日産 3代目エルグランド(TE52/TNE52/PE52/PNE52/型)の12のグレードを徹底比較!おすすめはオーテックグレード!!

日産 3代目エルグランド

高級ミニバンの元祖とも言うべきエルグランドは1997年に登場し、日本のミニバン市場に大きな影響を与えてきました。

そして、日産  3代目エルグランド(TE52/TNE52/PE52/PNE52/型)は、2010年に発売が開始され、先進技術と上質を極めた移動空間をもたらしました。そこで、3代目エルグランドはどのようなモデル構成なのか、グレードをひとつひとつ詳しく解説します。

Chapter
日産 3代目エルグランド 250Highway STAR S【価格:369万4,900円~】
日産 3代目エルグランド 250Highway STAR S Urban CHROME【価格:398万900円~】
日産 3代目エルグランド 250Highway STAR Premium【価格:444万9,500円~】
日産 3代目エルグランド 350Highway STAR【価格:447万8,100円~】
日産 3代目エルグランド 250Highway STAR Premium Urban CHROME【価格:465万8,500円~】
日産 3代目エルグランド 350Highway STAR Urban CHROME【価格:468万7,100円~】
日産 3代目エルグランド 350Highway STAR Premium【価格:505万4,500円~】
日産 3代目エルグランド 350Highway STAR Premium Urban CHROME【価格:526万3,500円~】
日産 3代目エルグランド 3列仕様車VIP【価格:596万5,300円~】
日産 3代目エルグランド 2列仕様車VIP パワーシートパッケージ【価格:759万3,300円~】
日産 3代目エルグランド AUTECH250Highway STAR S【価格:478万600円~】
日産 3代目エルグランド AUTECH350Highway STAR【価格:542万800円~】

日産 3代目エルグランド 250Highway STAR S【価格:369万4,900円~】

「250Highway STAR S」は、エルグランドの中で一番安く購入できるモデルです。

一番安く変えるモデルとはいえ、高級ミニバンであることには変わりがなく、ハイウェイスターの名を冠していることからも装備に不満はありません。

7人乗りと8人乗りを用意しているほか、駆動方式も2WD(2輪駆動)と4WD(4輪駆動)の2種類から選ぶことができます。

安全装備もSRSカーテンエアバッグシステム&運転席・助手席SRSサイドエアバッグシステムが標準装備となるなど、全ての支援システムや衝突安全システムは標準装備です。

価格は369万4,900円~と、エルグランドで一番安く抑えられた価格設定です。

日産 3代目エルグランド 250Highway STAR S Urban CHROME【価格:398万900円~】

「250Highway STAR S Urban CHROME」は、専用パーツで上質感を高めたモデルです。

エクステリア(外装)には、専用のUrban CHROME専用エンブレム、エアロパーツ 漆黒フロントグリル、Urban CHROME専用リヤコンビネーションランプ(クリアブラックタイプ)を装備し、「250Highway STAR S」と差別化を図っています。

インテリア(内装)には、本革巻・木目調コンビステアリング&本革巻シフトノブが装備され、このグレードからワンタッチオートスライドドアが運転席側にも標準装備になります。

価格は、398万900円~と「250Highway STAR S」に比べて28万6,000円高い価格設定です。

<次のページに続く>
次ページ
日産 3代目エルグランド 250Highway STAR Premium【価格:444万9,500円~】

吉田 恒道|よしだ つねみち

1980年代、大学卒業後ファッション・モード専門誌「WWD Japan」編集部勤務を皮切りに編集者としてのキャリアを積む。その後、90年〜2000年代、中堅出版社ダイヤモンド社の自動車専門誌・副編集長に就く。以降、男性ライフスタイル誌「Straight’」(扶桑社)など複数の男性誌編集長を歴任し独立、フリーランスのエディターに、現職。著書に「シングルモルトの愉しみ方」(学習研究社)がある。

吉田 恒道