トヨタ 初代カローラスポーツのラゲッジルームの広さはどれぐらい?

トヨタ 初代カローラスポーツ

トヨタ カローラといえば、1966年に誕生した日本を代表する大衆車です。1969年から2001年まで33年連続で新車登録ランキングにおいて1位を記録するなど、誰もが知っているブランドといえます。

2021年3月現在に販売されているのは、トヨタ 12代目カローラです。今まで全幅が1,700mm以下の5ナンバー車にこだわってきましたが、12代目カローラは3ナンバー車として進化しています。

この記事では、12代目カローラの中でも、ハッチバックタイプのトヨタ 初代カローラスポーツ(6AA-ZWE213H-BHXNB-Z/6AA-ZWE213H-BHXNB/6AA-ZWE213H-BHXNB-S/3BA-NRE210H-BHXNZ-Z/3BA-NRE210H-BHXNZ/3BA-NRE210H-BHXNZ-S/3BA-NRE210H-BHFNZ-Z/3BA-NRE210H-BHFNZ/3BA-NRE210H-BHFNZ-S/3BA-NRE214H-BHXNZ-Z/3BA-NRE214H-BHXNZ/3BA-NRE214H-BHXNZ-S型)に注目します。

車種の簡単な特徴と、ラゲッジルーム(荷室)について解説していきます。

Chapter
トヨタ 初代カローラスポーツはどんなクルマ?
トヨタ 初代カローラスポーツのラゲッジルームを確認!
トヨタ 初代カローラスポーツのラゲッジルームは使い勝手が良い!

トヨタ 初代カローラスポーツはどんなクルマ?

トヨタ 初代カローラスポーツは2018年6月に日本で発売されたトヨタ 12代目カローラの1モデルです。冒頭でも述べた通り、カローラシリーズで初めて3ナンバー車として登場したことでも話題となりました。

カローラシリーズは日本だけではなく、全世界で愛用されています。そのため、各地で仕様が異なっていましたが、生産の合理性を高める目的でトヨタではTNGA(Toyota New Global Architecture)と呼ばれる世界統一のプラットフォームを開発。初代カローラスポーツにはTNGAが採用され、グローバル戦略の目玉車種となっています。

初代カローラスポーツは全長4,375mm×全幅1,790mm×全高1,460mmのサイズ感です。動力を1.8L 直列4気筒エンジン+モーターのハイブリッドタイプと、1.2L 直列4気筒エンジン+ターボチャージャーの2タイプから選ぶことができます。

初代カローラスポーツはシンプルでスポーティなデザインのエクステリア(外装)が特徴的な1台です。スポーツシートとサスペンションのこだわりにより、心地よい走りをドライバーに提供します。

トヨタ 初代カローラスポーツのラゲッジルームを確認!

ここからはトヨタ 初代カローラスポーツのラゲッジルームに注目していきましょう。

5ナンバー車から3ナンバー車に進化しており、ラゲッジルームにも余裕ができました。ハッチバックドアの左右に設置されたガススプリングにより、楽々にラゲッジルームにアクセス可能となっています。

初代カローラスポーツのラゲッジルームは最大容量352Lを誇ります。これは9.5インチのゴルフバッグを2個積むことができる程の大きさです。リヤシート(後席)が60:40の可倒式シートとなっており、人が乗らない場合は倒すことができます。

リヤシートを倒すことによって、ゴルフバックなどの長尺な荷物を縦にして置くことができるのも嬉しいポイントです。このリヤシートはラゲッジルームからでもワンタッチで倒すことができます。後部座席に乗り込む必要がないので、使い勝手が良いといえるでしょう。

初代カローラスポーツのラゲッジルームはタイヤルームの張り出しが少なく、フラットなスペースが特徴的といえます。積む荷物を選ばず、楽々と収納することができるでしょう。

トヨタ 初代カローラスポーツのラゲッジルームは使い勝手が良い!

トヨタ 初代カローラスポーツの2WD車にはオプション設定で、ラゲッジルームには床面の高さを2段階に調節できる機能が備わっています。この機能が非常に使い勝手が良く、このオプションを4:2:4分割アジャスタブルデッキボードと言います。

アジャスタブルデッキボードを下段ポジションにすると、ラゲッジルームが深くなり、より多くの荷物を収納可能です。上段ポジションにすると、下段フロアとの間にスペースが生まれるので、普段は使わないレジャーシートなどを格納するのに便利だといえるでしょう。

アジャスタブルデッキボードは軽量なので、女性でも簡単に開閉することが可能です。

また、初代カローラスポーツのラゲッジルーム下部にはタイヤがパンクした時に備えて、パンクの応急修理キットが格納されています。万が一、タイヤがパンクした時にも安心の装備といえるでしょう。

トヨタ 初代カローラスポーツはカローラシリーズ初の3ナンバー車であり、今後のカローラシリーズを占う1台といえます。

初代カローラスポーツは走行性能だけではなく、ラゲッジルームなどの収納性にもこだわった1台です。ラゲッジルームは大容量で使い勝手が良く、リヤシートを倒すことで長尺の荷物も楽々と収納できます。

走ることだけでなく、機能性もこだわりぬかれた初代カローラスポーツを体験してみてはどうでしょうか。

※ 2021年3月現在

PBKK

東京都港区北青山に本社を置く自動車業界を専門としたクリエイティブエージェンシー。複数の自動車メディアへのコンテンツ配信をおこなうほか、
自動車メーカーなどへ向けた動画コンテンツ制作、ウェブサイト制作、デジタルマーケティング支援などを一貫して行う。

PBKK