日産 新型エクストレイルの全14グレードの違いをチェック【プロ徹底解説】

日産 エクストレイル

新型エクストレイルに搭載されているパワートレインは、e-POWERの1種類です。

しかし、駆動方式は2WDとe-4ORCEと呼ばれる4WDの2種類。そして乗車定員は2列シートの5人乗りと3列シート7人乗りを用意しています。

ここでは新型エクストレイルのグレードによる違いについて紹介します。

文/写真・萩原 文博

Chapter
グレード一覧を紹介

グレード一覧を紹介

S

ボディサイズ全長4,660mm×全幅1,840mm×全高1,720mm
乗車定員5人
車両本体価格319万8800円
エンジン種類1,497cc 直列3気筒DOHCターボ
最高出力106kW/4,400~5,000rpm
最大トルク250Nm/2,400~4,000rpm
モーター種類BM46型
最高出力150kW/4,739~5,623rpm
最大トルク330Nm/0~3,505rpm
新型エクストレイルのエントリーグレードとなるのが、車両本体価格319万8800円のS 2WD車です。Sグレードは2列5人乗り仕様のみとなっています。

S 2WDはインテリジェントエマージェンシーブレーキなどの基本的な運転支援システムは標準装備となっていますが、インテリジェントBSI(後側方衝突防止支援システム)、BSW(後側方車両検知警報)、RCTA(後退時車両検知警報)。さらに、プロパイロット(ナビリンク機能付)、プロパイロット緊急停止支援システム(SOSコール機能付)、SOSコール、プロパイロットパーキング。さらにインテリジェントアラウンドビューモニター(移動物検知機能付)、インテリジェントルームミラーといった運転支援機能が設定されていません。

アドバンスド・ドライブディスプレイは7インチとなり、シート表皮はファブリック。装着されるタイヤサイズは、235/60R18で、18インチアルミホイールが標準装備となります。スマートフォンや電子機器が充電できるUSBソケットは、フロントとリアにタイプAが各1個装着されています。

S e-4ORCE

ボディサイズ全長4,660mm×全幅1,840mm×全高1,720mm
乗車定員5人
車両本体価格347万9300円
エンジン種類1,497cc 直列3気筒DOHCターボ
最高出力106kW/4,400~5,000rpm
最大トルク250Nm/2,400~4,000rpm
フロントモーター種類BM46型
最高出力150kW/4,739~5,623rpm
最大トルク330Nm/0~3,505rpm
リアモーター種類MM48型
最高出力100kW/4,897~9,504rpm
最大トルク195Nm/0~4,897rpm
S e-40RCEはエントリーグレードSの4WD車です。装備はS 2WDに準じていて運転支援機能が簡素化されている印象を受けます。

X

ボディサイズ全長4,660mm×全幅1,840mm×全高1,720mm
乗車定員5人
車両本体価格349万9100円
エンジン種類1,497cc 直列3気筒DOHCターボ
最高出力106kW/4,400~5,000rpm
最大トルク250Nm/2,400~4,000rpm
モーター種類BM46型
最高出力150kW/4,739~5,623rpm
最大トルク330Nm/0~3,505rpm
新型エクストレイルの売れ筋グレードと言えるのが、このXグレードです。その理由はXグレードだけに3列シート7人乗りを用意しています。さらに、エクストリーマーXというタフギア感を強調したグレードを設定しているからです。

Sグレードは設定されていなかったプロパイロット(ナビリンク機能付)をはじめ、インテリジェントBSI(後側方衝突防止支援システム)、BSW(後側方車両検知警報)、RCTA(後退時車両検知警報)も標準装備となっています。

また、プロパイロット緊急停止支援システム(SOSコール機能付)、SOSコール、インテリジェントアラウンドビューモニター(移動物検知機能付)、インテリジェントルームミラーがオプション設定され安全装備を充実させることが可能です。

アドバンスドドライブアシストディスプレイは12.3インチへと大型化。フロントセンタートレイは照明付となり、さらにエアコン後席用吹き出し口が設置されるなど利便性が向上します。

さらに、運転席がパワーシートとなるだけでなく、運転席・助手席パワーシート。そしてセルクロスをシート表皮に使用した防水シートがオプションで設定されます。また、NissanConnectナビゲーションシステム(地デジ内蔵)をはじめ、NissanConnect専用車載通信ユニット、ETC2.0ユニットがオプション設定されています。

