プジョー 2代目5008(P875G06/P87AH01型)の長所(メリット)は?

2017年9月より発売されているプジョー 2代目5008(P875G06/P87AH01型)は、初代のミニバンタイプからSUVへ変更されており、車体のサイズを大きくして3列7席を維持しての設計となっています。

全座席完全独立型という特徴や、進化したi-Cockpitの搭載に、モデルチェンジこそはないものの、少しずつ改定を行って性能を上げている2代目5008には、どのような長所があるのかをご紹介します。

Chapter
プジョー 2代目5008のラゲッジルーム(荷室)容量はトップクラス!
プジョー 2代目5008の安全性能は標準装備されている!
プジョー 2代目5008は車内のカスタマイズがおもしろい!

プジョー 2代目5008のラゲッジルーム(荷室)容量はトップクラス!

プジョー 2代目5008の大きな特徴のひとつとして挙げられるのが、ラゲッジルーム容量の大きさです。全座席が独立しているので、荷物の量や形に合わせてのシートアレンジが可能で、その使い勝手の良さも優れています。

サードシートを倒すと702Lの容量となっており、同クラスのマツダ CX-8では同じようにサードシートを倒しての容量が572Lなので、2代目5008がいかに容量が大きいかわかります。しかも車体のサイズで比べれば、CX-8の方が全長260mm、全高では80mm大きいので驚きです。

これに加え、セカンドシートまでも倒してしまえば、容量1,862Lと、圧巻のラゲッジルームを生み出します。また、助手席まで倒すことによって約3.2メートルの長尺物を載せることも可能です。

長尺物を載せるための開口部も広く作られており、荷物を積みやすいよう低い位置に設計されています。また、テールゲートの開閉はリアバンパー下に足を通せば、自動で開いてくれるハンズフリー機能が標準装備で搭載されています。

このような広いラゲッジルームやハンズフリー機能は引っ越しのように荷物をたくさん載せるようなときや、車中泊などでも活躍してくれます。

また、床面はセカンドシート、サードシート共に隙間を埋めるためのカバーがあるので、それを被せることでフラットな状態を作り出すことが出来ます。セカンドシート側はマグネット式で、サードシート側は折りたたみ式なので脱着もカンタンです。

プジョー 2代目5008の安全性能は標準装備されている!

プジョー 2代目5008には数々の先進運転支援システムが全グレード共通で標準装備となっています。

ブレーキ関連ではアクティブセーフティブレーキや、エレクトリックパーキングブレーキに、ヒルスタートアシスタンスといった機能が搭載されています。インパネや警報面では、スピードリミットインフォメーションや、ディスタンスアラートに、ドライバーアテンションアラートといった機能があり、異常を感じると事前に警告をしてくれます。

ハンドルや速度の制御といった面で、レーンキープアシストや、アクティブブラインドスポットモニターシステムに、アクティブクルーズコントロールといった機能があります。

また、安全性能が標準装備として備わっていることは、グレード選択時の比較対象のネックにもならないというのも大きなポイントです。

唯一、ファーストクラスパッケージのオプションに組み込まれているのがパークアシストです。駐車時のハンドル操作を自動で行ってくれる機能ですが、フロントカメラが必要となっていますので、オプション内でセットとなっています。

プジョー 2代目5008は車内のカスタマイズがおもしろい!

プジョー 2代目5008に搭載されているi-Cockpitですが、運転サポート性能の良さだけでなく、カスタマイズ性という面でも楽しませてくれます。デジタルヘッドアップインストルメントパネルはメーターの表示を4パターンの中から選択することが可能で、さらにはメーターパネルの色も変更が出来ます。

そして、一風変わったカスタマイズがi-Cockpitアンプリファイです。こちらはあらかじめ、パフューム、照明、アンビエンス、ダイナミック、アクティブランバーサポートの項目を設定しておき、そのときの気分によって好みの設定を呼び出すといった使い方で、間接的に運転を楽しませてくれます。設定の登録はRelaxとBoostの2種類になっています。

パフューム機能のパルファムエアフレッシュナーは、グローブボックス内にカートリッジが装着されており、3種類までセットすることが出来ます。もちろんi-Cockpitアンプリファイの操作でなくても単体で作動することも可能です。

プジョー 2代目5008の長所を紹介するにあたって、ラゲッジルームの容量は外すことが出来ません。サードシートの座り心地という弱いポイントもありますが、人を乗せることより荷物を載せる機会が多い方にとっては、そのようなことは気にならなくなるほど魅力的なポイントでしょう。

また、間接的に運転を楽しむための工夫なども取り入れられていて、乗り手を飽きさせないクルマです。

※ 2020年12月現在

PBKK

東京都港区北青山に本社を置く自動車業界を専門としたクリエイティブエージェンシー。複数の自動車メディアへのコンテンツ配信をおこなうほか、
自動車メーカーなどへ向けた動画コンテンツ制作、ウェブサイト制作、デジタルマーケティング支援などを一貫して行う。

PBKK