日産 3代目エクストレイル(T32/NT32/HT32/HNT32型)の10のグレードを徹底比較!おすすめはオーテックグレード!!

日産 3代目エクストレイル

初代エクストレイルが2000年に登場して以来、SUVを牽引してきたエクストレイルは3代目となっても高い人気を誇るモデルです。そして2020年10月に一部仕様変更を行い、新たに販売が開始されます。

そこで日産 3代目エクストレイル(T32/NT32/HT32/HNT32型)の2020年マイナーチェンジ後のモデルはどのようなグレード構成になっているのか、ひとつひとつ詳しく解説します。

日産 3代目エクストレイル AUTECH i Package【価格:358万4,900円~】

「AUTECH i Package」は、「20Xi/20Xi Vセレクション」をベース車両に上質でスポーティーな装いを与えたスポーツモデルです。

AUTECH専用のパーツを内外装に装着し、ベース車両とは異なったスタイルを作り上げています。

フロントには、専用のフロントバンパーやフロントグリルを装着しているので、一目でベース車両とは異なることがわかります。

また、足元も19インチの専用アルミホイールと225/55R19が組み合わされて装着し、標準モデルと差別化が図られています。

価格は358万4,900円~と、ベース車の「20Xi/20Xi Vセレクション」と比べて42万3,500円高い価格設定です。

日産 3代目エクストレイル AUTECH HYBRID i Package【価格:391万4,900円~】

「AUTECH HYBRID i Package」は、20Xi HYBRIDをベースにAUTECHのパーツでカスタムしたモデルです。

AUTECH専用インテリアやAUTECH専用エクステリアでカスタムし、スポーティーで大人のプレミアムな装いはガソリンモデルの「AUTECH i Package」と変わりません。

価格は391万4,900円~と「AUTECH i Package」に比べて33万円高く、ベース車両の「20Xi HYBRID」と比べると50万500円高い価格設定です。

3代目エクストレイルにはさまざまなグレードがラインナップされていますが、なかでも「AUTECH I Package」や「AUTECH HYBRID I Package」は通常グレードよりも迫力あるエクステリアを備えています。

ガソリンエンジンモデルとハイブリッドモデルをラインナップしている点も魅力的ですので、3代目エクストレイルを検討する際には「AUTECH」の2台にも注目してみてくださいね。

※ 2020年10月現在

全シートが撥水仕様【 日産 エクストレイル T32 】SUV 中古車 を徹底解説!桜田莉奈が気に入った理由は、 安い のに充実した機能性?

吉田 恒道|よしだ つねみち

1980年代、大学卒業後ファッション・モード専門誌「WWD Japan」編集部勤務を皮切りに編集者としてのキャリアを積む。その後、90年〜2000年代、中堅出版社ダイヤモンド社の自動車専門誌・副編集長に就く。以降、男性ライフスタイル誌「Straight’」(扶桑社)など複数の男性誌編集長を歴任し独立、フリーランスのエディターに、現職。著書に「シングルモルトの愉しみ方」(学習研究社)がある。

吉田 恒道