11個のスピーカーを搭載し、イルミネーションがサウンドと連動して輝く?!トヨタ 2代目bBの長所をご紹介

bB

今回は、トヨタ 2代目bB(QNC21-BHSGK/QNC20-BHSXK型)の長所について紹介します。

2代目bBは、未知の可能性を秘めた箱の意味を持つblack BOXをネーミングの由来にもつモデルとして、2005年に誕生しました。

個性的なエクステリア(外装)やインテリア(内装)をもつため、派手なクルマという印象をもつ人も多いかもしれませんが、2代目bBはネーミングの通り箱を意識したボディタイプのクルマです。

そのためコンパクトカーとしての基本がおさえられ、長所が数多くあるモデルに仕上がっているともいえます。

目立つ点・目立たない点を含め、2代目bBの長所にはどんなものがあるのかを、具体的に掘り下げていきます。

Chapter
トヨタ 2代目bBは上位グレードでスピーカーが11個も!
トヨタ 2代目bBはイルミネーションがサウンドと連動して輝く
トヨタ 2代目bBの意外にも実用性に優れた車内スペース

トヨタ 2代目bBは上位グレードでスピーカーが11個も!

トヨタ 2代目bBの最も大きな長所としてあげられるのが、本格的なオーディオ環境です。

クルマ型Music Playerをキーワードに開発された2代目bBは、「S」「Z」ではオーディオレスが標準です。

一方「S煌(きらめき)」「Z煌(きらめき)」の両グレードには、AM/FMラジオ付きのCDプレイヤーが標準装備されます。これはシンプルな操作性と高音質にこだわったもので、MP3やWMA などの圧縮音源も再生可能です。

音の出口となり音質を大きく左右するスピーカーは、オーディオレスの」「S」「Z」でも4スピーカーが標準で装着されます。これが「S煌」「Z煌」になるとスピーカーの数が11に増までえます。

さらに標準オーディオに備わるオーディオモード設定ボタンを押せば、4つのサウンドモードから、 好みやシチュエーションに最適な音にコントロールできるため、オーディオに造詣の深い乗員も満足の音質を味わうことができます。

トヨタ 2代目bBはイルミネーションがサウンドと連動して輝く

トヨタ 2代目bBは優れたオーディオ機能に加え、個性的なエクステリアやインテリアも特徴としています。

2代目bBは箱を基調としたボディに、エアロパーツやメッキ加飾されたフロントグリルなどがグレードにより装着されます。マフラーカッターは全グレードに標準装備され、ギラギラしたイメージとちょいワル感を感じさせるエクステリアになっています。

後ろからのフォルムも箱であることを忘れないどっしりとしたエクステリアになっており、前を走っていれば一目でbBと認識できるくらい特徴的です。

メーター類はセンターメーターを採用することで左右対称を強く意識しており、オーディオ機器を印象づけるとともに乗員の目を引くスタイリッシュなデザインに仕上がっています。

そのインテリアを美しく彩るのがイルミネーション機能で、グレードにより2箇所・11箇所の2種類が使い分けられています。

特に11箇所のイルミネーションを採用する「S煌」「Z煌」の両グレードで は、スピーカーに加えフロントのカップホルダーやドアトリムなども光らせることで、艶やかさをいっそう増しています。

またスピーカーのイルミネーションは音連動式で、サウンドと連動して輝くイルミネーションは、まさにクルマ型Music Playerに相応しい演出となっています。

2代目bBはインパネの質感にもこだわりがあり、インパネクラスターはシルバー加飾かピアノブラックが採用されます。

センタークラスターやパネルのリング部はピアノブラックもしくはブラックカラーで、シフトレバー切替ボタンやインサイドドアハンドルなどは、グレードによりメッキかブラックで彩られています。

<次のページに続く>
次ページ
トヨタ 2代目bBの意外にも実用性に優れた車内スペース