

ナビのモニターと連動し、バック駐車時はもちろん、縦列駐車のときにもその効果を発揮するディスプレイコーナーセンサーにも注目。障害物がセンサーに近づくとアラートが鳴るようになっており、後方の確認不足による事故をより高い水準で防ぐことができるのです。

また、雨の日に強いエアロブレードも魅力的です。ノーマルのワイパーよりも高い拭き上げ機能を持ち、高速走行時に起こりがちな浮き上がりも防止できます。運転席側と助手席側が別々の販売になっていますが、購入の際は両方揃えて購入すると良いかもしれません。

スバル 初代BRZのスポーツオプション「STIスポーツパーツ」とは?

BRZには、「STIスポーツパーツ」と呼ばれるスポーツカー向けにデザインされた特別なオプションが存在します。他のオプションよりも高額ではありますが、BRZのスポーツカーらしさを極限にまで高め、かつ走行性能を格段に上げることができるのです。

スポイラーはフロントアンダー、サイドアンダー、リアサイドアンダー、トランクの4つがあり、すべて装着することも可能です。

アルミホイールもSTIオリジナルの17インチ、もしくは18インチから選択可能で足回りのドレスアップや走行性能の向上・変更ができます。

コーナリング時にボディーの揺れを軽減するフレキシブルタワーバーフレキシブルVバーは、主に走りをメインに考えているオーナー向けのオプション。フレキシブルドロースティフナーとあわせた3種類のうち、どれかひとつをつけておくとサーキット走行がより充実するでしょう。

もちろん街乗りでしか使わない場合も、これらのバーをつけておくことでコーナリング時のストレスが軽減されるので、街乗り中心の方も付けて損はないオプションといえます。

BRZに設定されている便利なオプションについて、詳しく紹介しました。

販売終了から間もないため、今ならオプションが取り付けられるディーラーも少なくないかもしれません。

しかしすでに販売を終えていることは事実なので、部品の取り扱いがあるかどうかも含めて、一度最寄りのディーラーへの問い合わせをしておくと安心です。

吉田 恒道|よしだ つねみち

1980年代、大学卒業後ファッション・モード専門誌「WWD Japan」編集部勤務を皮切りに編集者としてのキャリアを積む。その後、90年〜2000年代、中堅出版社ダイヤモンド社の自動車専門誌・副編集長に就く。以降、男性ライフスタイル誌「Straight’」(扶桑社)など複数の男性誌編集長を歴任し独立、フリーランスのエディターに、現職。著書に「シングルモルトの愉しみ方」(学習研究社)がある。

吉田 恒道