姉妹車「86」とは違う味がある?スバル 初代BRZの乗り心地とは?(DBA-ZC6/4BA-ZC6型)

スバル 初代BRZ

スバル 初代BRZ(DBA-ZC6/4BA-ZC6型)は2012年~2020年の8年間、スバルが製造販売していたスポーツカーです。

姉妹車にはトヨタ 86がいるという一風変わったクルマとしても有名で、見た目のとおり走りを楽しめるスポーツカーです。

購入を検討しているけれど、BRZの乗り心地は良いのか気になっている方も多いのではないでしょうか。

そこで今回はBRZの乗り心地を、姉妹車であるトヨタ 86の乗り心地と比較しながら詳しく紹介していきます。

Chapter
スバル 初代BRZとはどんなクルマなの?
スバル 初代BRZの乗り心地をチェック!
スバル 初代BRZのドライブを安全にサポートしてくれる機能をご紹介!
スバル 初代BRZのリアシートの乗り心地をチェック!
スバル 初代BRZとトヨタ 86の乗り心地の違いとは?

スバル 初代BRZとはどんなクルマなの?

乗り心地について紹介する前に、まずはBRZの大まかな仕様について見ていきましょう。

BRZは2020年11月で新車販売を終了した、スバルのFR(後輪駆動)スポーツカーです。2021年中に2代目となるBRZが発売されるための一時的な生産終了であり、絶版になったわけではありません。

フルモデルチェンジに伴い排気量が初代の2.0L から2.4L に変更され、さらに力強い走りができると予想されています。

姉妹車にはトヨタ 86があたり、両車ともにスバルとトヨタが共同開発した水平対向エンジン「FA20型」を搭載しているのも特徴です。

BRZと86は一見エクステリア(外観)は同じで、あまりクルマに詳しくない方が見ると同一車種と見間違えるほどよく似ています。その理由はデザインをトヨタが、それ以外の部分をスバルが担っていることに深く関係しているのです。

ただ、インテリア(内装)や安全装備には違いがあるため、完全な同一車種でもなければOEMでもありません。共同開発の背景から、開発費用や利益はスバルとトヨタが折半する形を採用しています。

また、BRZはスポーツカーでありながら、日常使いにも優れています。

シートアレンジを活用すれば、レース用のタイヤ4本を載せたり、ゴルフバック2本を収納できるのです。もちろん「スポーツカーの中では」という但し書きは尽きますが、ハッチバックでも載せられない車があるゴルフバッグを2本も積み込める特性は注目に値します。

ラインアップも多く、自分好みの1台を選べる楽しさがあるのもBRZの特徴といえるでしょう。

カスタムが前提になる「R カスタマイズパッケージ」「RA レーシング」や、高級嗜好の「S」、最上位グレードでスポーツカーらしい装備と性能を合わせ持った「STI スポーツ」と、同じクルマでもまったく異なる表情を見せてくれるのです。

現在は中古車でしか購入できませんが、ほぼすべてのグレードが存在しているので、探すのに苦労することはないでしょう。

スバル 初代BRZの乗り心地をチェック!

BRZの乗り心地はグレードによって異なります。

カスタマイズを前提としている「R カスタマイズパッケージ」と「RA レーシング」、「R」は標準的な質感のシートを採用しており、人によっては座りにくさを感じる方もいるでしょう。

スポーツカーなので座り心地が悪くシートの質が悪いということはありませんが、肌触りなどの観点を考えると決して良いとはいえないかもしれません。

しかし、上位グレードの「S」になるとシートの材質がファブリックトリコットに変わり、「GT」ではさらに上質なアルカンターラに変更されます。

最上位グレードの「STI スポーツ」ではアルカンターラと本革のコンビネーションという上質の素材を採用しているため、座り心地に大きな差を感じる方も多いでしょう。

シートは快適なドライブを楽しめるかどうかの大事な判断基準なので、妥協せずに選ぶことをおすすめします。

先にも軽く紹介したとおり、BRZは水平対向エンジンを搭載しています

これはスバルのお家芸的な存在であり、クルマの低重心化が図れることから、安定走行に向いているエンジンです。BRZがスポーツカーでありながらも安定した走りが比較的得意な部類に入るのも、水平対向エンジンがなせる業なのです。

振動が少ないのも水平対向エンジンの特徴で、快適なドライブを長時間楽しむことにも適しています。エンジンサウンドもしっかりする一方、振動が低減される設計のエンジンは、ハイブリッド車を除いてほかにはなく、水平対向エンジン最大のメリットともいえるでしょう。

もちろんスポーツカーらしい走りも楽しめる、二刀流のクルマとして乗ることができるのです。

スバル 初代BRZのドライブを安全にサポートしてくれる機能をご紹介!

