トヨタ 2代目bBのラゲッジルームはあまり広くない?

bB

今回は、トヨタ 2代目bB(QNC21-BHSGK/QNC20-BHSXK型)のラゲッジルーム(荷室)について、その広さやその使い勝手をご紹介します。

2代目bBはボクシーなエクステリア(外装)が大きな特徴ですが、全長4mに満たないコンパクトなボディの中に、乗用車として要求される様々な要素を満たすための工夫が詰まった一台です。

もちろんラゲッジルームの利便性も高く、フル乗車の状態でも普段使いには不自由しない容量が確保されています。

2代目bBのラゲッジルームをより有効に活用する方法を具体的に掘り下げていきましょう。

トヨタ 2代目bBはシートアレンジによってラゲッジルームを拡大できる

「S煌」「Z煌」のリヤシート(後席)にはスライド機能が付いており、リヤの乗員の足元スペースを拡大できます。逆に足元を狭くすればラゲッジルーム長を延ばすことができるので、フル乗車の状態で少しでも容量を確保したいときは便利です。

またリヤシートバックは、60:40の分割可倒式シートが採用されています。60:40という非対称の割合なので、乗車人数に合わせるだけでなく、リヤに1人乗車するときは、シートの快適性を重視することもラゲッジルームの容量を重視することもできます。

もちろんシートバックを全部倒せばフラットラゲッジモードとして、後部スペース全体をラゲッジ ルームとして使うことも可能です。

助手席を後ろに倒せばロングラゲッジモードへのアレンジも可能で、ドライバーしか乗車しないときや前後に2人乗車するときなどは、長尺物も楽に積めるようになります。

トヨタ 2代目bBに対しては、尖ったクルマというイメージをもつ人が多いかもしれませんが、実際はトールワゴンとして優れた実用性も特徴にもつモデルです。

その特徴は乗車スペースだけでなく、ラゲッジルームにも現れています。またシートアレンジを使いこなすことで、ラゲッジルームとしての使い勝手はさらに高まり、いざというときにも安心です。

2代目bBの中古車購入を検討するユーザーは、どうしても外観上の強いアクセントに目が行きがちですが、ラゲッジルームの性能という視点からとらえるのもおもしろいかもしれません。

あらかじめラゲッジルームのことを知っておけば、2代目bBの特徴をフルに活かし、より実用的に使える一台になるでしょう。