トヨタ 初代ピクシス バンの収納機能は利便性が抜群!

トヨタ 初代ピクシス バン

※この記事には広告が含まれます

今回は、トヨタ 初代ピクシス バンの収納機能について紹介します。

初代ピクシス バンはセミキャブオーバータイプの軽バンで、広い車内スペースをもつため多くの荷物を積むことができます。また収納機能も充実しており、広いラゲッジルーム(荷室)と上手に使い分けることで、より便利に使いこなせるようになります。

ここでは小物の収納スペースやラゲッジルームに加え、より上手に使いこなすコツなど様々な側面から、初代ピクシス バンの収納機能を具体的に掘り下げていきましょう。

吉田 恒道|よしだ つねみち

1980年代、大学卒業後ファッション・モード専門誌「WWD Japan」編集部勤務を皮切りに編集者としてのキャリアを積む。その後、90年〜2000年代、中堅出版社ダイヤモンド社の自動車専門誌・副編集長に就く。以降、男性ライフスタイル誌「Straight’」(扶桑社)など複数の男性誌編集長を歴任し独立、フリーランスのエディターに、現職。著書に「シングルモルトの愉しみ方」(学習研究社)がある。

吉田 恒道
Chapter
トヨタ 初代ピクシス バンの収納スペースは?
トヨタ 初代ピクシス バンはシートアレンジで収納機能アップ!
トヨタ 初代ピクシス バンの収納機能をさらにアップさせるアクセサリーは?

トヨタ 初代ピクシス バンの収納スペースは?

トヨタ 初代ピクシス バンは、4ナンバー登録の貨物車として主にビジネス用途を想定して開発され、より多くの荷物を積んで運ぶという目的があります。

そのため広大なラゲッジルームをもっているのが特徴ですが、仕事の効率アップにつながる多彩な収納スペースも自慢のひとつです。小物は収納スペースに入れラゲッジルームには大きな荷物だけ積載することで、車内をより有効に使うことができるようになります。

助手席トレイやセンタートレイ、カードホルダーやペンホルダー、大型グローブボックス、運転席と助手席のカップホルダーなど、基本的な収納機能は用意されているので、収納スペースに不満を感じることはないでしょう。

また一部グレードには、オーバヘッドシェルフやシートバックポケット・デッキサイドポケットなども装備されており、日常における便利さと心地よさが、様々な角度から追求されています。

トヨタ 初代ピクシス バンのラゲッジルームは積みやすい!

トヨタ 初代ピクシス バンの収納について、前項では小物の収納を見てきましたが、ここでは大きな荷物の収納にフォーカスを当て、ラゲッジルームの容量や使い勝手についてみていきましょう。

初代ピクシス バンの「クルーズターボ」「クルーズ」では、4人乗車の場合ラゲッジルーム長860mm、「デラックス」「スペシャル」の場合はラゲッジルーム長955mmと、余裕のある仕様になっています。また、グレードにより多少の違いはありますが、ラゲッジルーム高1,210mm〜1,235mmという大容量のラゲッジルームを特徴としています。

そのため、大きな荷物はもちろん、背の高い荷物を積み込むことも可能です。高さ1,145〜1,155mm、最大幅1,335mmという広い開口部や、635mmの低床フロアという特徴もあり、大きなものや長尺物の積み下ろしも楽に行えます。

トヨタ 初代ピクシス バンはシートアレンジで収納機能アップ!

4人乗車時でも高い収納機能をもっているトヨタ 初代ピクシス バンですが、軽貨物車と呼ばれるだけあり、シートをアレンジすることでさらに収納機能をアップさせることが可能となっております。

初代ピクシス バンは、グレードにより2種類のリアシート(後席)が使い分けられていて、いずれもアレンジ方法はシートバックを倒すというシンプルなものですが、倒すことでフラットなラゲッジルームが現れます。グレードによる違いはありますが、最長でラゲッジルーム長1,860mmという十分な広さが特徴です。

さらに、上級グレードの「クルーズターボ」と「クルーズ」のリアシートはシートバックが分割可倒という特徴があり、乗車人数に合わせた使い方ができます。

また「デラックス」「スペシャル」のフロントシート(前席)は、シートバックを前方に倒すことも可能で、その場合最大ラゲッジルーム長2,630mmとなり、6畳相当のカーペットも積めるようになります。

トヨタ 初代ピクシス バンの収納機能をさらにアップさせるアクセサリーは?

トヨタ 初代ピクシス バンには様々なオプションが設定されています。ここでは、収納機能を高めるものをいくつか見ていきましょう。

オーディオスペースを有効活用できるものとしては、ユースフルボックスがあり、ナビゲーションシステムを取り付けない場合は、オーディオとしてラジオや純正オーディオシステムなどを取り付けることになります。

その場合オーディオ下にスペースができますが、ふた付きのユースフルボックスを付けることで、ブレーキング時に飛び出す心配をせず小物等を収納できるようになります。

インナーポケット付きのシートマルチバッグや一部グレードに取り付け可能な買い物フックは、フロントシートを有効活用するためのアクセサリーです。特にシートマルチバッグは、助手席に使うことでちょっとしたものを放り込んでおけるようになります。

初代ピクシス バンは4ナンバー登録の貨物車のため、荷物を積むという前提で設計されています。荷物というと大きなものを連想しがちですが、小さなものも含めて考えると、収納場所が多いにこしたことはありません。
ここまでトヨタ 初代ピクシス バンの収納機能を様々な角度から見てきましたが、工夫次第で収納機能やラゲッジルームはさらに広がり、使い勝手を高めることが可能です。

改めてカタログとにらめっこしたりディーラーで実車を確認したりして、初代ピクシス バンの魅力に触れてみてはどうでしょうか。 

※ 2020年11月現在
【お得情報あり】CarMe & CARPRIMEのLINEに登録する

商品詳細