BRZには、ドライブを安全かつ快適にしてくれる機能が多数取り揃えられています。

AT(オートマチック・トランスミッション)車だけになりますが、スバル独自の予防安全技術アイサイトを搭載しており、同乗者だけではなく歩行者も守ることに一役買っているのです。

車線逸脱防止警報クルーズコントロール機能もついているため、長時間の運転でもドライバーが疲れを感じにくいような形になっているのも魅力でしょう。MT(マニュアル・トランスミッション)車には制御の関係でアイサイトは搭載されていないので、注意が必要です。

しかし、MT車の場合はオプションでリアビューカメラディスプレイコーナーセンサーを取り付けることで後退時の安全を確保できます。

中でもディスプレイコーナーセンサーは、取り付けるためには同時に純正ナビを購入する必要がありますが、車両後方だけではなく前方の角や視覚になりがちなポイントと後方のあわせて6か所に設置できるため、安心も確保できるでしょう。

安全面とは異なりますが、快適な車内空間を乗車前から作ることができるリモコンエンジンスターターも便利です。

特に夏場や冬場などの気温が著しく高い・低い状況で、エアコンが利くのを待っていたり、暖気できるまでエンジンを吹かしたりする必要がなくなる点が魅力といえます。クルマに乗る前にリモコンエンジンスターターでエンジンをかけておけば、エアコンが利いた状態のクルマに乗ることもできます。

これらの機能をうまく活用することで、フロントシート(前席)の乗り心地がさらに快適になるのです。

スバル 初代BRZのリアシートの乗り心地をチェック!

BRZの乗り心地は非常に良いことがわかりましたが、ここまでの話はあくまでもフロントシート(前席)のことだけです。リアシート(後席)に目を向ければ、少し状況が異なる点にだけ注意が必要でしょう。

BRZに関わらず、4人乗りのスポーツカーのリアシートは非常に狭く設計されていることが多く、人が長時間乗るには適していない作りをしています。

BRZのニークリアランス(足元空間)も狭くあまり高さもないため、窮屈さを感じる方も多いかもしれません。

フロントシートと同じくエンジンの振動などは感じにくいものの、リクライニングもできないので、大柄な方が乗ると窮屈と感じそうです。

標準的な体格の方が乗車しても同様のことが起こるため、リアシートに人を乗せる際は事前に一言断りを入れておくと良いでしょう。

しかし、前述のようなリアシートの特徴を考慮しなければ、快適なドライブを楽しむことができます。

サスペンションがしっかりしているためふらつきを感じにくく、リアシートでも大きな振動を感じることはありません。

もう少し広さがあればと悔やまれるポイントはありますが、スポーツカーである以上は仕方がないといえます。

スバル 初代BRZとトヨタ 86の乗り心地の違いとは?

BRZの乗り心地は、姉妹車として扱われるトヨタ 86も同じなのでしょうか。

実はこれには「違う」とする意見と「同じ」とする意見の2つがあり、今でもクルマ好きのあいだではたびたび議論されています。

なぜこのようになったのかというと、BRZと86が販売される前のプロトタイプの試験走行で運転したドライバーの意見が強く影響しているのです。

発売直前に行われたテスト走行でプロによる走行テストが行われた際、BRZと86それぞれのプロトタイプに乗車したドライバーの感想は「違いは判らなかった」とのこと。

しかし、現在スバルの公式HPで公開されている映像では、それぞれのクルマには「違いがある」と話をしています。

結論としては、BRZと86の乗り心地には若干の違いがあるといえます。

BRZのサスペンションはフロントは柔らかめ、リアは硬めのチューニングが施されています。安定した走行ができるように工夫されたのが最大の理由ですが、86の場合はBRZとは逆のチューニングになっているのです。

リアが柔らかくなると後輪の動きが大きくなりやすく、ドリフト走行が比較的容易にできるようになります。86はあえてリアのサスペンションを柔らかくすることでドリフト走行をしやすくし、走りの楽しさを狙ったのです。

もちろんドライバーのテクニックにもよりますが、構造の面で言えば大きな違いがあるといって良いでしょう。

しかし、86が安定した走行が難しいかと問われればそんなことはありません。街乗りで走る分にはあまり大きな差は感じにくく、両車の真価はサーキットで大きな差がつくと考えるのが良いのではないでしょうか。

BRZの乗り心地と、トヨタ 86との乗り心地の違いについて詳しくご紹介しました。

スポーツカーでありながら安定した走行が得意なBRZは、街乗りだけではなくサーキットでも活躍できる、高いポテンシャルを秘めた1台です。

リアシートの乗り心地に関しては仕方がありませんが、それ以外の部分では快適なドライブが楽しめる1台に仕上がっているといって差し支えないでしょう。

購入を検討している方は、一度中古車市場をチェックしてみるのも良いのではないでしょうか。

吉田 恒道|よしだ つねみち

1980年代、大学卒業後ファッション・モード専門誌「WWD Japan」編集部勤務を皮切りに編集者としてのキャリアを積む。その後、90年〜2000年代、中堅出版社ダイヤモンド社の自動車専門誌・副編集長に就く。以降、男性ライフスタイル誌「Straight’」(扶桑社)など複数の男性誌編集長を歴任し独立、フリーランスのエディターに、現職。著書に「シングルモルトの愉しみ方」(学習研究社)がある。

吉田 恒道