ディーゼルエンジンのメリット・デメリットとは?ガソリンエンジンとの違いを解説

ディーゼルエンジン

今回はディーゼルエンジンについて解説します。

国内メーカーではマツダが軽自動車とロードスター以外の全てのラインナップにディーゼルエンジンを設定しており、国内でも徐々にユーザーを増やしています。

そんなディーゼルエンジンとは一体どのようなもので、どのようなメリット・デメリットが備わっているのでしょうか。

Chapter
ディーゼルエンジンとガソリンエンジンの違いは、燃料と点火方法
ディーゼルエンジンは高燃費かつ高トルク
ディーゼルエンジンのデメリットは?

ディーゼルエンジンとガソリンエンジンの違いは、燃料と点火方法

ディーゼルエンジンは、燃料と点火方法の2つの点でガソリンエンジンとは異なります。

ガソリンエンジンはその名の通りガソリンを燃料としていますが、ディーゼルエンジンは軽油を燃料としています

点火方法としては、ガソリンエンジンではスパークプラグが飛ばした火花で燃焼室内の混合気に点火します。一方、ディーゼルエンジンは点火装置を必要とせず、圧縮されて高温となった空気に燃料を直接噴射し、燃料を自己着火させることで燃焼させます。

ガソリンは火のついたマッチを近づけると炎を上げて引火しますが、軽油はマッチの炎を近づけてもガソリンのように燃えることはありません。しかし、軽油の方が熱を近づけたときには着火しやすいという特性があります。軽油は着火しやすくガソリンは引火しやすいというそれぞれの特徴を生かした点火方法が、ディーゼルエンジンとガソリンエンジンでは採用されています。

燃料と点火方法の異なるディーゼルエンジンとガソリンエンジンですが、シリンダー内の爆発によるエネルギーで上下させたピストンを回転エネルギーにするという基本構造は変わりません。

ディーゼルエンジンは高燃費かつ高トルク

ディーゼルエンジンには燃費の良さや高トルクといったメリットがあります。

ディーゼルエンジンはガソリンエンジンに比べ発生する熱エネルギー効率が良く、ガソリンエンジンよりも高燃費となります。

さらに、使用する燃料も軽油であるため燃料単価が安いです。燃費性能が良いだけでなく燃料代も安いディーゼルエンジンは、ガソリンエンジンよりも維持費を安く抑えられます。

2つ目のメリットは高トルクであることです。

ディーゼルエンジンは圧縮比が高く熱効率が良いことから、大きな回転力を取り出せます。それによるパワフルな加速性能はディーゼルエンジンの魅力の1つです。

しかし、ディーゼルエンジンは高回転域が苦手なこともあり、高速性能はガソリン車に劣っています。その弱点を補うためターボチャージャーが備わっている車種も多くあります。

ターボチャージャーの備わったディーゼルエンジンは通常よりも1.5倍以上のトルクを発生させ、回転数も低くなっています。そのこともあり、ディーゼルエンジンは低回転でも力があり運転しやすいと評価されることが多いです。

また、ディーゼルエンジンは高圧縮比に耐えられるよう頑丈に作られている上、構造がシンプルであるため壊れにくく寿命が長いというメリットもあります。

<次のページに続く>
次ページ
ディーゼルエンジンのデメリットは?

吉田 恒道|よしだ つねみち

1980年代、大学卒業後ファッション・モード専門誌「WWD Japan」編集部勤務を皮切りに編集者としてのキャリアを積む。その後、90年〜2000年代、中堅出版社ダイヤモンド社の自動車専門誌・副編集長に就く。以降、男性ライフスタイル誌「Straight’」(扶桑社)など複数の男性誌編集長を歴任し独立、フリーランスのエディターに、現職。著書に「シングルモルトの愉しみ方」(学習研究社)がある。

吉田 恒道