マツダ 3代目MPV(DBA-LY3P型)の特別仕様車「23C スポーティパッケージ U Style」と「23C L Style」をご紹介!

マツダ 3代目MPV

今回は、マツダ 3代目MPV(DBA-LY3P型)の特別仕様車を一挙にご紹介します。

3代目MPVは、使いやすくスタイリッシュなミニバンであるだけでなく、高い動力性能や操縦性を持ったスポーツカーの発想でミニバンを革新したモデルとなっています。

多彩な魅力のある3代目MPVですが、より特別感を感じられる特別仕様車をご紹介します。

Chapter
マツダ 3代目MPVの特別仕様車「23C スポーティパッケージ U Style」とは?
マツダ 3代目MPVの特別仕様車「23C スポーティパッケージ U Style」のインテリアは?
マツダ 3代目MPVの特別仕様車「23C L Style」とは?
マツダ 3代目MPVの特別仕様車「23C L Style」のインテリアとエクステリアは?

マツダ 3代目MPVの特別仕様車「23C スポーティパッケージ U Style」とは?

マツダ MPVの特別仕様車「23C スポーティパッケージ U Style」は、MPVの生産累計台数100万台達成を記念し、2006年10月より販売開始されました。

「23C スポーティパッケージ U Style」は、「23C スポーティパッケージ」をベースにした特別仕様車で、人気の高いメーカーオプションの電動両側スライドドアとスーパーリラックスシートを特別装備しています。

ボディカラーは、スノーフレイクホワイトパールマイカ、コズミックブラックマイカ、カッパーレッドなど、MPVの既存色の中から6色を設定しています。

マツダ 3代目MPVの特別仕様車「23C スポーティパッケージ U Style」のインテリアは?

マツダ MPVの特別仕様車「23C スポーティパッケージ U Style」のインテリア(内装)には、人気の高いメーカーオプションである電動両側スライドドアとスーパーリラックスシートを採用しています。

通常のグレード車両に装備すると高価格になってしまう電動両側スライドドアを標準で装備しているため、特別感を感じられます。

電動両側スライドドアは、力のない子供や高齢者の方でも簡単にドアの開閉をすることができるので、便利な機能として活躍すること間違いないでしょう。

さらに、角度調整機構付オットマン、座面角度調整、スイング機構付大型ヘッドレスト、角度調整機構付アームレストが装備されており、乗員を快適な乗り心地してくれるので、上質な車内空間を味わえます。

<次のページに続く>
次ページ
マツダ 3代目MPVの特別仕様車「23C L Style」とは?

吉田 恒道|よしだ つねみち

1980年代、大学卒業後ファッション・モード専門誌「WWD Japan」編集部勤務を皮切りに編集者としてのキャリアを積む。その後、90年〜2000年代、中堅出版社ダイヤモンド社の自動車専門誌・副編集長に就く。以降、男性ライフスタイル誌「Straight’」(扶桑社)など複数の男性誌編集長を歴任し独立、フリーランスのエディターに、現職。著書に「シングルモルトの愉しみ方」(学習研究社)がある。

吉田 恒道