メルセデス・ベンツ 2代目AMG Gクラスの現行モデルとモデルチェンジ前の違い!

メルセデス・ベンツ 2代目AMG Gクラス

※この記事には広告が含まれます

メルセデス・ベンツ 2代目AMG Gクラス(3DA-463349/3BA-463260/3BA-463276型)では、フルモデルチェンジにあたって、初代Gクラスからすると走行能力や安全性能をはじめ、その他機能やサービス面のさまざまなところで変更や追加されたものがあります。

そこで今回は、どのような部分に変化があったのかを紹介していきます。

吉田 恒道|よしだ つねみち

1980年代、大学卒業後ファッション・モード専門誌「WWD Japan」編集部勤務を皮切りに編集者としてのキャリアを積む。その後、90年〜2000年代、中堅出版社ダイヤモンド社の自動車専門誌・副編集長に就く。以降、男性ライフスタイル誌「Straight’」(扶桑社)など複数の男性誌編集長を歴任し独立、フリーランスのエディターに、現職。著書に「シングルモルトの愉しみ方」(学習研究社)がある。

吉田 恒道
Chapter
メルセデス・ベンツ 2代目AMG Gクラスの構造の変化
メルセデス・ベンツ 2代目AMG Gクラスの進化したエクステリアとインテリア
メルセデス・ベンツ 2代目AMG Gクラスに追加された安全性能とサービス

メルセデス・ベンツ 2代目AMG Gクラスの構造の変化

メルセデス・ベンツ 2代目AMG Gクラスは初代Gクラスよりも全体的に寸法が大きく設計されており、初代Gクラスが全長4,575mm×全幅1,860mm×全高1,950〜1,970mmに対し、2代目AMG Gクラスでは全長4,660〜4,665mm×全幅1,930〜1,985mm×全高1,975mmと、それぞれ数値が大きくなっており、ゆとりのある車内になっています。

ボディーには高強度・超高硬度スチールを使用し、フェンダーやボンネット、ドアといった部分は、アルミニウム製にすることで約170㎏軽量化しています。

その他にも悪路からの干渉を減少させるために、ボディー下面をフラットにしたり、ロードクリアランス、アプローチアングルにデパーチャーアングルなどに変更を加えることで、オフロード性能を向上させています。そしてサスペンション面では、フロントに独立懸架サスペンション、リアにはリジッドサスペンションを採用しています。

パワートレイン面では、「G 350 d 」では3.0L直列6気筒直噴ターボディーゼルエンジンを、「G 550」ではエンジンが4.0L V型8気筒直噴ツインターボエンジンが搭載され、環境性能を高めると共に、素早いレスポンスや、強力なパワーとトルクを手にしています。

また、トランスミッションは9速ATとなり、変速の滑らかさを手にし、それにより高い静粛性と燃費の向上を実現しています。

メルセデス・ベンツ 2代目AMG Gクラスの進化したエクステリアとインテリア

エクステリア(外装)では、ヘッドライトにおいて、前者や対向車を眩しくさせないよう制御するマルチビームLEDヘッドライトが採用され、ハイビームでも同様の制御を行ってくれるアダプティブハイビームアシスト・プラスが搭載されています。さらに、リアのランプにはLEDリアコンビネーションランプが採用されています。

インテリア(内装)では、エンジンスタートがプッシュボタンに変更されています。そして、メーター速度などの表示をするコックピットディスプレイと、オーディオナビとしての役割やその他機能設定などができるCOMANDディスプレイが一体になったワイドディスプレイがあります。

また、操作に関してはステアリング両脇にあるタッチコントロールで行います。上下左右のスワイプで操作ができ、その他にも音声認識機能や通話対応、音量調整といったすべての機能を操ることができます。

操作に関してはその他に、センターコンソールにあるタッチパッドや、その先端にあるダイヤルコントローラーでも操作が可能です。従来あったシフトレバーはステアリング裏に、パーキングブレーキスイッチはライトスイッチの下に移設しています。

メルセデス・ベンツ 2代目AMG Gクラスに追加された安全性能とサービス

メルセデス・ベンツ 2代目AMG Gクラスの安全性能においては、車間距離を自動でキープするアクティブスタンスアシスト・ディストロニックや、斜め後ろの死角のサポートをしてくれるブラインドスポットアシストに、車線逸脱を防止するアクティブブレーンキーピングアシストが装備されています。

他にも、前車や歩行者との衝突回避をアシストしてくれるアクティブブレーキアシスト、その他にもトラフィックサインアシストにアテンションアシスト、リアクロストラフィックアラートやドライブアウェイアシストなどさまざまな安全機能が追加されています。

そして、Mercedes me connectはさまざまなサービスを受けることができます。例えば、事故を起こしてしまった場合、もしくはオーバーヘッドコントロールパネルにあるSOSボタンを押すと、位置情報と共にコールセンターへ繋がります。

また、クルマが走行不能になった際は、同じくオーバーヘッドコントロールパネルにあるMercedes meボタンを押すと、オペレーターに繋がり、応急処置の方法や、けん引の手配といった対応を取ってくれます。
メルセデス・ベンツ 2代目AMG Gクラスは、デザインや走行能力はもちろん、その他の機能においてもさまざまな進化を遂げ、使い勝手が格段によくなっています。安全性能やサービスでも助かるサポートが用意され、素晴らしい内容のフルモデルチェンジと言えるでしょう。

※ 2021年1月現在
【お得情報あり】CarMe & CARPRIMEのLINEに登録する

商品詳細