ジャガー 2代目XF(JB2型)の乗り心地はいかに!?

ジャガー 2代目XF

今回はジャガー 2代目XF(JB2XC/JBS2XC/JBS2NC型)の乗り心地について紹介します。

スポーティーさの際立つエクステリア(外装)と洗練されたインテリア(内装)を兼ね備えた2代目XFは、セダンモデルの「XF SALOON」とステーションワゴンモデルの「XF SPORTBRAKE」の2つのタイプを展開するジャガーの人気のEセグメント車です。

そんな2代目XFの乗り心地はどうなっているのでしょうか。

Chapter
ジャガー 2代目XFの室内は広々!
ジャガー 2代目XFは走りも快適!
ジャガー 2代目XFの室内には充実の機能が!

ジャガー 2代目XFの室内は広々!

まずはジャガー 2代目XFの室内のサイズから見ていきます。

室内のサイズは「XF SALOON」がフロントヘッドルームが953mm、リアヘッドルームが970mm、フロント最大レッグルームが1,054mm、リア最大レッグルームが957mmとなっています。

「XF SPORTBRAKE」はフロントヘッドルームが989mm、リアヘッドルームが991mm、フロント最大レッグルーム1,054mmが、リア最大レッグルームが957mmとなっており、どちらもゆとりのある室内空間を有しています。

フロントシート(前席)には12ウェイ電動フロントシートを採用しています。クッションの高さやクッションチルト、リクライニングなどを自由に調整でき、乗車する人の好みに合わせたシートにアレンジ可能です。12ウェイ電動シートは運転席だけでなく助手席にも増備されており、助手席に乗った方も好みに合わせたシートアレンジができます。

リアシート(後席)は座面に角度がついていることでより深く腰掛けることができ、足元にもゆとりのあるスペースが確保されています。頭上にも広々としたスペースが確保されており、成人男性でも快適に過ごすことができるでしょう。

また、ラゲッジルーム(荷室)は「XF SALOON」で459L、「XF SPORTBRAKE」で745Lもの積載力を誇ります。「XF SPORTBRAKE」ではリアシートに40:20:40分割可倒式のものが採用されており、用途に合わせてシートアレンジすることでラゲッジルームを拡大できます。このシートは「XF SALOON」でもオプションで装備可能です。

ジャガー 2代目XFは走りも快適!

ジャガー 2代目XFの心臓部には高度なエンジニアリングを投入したガソリンエンジンまたはマイルドハイブリッドディーゼルエンジンを搭載しています。マイルドハイブリッドエンジンには減速エネルギー回生システムを新たに採用し、これまで以上に優れた効率性を実現しています。

2代目XFでは「コンフォート」「エコ」「ダイナミック」「雨/氷/雪」の4つのドライブモードがあり、天候や道路状況、ドライバーの気分に合わせて最適なモードを選べます。

ブレーキにはタイトなコーナーでその真価を発揮するトルクベクタリングバイブレーキを採用しています。ブレーキシステムで左右のリアホイールのパワーデリバリーを調整し、ハンドリングを安定させてくれます。

コーナリングステアを修正してドライバーの意図した進路を追従できるサポートをしてくれ、厳しい天候時にも変わらぬ性能を発揮します。

このように、2代目XFには走りを快適にするための機能が備わっており、誰でも安心して運転することのできるクルマとなっています。

ジャガー 2代目XFの室内には充実の機能が!

ここまででジャガー 2代目XFには広い室内と、快適な走りを実現するための機能が備わっていることがわかりましたが、2代目XFの室内にはまだまだ充実の機能が備わっています。

センターコンソールにはドリンクホルダーが装備されており、運転席と助手席どちらからでも利用しやすいものとなっています。フロントシート両側のドアにも水筒やペットボトル、折り畳み傘などを収納するのにぴったりなスペースが確保されています。

また、センターコンソールにはスマートフォンを置くのにぴったりのスペースがあり、オプションでワイヤレス充電機能をつければスマートフォンを置いておくだけで充電することができます。

インパネ中央にはジャガーの車内インフォテインメントシステムPivi Proが装備されています。Pivi Proは頻繁に利用する操作の80%を少ない操作で行え、メニューを探す手間などがかかりません。Pivi Proのスクリーンはタッチスクリーンになっており、スマートフォンのような直感的な操作が可能です。

この他にも、2代目XFはコネクティッドサービスにも対応しています。リモートアプリを使用することでスマートフォンからいつでも車両の位置確認や乗車前に車内の温度設定などを変更することもできます。

今回はジャガー 2代目XFの乗り心地について紹介しました。

2代目XFの室内はただ広いだけでなく、乗車した人が快適に過ごすための機能が備わっていることがわかりました。

センターコンソールにはドリンクホルダーとオプションでスマートフォンのワイヤレス充電機能を付けられますが、この他にもリアシート用のエアコンの吹き出し口も装備されています。エアコンの温度や風量はリアシートからでも変更できるため、快適性は抜群です。

ジャガー 2代目XFは快適な走行性能と使い勝手の良い室内空間とその装備により、とても乗り心地の良い1台であると言えそうです。

※ 2020年12月現在

吉田 恒道|よしだ つねみち

1980年代、大学卒業後ファッション・モード専門誌「WWD Japan」編集部勤務を皮切りに編集者としてのキャリアを積む。その後、90年〜2000年代、中堅出版社ダイヤモンド社の自動車専門誌・副編集長に就く。以降、男性ライフスタイル誌「Straight’」(扶桑社)など複数の男性誌編集長を歴任し独立、フリーランスのエディターに、現職。著書に「シングルモルトの愉しみ方」(学習研究社)がある。

吉田 恒道
商品詳細