メルセデス・ベンツ 2代目AMG Gクラスのインパネは機能が充実!

メルセデス・ベンツ 2代目AMG Gクラス

メルセデス・ベンツ 2代目AMG Gクラス(3DA-463349/3BA-463260/3BA-463276型)は、G manufakturプログラムでインテリア(内装)のカスタマイズ性を高めていますが、更なる自分らしさを表現できる機能がインパネにも備わっているので、ここでは、その他の機能も合わせて、どのようなことができるのかをご紹介します。

吉田 恒道|よしだ つねみち

1980年代、大学卒業後ファッション・モード専門誌「WWD Japan」編集部勤務を皮切りに編集者としてのキャリアを積む。その後、90年〜2000年代、中堅出版社ダイヤモンド社の自動車専門誌・副編集長に就く。以降、男性ライフスタイル誌「Straight’」(扶桑社)など複数の男性誌編集長を歴任し独立、フリーランスのエディターに、現職。著書に「シングルモルトの愉しみ方」(学習研究社)がある。

吉田 恒道
Chapter
メルセデス・ベンツ 2代目AMG Gクラスの便利なCOMANDシステム
メルセデス・ベンツ 2代目AMG Gクラスにおしゃれを生み出すインパネデザイン
メルセデス・ベンツ 2代目AMG Gクラスの性能を引き出すセンターコンソール周り

メルセデス・ベンツ 2代目AMG Gクラスの便利なCOMANDシステム

メルセデス・ベンツ 2代目AMG Gクラスには、コックピットディスプレイとCOMANDディスプレイの、双方12.3インチの広いモニターが一体型になったワイドディスプレイが採用されています。

最先端のインフォテインメントと称しており、視認性の良さや音声認識機能に、ステアリングから手を離さずにすべての操作ができるといった、優れた使い勝手の良さを誇っています。

ステアリング左右には、上下左右のスワイプで操作ができるタッチコントロールボタンがついており、運転席側がコックピットディスプレイ、助手席側がCOMANDディスプレイのメニュー操作ができます。

ステアリングが左右どちらかに設置されているかで位置は入れ替わりますが、モニターの位置と同方向なので、感覚的に操作がしやすく迷いにくい工夫がされています。

また、オーディオやナビを表示するCOMANDディスプレイの操作は、シフトレバー上面にあるタッチパッドでスマートフォンのようなスワイプ操作が可能となっており、その他にも奥にあるダイヤルタイプのコントローラーでの操作ができたりと、多彩な操作機能といった面でも楽しめます。

さらに、Apple CarPlayとAndroid Autoにも対応していますので、対応のスマートフォンを接続すれば、COMANDディスプレイ上でアプリの操作が可能となり、もちろんタッチコントロールボタンやタッチパッドでの操作も可能です。

メルセデス・ベンツ 2代目AMG Gクラスにおしゃれを生み出すインパネデザイン

メルセデス・ベンツ 2代目AMG Gクラスのインパネは見た目のおしゃれさだけでなく、車内の雰囲気を作りだす機能も備えているのでご紹介します。

まずは見た目ですが、先進のコックピットディスプレイに、独特なデザインのエアコン吹き出し口の下には、中央にクラシック感の漂うアナログ時計がついていたり、インテリアトリムは標準装備でもウッド調仕様だったりと、おしゃれなセンターパネルに仕上げられています。

そして、車内の雰囲気作りはアンビエントライトシステムを使用します。これはLEDの間接照明を設定できる機能となっており、ドアやダッシュボード、センターコンソールなどの照明を64色の中から選択可能となっています。

明るさやフロントシート/リアシートなどの範囲を設定したり、10通りのカラーコンビネーションや、その間隔を定めるアニメーション設定だったり、その他にも、車両が開錠すると作動するウェルカムライティングといった設定に、エアコンの温度調整時にも作動する設定など、さまざまな調整が可能で、自由に雰囲気を演出することができます。

また、コックピットディスプレイのデザインもスポーティやクラシック、プログレッシブの3パターンから選択することができ、とにかく幅広いカスタマイズ性があります。

メルセデス・ベンツ 2代目AMG Gクラスの性能を引き出すセンターコンソール周り

メルセデス・ベンツ 2代目AMG Gクラスのインパネには、走行能力を高めるための操作スイッチも備え付けられていますので、その機能をご紹介します。

急な勾配の道や、一輪しか接地しないような厳しい道の走行をサポートするために、3つの電子制御ディファレンシャルロックスイッチが、エアコンの吹き出し口の間に備わっています。センター、リア、フロントの順でディファレンシャルのロックを操作することが可能となっており、作動中はスイッチの表示灯が点灯します。

そしてシフトノブ左側には、様々な走行モードに切り替えができるダイナミックセレクトがあります。

標準設定のComfortモードに、燃費を意識したEcoモード、スポーティーな走りに切り替えるSportモードや、砂地での最適な駆動力を引き出してくれるDesertモードと、各モードごとにエンジンやトランスミッション、ステアリングアシストといった面での最適な設定がされています。

さらに、あらかじめ設定されたモードに加えて、自由に自分好みのオリジナル設定ができるIndividualモードもあり、いろいろな走り方を楽しむことができます。

メルセデス・ベンツ 2代目AMG Gクラスのインパネは、高性能なCOMANDシステムをはじめ、車内のおしゃれや走行能力の切り替えなど、カスタマイズ力に富んだインパネとなっており、走りはもちろん、あらゆる方向で楽しむことが出来るクルマとなっています。

※ 2020年12月現在

商品詳細