日産 GT-R NISMOのトランクにはゴルフバッグが2セット載る!!インテリアをプロが解説

NISSAN GT-R NISMO

NISMOが培ったレーシングテクノロジーをフィードバックし生み出されたのが日産 GT-R NISMOです。

究極のロードゴーイングカーを追求し、外観だけでなく内装のデザインもよりスポーティにアップデートされています。

ここではGT-R NISMOの外装デザインについて解説します。

文・写真/萩原 文博

萩原 文博|はぎはら ふみひろ

1970年生まれ。10代後半で走り屋デビューし、大学在学中に中古車情報誌の編集部にアルバイトとして加入。1995年より編集部員として編集作業に本格的に携わる。中古車の流通、販売店に精通し、「中古車相場師」として活動。2006年からフリーランスの編集者となり、中古車だけでなく、現在は日本で最も多くの広報車両を借り出して取材を行い、新車でもユーザー視点のバイヤーズガイドを中心に、人気車種の動向や流行りの装備の価値評価などを加味した、総合的に買いのクルマ・グレードの紹介をモットーとしている。

萩原 文博
Chapter
GT-R NISMOのインストルメントパネルはより機能性・快適性を向上させている
GT-R NISMOに採用された新開発のレカロシートは、ホールド性抜群
GT-R NISMOのリアシートは、あくまで荷物置き場と割り切るべき
GT-R NISMOのトランクルームは、ゴルフバッグを2セット積める容量を確保

GT-R NISMOのインストルメントパネルはより機能性・快適性を向上させている

標準車のGT-R・GT-R NISMOともに2017年を境にエクステリア・インテリアのデザインを大幅に変更されています。

新デザインのダッシュボードの上部をはじめ、ステアリングホイール、センターアームレストには高品質のアルカンターラレザーを使用しています。

メーターからコンソールまでコックピットを包みこむようにレイアウトすることにで、ドライバー中心の空間を演出しています。

ナビのディスプレイは従来の7インチから8インチへと拡大

カーボン製センターコンソール上にITコマンダーを配置することで、前方へ身を乗り出すことなくモニターを操作できるようになりました。

シフトチェンジを行うパドルシフトは、ステアリングホイール固定タイプに変更され、ドライバーが手を放すことなくシフトチェンジできる操舵角領域が広くなったのが特徴です。

操作力やストローク量だけでなく、操作時のクリック感も最適化し、シフト時の操作感も向上しています。

センターダッシュボードのレイアウトも刷新され、従来モデルでは27個あったスイッチ類がわずか11個と簡素化されています。

GT-R NISMOに採用された新開発のレカロシートは、ホールド性抜群

新開発のレカロシートを搭載し、乗車時の一体感を高めるために肩甲骨から脇腹、骨盤を支えてくれます。

さらに、カーボンシェルにコアフレーム構造を追加することで軽量化と高剛性を両立。

GT-R NISMOのリアシートは、あくまで荷物置き場と割り切るべき

GT-R NISMOにはリアシートは存在しているものの、大人が余裕をもって乗車できる余裕はありません。

リアシートはあくまでも荷物置き場か、緊急時に乗車できるスペースと割り切るべきでしょう。

170cmの大人が乗ると、足元も狭く、ヘッドクリアランスもかなり圧迫感があり移動はかなり困難です。

GT-R NISMOのトランクルームは、ゴルフバッグを2セット積める容量を確保

GT-R NISMOのトランクルームは、標準車同様にゴルフバッグなら2セット、スーツケースでは特AサイズとCサイズを各1個積み込めるスペースを確保しています。

日産 GT-R NISMOは世界のスーパーカーに匹敵するスペックをもちながらも、4名乗車が可能なリアシートを確保し、さらにゴルフバッグを2セット搭載できるトランクルームが用意されています。

スーパースポーツカーというカテゴリーの中では、かなり高い実用性が特徴と言えるでしょう。

【マギー×土屋圭市×R34 GT-R】1000万超のスカイライン R34 GT-Rとマインズ R35 GT-Rを徹底解説&試乗!ワイスピのポール・ウォーカーも訪れた伝説のマインズを体感!

【マギー×土屋圭市】日産 GT-R R35をマギーと土屋圭市が徹底解説!ワイスピのポール・ウォーカーも訪問した伝説のマインズで試乗します!NISSAN GT-R R35 Tuned by Mine's

商品詳細