マセラティ 3代目ギブリ(MG30C/MG30D/MG30A/MG30AA型)の乗り心地はハード?それともソフト?

マセラティ 3代目ギブリ

今回は、マセラティ 3代目ギブリ(MG30C/MG30D/MG30A/MG30AA型)の乗り心地や、特徴に焦点をあててご紹介していきます。走行性能と快適性を両立させた高級セダンとして登場した3代目ギブリの乗り心地は、果たしてどのようなものなのでしょうか?

あらゆる面で進化を遂げた3代目ギブリの走行性能に着目し、乗り心地についても確認していきましょう。

Chapter
歴代のマセラティ ギブリをチェック!
マセラティ 3代目ギブリの乗り心地を左右するシートを確認!
マセラティ 3代目ギブリは電子制御ダンパーを採用!
マセラティ 3代目ギブリの乗り心地はモードで切り替え可能!

歴代のマセラティ ギブリをチェック!

マセラティ ギブリがこの世に誕生したのは1966年。イタリアの天才デザイナーであるジョルジェット・ジウジアーロ氏がデザインを手がけました。

ロングノーズでファストバックスタイルが印象的なのが、初代ギブリです。スーパーカーブームの火付け役ともされる1台として有名ですが、圧巻なのは搭載されていた4.7LのV8エンジンでしょう。爆発的な加速力で多くのファンを魅了しました。

2代目ギブリは1992年に誕生しました。フロントに2.8LのV6エンジンを搭載し、インテリア(内装)にはレザーやウッドトリムが多く使用されたことで高級感が高まった1台です。マセラティらしい走行性能とラグジュアリー感を両立させており、今でもギブリⅡの愛称でファンの間で人気があります。

2013年には現行モデルであるマセラティ 3代目ギブリが登場します。最大の特徴は過去のモデルと比較して最大のサイズ感であるという点です。全長4,985mm×全幅1,945㎜×全高1,485㎜の大型スポーツセダンとして登場しました。


全長5,000㎜にも迫る大きさにも関わらず、マセラティらしい走行性能は健在です。ガソリン仕様とディーゼル仕様の2種類から選ぶことができる3.0LのV6エンジンを搭載し、最上級モデルである「ギブリ S Q4」は最高速度286km/hを誇ります。

マセラティ 3代目ギブリの乗り心地を左右するシートを確認!

マセラティ 3代目ギブリではグランルッソグランスポーツというトリムオプションが選択可能です。グランルッソには12ウェイ電動調節式フロントシート(前席)が採用されており、シートの位置や角度など細かく設定できます。

グランスポーツも12ウェイで電動調節式ができるシートが採用されていますが、スポーツシートが標準仕様となっていることが注目すべきポイントです。ヘッドレストが一体型となっており、深さのある座面と厚みのあるシートクッション、立体的なサイドサポートで、しっかりと体がホールドされるので、乗り心地の向上につながっています。

3代目ギブリのフロントシートは、12ウェイの電動調節機能以外にも4ウェイのランバーサポートが標準されています。長距離のドライブでも腰などへの負担を最大限軽減することが可能です。

<次のページに続く>
次ページ
マセラティ 3代目ギブリは電子制御ダンパーを採用!

吉田 恒道|よしだ つねみち

1980年代、大学卒業後ファッション・モード専門誌「WWD Japan」編集部勤務を皮切りに編集者としてのキャリアを積む。その後、90年〜2000年代、中堅出版社ダイヤモンド社の自動車専門誌・副編集長に就く。以降、男性ライフスタイル誌「Straight’」(扶桑社)など複数の男性誌編集長を歴任し独立、フリーランスのエディターに、現職。著書に「シングルモルトの愉しみ方」(学習研究社)がある。

吉田 恒道