トヨタ 初代カローラスポーツの便利なオプションを紹介

トヨタ 初代カローラスポーツ

トヨタ カローラと聞くと、日本を代表する大衆車をイメージする人が多いでしょう。そのカローラは1969年から2001年まで33年も連続で新車登録台数1位を記録しています。

初代カローラは1966年に誕生しました。2021年3月現在、市場で販売されているのは12代目カローラです。TNGA(Toyota New Global Architecture)と呼ばれる世界統一のプラットフォームを採用し、グローバル戦略の中核車種となっています。

この記事では、12代目カローラの中でも、トヨタ 初代カローラスポーツ(6AA-ZWE213H-BHXNB-Z/6AA-ZWE213H-BHXNB/6AA-ZWE213H-BHXNB-S/3BA-NRE210H-BHXNZ-Z/3BA-NRE210H-BHXNZ/3BA-NRE210H-BHXNZ-S/3BA-NRE210H-BHFNZ-Z/3BA-NRE210H-BHFNZ/3BA-NRE210H-BHFNZ-S/3BA-NRE214H-BHXNZ-Z/3BA-NRE214H-BHXNZ/3BA-NRE214H-BHXNZ-S型)にフォーカスします。

車種の特徴を解説し、便利なオプションについて確認していきます。

Chapter
トヨタ 初代カローラスポーツの特徴を確認
トヨタ 初代カローラスポーツの便利なオプションをチェック
トヨタ 初代カローラスポーツを自分好みにカスタマイズ!

トヨタ 初代カローラスポーツの特徴を確認

トヨタ 初代カローラスポーツは2018年6月に発売されました。12代目カローラの先駆けとして発売されたハッチバックタイプのモデルです。冒頭で述べたとおり、トヨタのグローバル戦略であるTNGAと呼ばれるプラットフォームが採用されたことで注目されました。

全長4,375mm×全幅1,790mm×全高1,460mmの初代カローラスポーツは3ナンバー車です。トヨタ カローラシリーズがこれまで全幅1,700mm以下の5ナンバー車にこだわってきたことを考えると、大きな変化だといえます。

初代カローラスポーツは名前の通り、スポーティーなデザインのエクステリア(外装)が特徴の1台です。動力を1.8L 直列4気筒エンジン+モーターのハイブリッドタイプと、1.2L 直列4気筒エンジン+ターボチャージャーの2パターンから選択ができます。

インテリア(内装)のスポーツシートはしっかりと体をホールドしてくれるので、快適なドライブを楽しむことが可能です。

トヨタ 初代カローラスポーツの便利なオプションをチェック

トヨタ 初代カローラスポーツには多彩なオプションが設定されています。エクステリアとインテリア、安全装備のオプション設定を確認していきましょう。

初代カローラスポーツにはTRD(Toyota Racing Development)の15インチアルミホイールセットKYOHO SMACK VANISHが装着可能となっています。TRDはトヨタの子会社であるトヨタカスタマイジング&ディペロップメント社が展開する、チューニングパーツのブランドです。

TRDはレースで養った技術を応用したパーツが特徴で、このホイールもスポーツ仕様を彷彿とさせる仕上がりとなっています。エクステリアの見た目にこだわる人にはおすすめのオプションです。

インテリアでオススメのオプションはインテリアイルミネーションです。やわらかなホワイトの灯りが、ドアの開閉に合わせて点灯・減光します。夜間はスモールランプに連動して、足元を照らしてくれるオプションです。1万6,500円とお手頃価格なのも嬉しいポイントといえるでしょう。

安全装備でおすすめのオプションは電子インナーミラーです。バックドアガラス内側に取り付けたカメラの画像をバックミラーのディスプレイに表示します。常にカメラの画像が映し出されるため、リヤシート(後席)の人や、積んだ荷物を気にする必要がなくなるので、便利なオプションです。

カメラの画像が不要な場合は、従来のミラーとしても使用可能となっています。

<次のページに続く>
次ページ
トヨタ 初代カローラスポーツを自分好みにカスタマイズ!

吉田 恒道

1980年代、大学卒業後ファッション・モード専門誌「WWD Japan」編集部勤務を皮切りに編集者としてのキャリアを積む。その後、90年〜2000年代、中堅出版社ダイヤモンド社の自動車専門誌・副編集長に就く。以降、男性ライフスタイル誌「Straight’」(扶桑社)など複数の男性誌編集長を歴任し独立、フリーランスのエディターに、現職。著書に「シングルモルトの愉しみ方」(学習研究社)がある。

吉田 恒道