トヨタ RAV4のエクステリア(外装)やデザイン【プロ徹底解説】

トヨタ RAV4 HV G

トヨタは最も小さなボディサイズのライズからフラッグシップモデルのランドクルーザーまで、実に7車種という多彩なSUVラインアップを誇り、どのクラスでも人気ナンバー1に輝いています。

これだけ充実したSUVの中で人気モデルとなっているRAV4の外観デザインについて解説していきます。

文/写真・萩原 文博

萩原 文博|はぎはら ふみひろ

1970年生まれ。10代後半で走り屋デビューし、大学在学中に中古車情報誌の編集部にアルバイトとして加入。1995年より編集部員として編集作業に本格的に携わる。中古車の流通、販売店に精通し、「中古車相場師」として活動。2006年からフリーランスの編集者となり、中古車だけでなく、現在は日本で最も多くの広報車両を借り出して取材を行い、新車でもユーザー視点のバイヤーズガイドを中心に、人気車種の動向や流行りの装備の価値評価などを加味した、総合的に買いのクルマ・グレードの紹介をモットーとしている。

萩原 文博
Chapter
トヨタ RAV4のデザインコンセプトは「Adventure&Refined」
トヨタ RAV4のフロントマスク
トヨタ RAV4のサイドビュー
トヨタ RAV4のリヤビュー

トヨタ RAV4のデザインコンセプトは「Adventure&Refined」

現行型RAV4の外観デザインは、デザインコンセプトである「Adventure&Refined」に基づき、「アクティブで力強いワクドキ感(Adventure)」と「都会にも似合う洗練さ(Refined)」を併せ持つデザインを実現しています。その造形テーマとなったのが、幾何学形状の八角形(オクタゴン)2つを90度ずらしてはめ合わせた「クロスオクタゴン」です。

さらに外観の随所に多角形を織り込むことで、タフさと安定感のある個性的なデザインを表現しました。曲線を多用したスタイリッシュなSUVが増える中で、直線的で無骨なデザインを採用したRAV4のデザインは新鮮さを感じます。

そしてボディカラーは全8色を用意し、アドベンチャー専用色としてネイチャーカラーのアーバンカーキとシアンメタリックを採用。またアドベンチャーにはルーフをアッシュグレーメタリックに塗装したツートーンカラーのボディも設定されています。

トヨタ RAV4のフロントマスク

※ 写真のグレードはハイブリッド G

RAV4のモデルの中で、最もオフロードイメージを象徴しているグレードが2Lガソリン車に設定されているアドベンチャーです。このアドベンチャーは力強い押し出し感を表現する専用のフロントグリルとシルバー加飾を施されたフロントスキッド、プレートそしてボディのリフトアップ感を強める専用のフロントバンパーとフォグランプを装備。

さらに専用デザインの19インチアルミホイール、大型化したホイールアーチモールによって足回りの力強さを強調するなどRAV4のタフギア感を演出するオフロードイメージの強化を図っています。

トヨタ RAV4のサイドビュー

造形テーマである「クロスオクタゴン」を成立させるために、サイドビューでは力強い八角形を訴求するため太いDピラーを採用。また、2つの八角形がクロスするリアドアにはくびれをつくりメリハリのあるボディを実現しています。さらにブラックのホイールアーチモールも八角形とするなどこだわりが随所に見られます。

トヨタ RAV4のリヤビュー

リアビューでは、バックドアガーニッシュそして水平基調のリアコンビネーションランプによって、安定感そしてワイド感を強調しています。一部グレードを除き、リアのスキッドプレートもシルバー塗装され、タフギア感を演出しています。

そしてリアクォーターガラスの拡大やリアドア後部のピラー断面を小さくすることで、斜め後方の視界を確保するなどデザイン面と実用性を兼ね備えています。

スタイリッシュでカッコイイSUVが多くなっている中で、RAV4の高い悪路走破性という機能性を外観デザインでストレートに表現していると言えるでしょう。八角形というモチーフに加えて、直線を多用した外観はRAV4の高い機動性を表現しています。

RAV4やジムニーなどの直線的で無骨なデザインが、現在では個性的として高く評価されているようです。

オフロード テイストな内外装【トヨタ RAV4 アドベンチャー】マイナーチェンジ 前もイケてる! 太田麻美 が気に入った 中古車 を徹底解説

【動画・土屋圭市が提案?若い人はRAV4を買え?!】伝説の5冠元RQ藤木由貴とモータージャーナリスト工藤貴宏が24分徹底解説!

商品詳細