X e-4ORCE

ボディサイズ全長4,660mm×全幅1,840mm×全高1,720mm
乗車定員5人
車両本体価格379万9400円
エンジン種類1,497cc 直列3気筒DOHCターボ
最高出力106kW/4,400~5,000rpm
最大トルク250Nm/2,400~4,000rpm
フロントモーター種類BM46型
最高出力150kW/4,739~5,623rpm
最大トルク330Nm/0~3,505rpm
リアモーター種類MM48型
最高出力100kW/4,897~9,504rpm
最大トルク195Nm/0~4,897rpm
X e-4ORCEはXの4WD車で、装備面ではXに準じています。寒冷地仕様のホットプラスパッケージのうち、2WD車でオプションだった後席のヒーター機能とステアリングヒーターが標準装備となります。

X e-4ORCE 3列シート

ボディサイズ全長4,660mm×全幅1,840mm×全高1,720mm
乗車定員7人
車両本体価格393万300円
エンジン種類1,497cc 直列3気筒DOHCターボ
最高出力106kW/4,400~5,000rpm
最大トルク250Nm/2,400~4,000rpm
フロントモーター種類BM46型
最高出力150kW/4,739~5,623rpm
最大トルク330Nm/0~3,505rpm
リアモーター種類MM48型
最高出力100kW/4,897~9,504rpm
最大トルク195Nm/0~4,897rpm
X e-4ORCE 3列シートは7人乗りのモデルです。基本的な装備面では、X e-4ORCEと同じで、5:5分割可倒式のサードシートを標準装備しています。乗り物を置くカップホルダーは2列シート仕様のフロント2個、セカンドシート2個(リアセンターアムレスト内)に加えて、サードシートにも2個用意されています。

X e-4ORCEエクストリーマーX

ボディサイズ全長4,660mm×全幅1,840mm×全高1,720mm
乗車定員5人
車両本体価格412万9400円
エンジン種類1,497cc 直列3気筒DOHCターボ
最高出力106kW/4,400~5,000rpm
最大トルク250Nm/2,400~4,000rpm
フロントモーター種類BM46型
最高出力150kW/4,739~5,623rpm
最大トルク330Nm/0~3,505rpm
リアモーター種類MM48型
最高出力100kW/4,897~9,504rpm
最大トルク195Nm/0~4,897rpm
X e-4ORCEをベースに「Tougu&Rugged」をテーマに、タフギアのイメージを強化したモデルです。

エクストリーマーXの特別装備として、ダークフィニッシャーを採用した専用フロントグリルをはじめ、外観では専用リアアンダープロテクター、専用フロントプロテクター、前後のLEDフォグランプ、グロスブラックのサイドターンランプ付電動格納式リモコンドアミラー、専用デザイン18インチアルミホイール、専用デザインブラックルーフレール、専用グロスブラックアウトサイドドアハンドル。

インテリアでは専用デザインの防水シート、運転席・助手席パワーシート、パーソナルドライビングポジションメモリーシステム(運転席)、リモコンオートバックドアを標準装備しています。

X e-4ORCEエクストリーマーX 3列シート

ボディサイズ全長4,660mm×全幅1,840mm×全高1,720mm
乗車定員7人
車両本体価格426万300円
エンジン種類1,497cc 直列3気筒DOHCターボ
最高出力106kW/4,400~5,000rpm
最大トルク250Nm/2,400~4,000rpm
フロントモーター種類BM46型
最高出力150kW/4,739~5,623rpm
最大トルク330Nm/0~3,505rpm
リアモーター種類MM48型
最高出力100kW/4,897~9,504rpm
最大トルク195Nm/0~4,897rpm
外観にブラックのアイテムを採用したX e-40RCEエクストリーマーXの3列シート仕様車です。装備面は、X e-40RCEエクストリーマーXに準じていて、5:5分割可倒式のサードシートを標準装備しています。

さらに乗り物を置くカップホルダーは2列シート仕様のフロント2個、セカンドシート2個(リアセンターアムレスト内)に加えて、サードシートにも2個用意されています。

G

ボディサイズ 全長4,660mm×全幅1,840mm×全高1,720mm
乗車定員 5人
車両本体価格 429万8800円
エンジン種類 1,497cc 直列3気筒DOHCターボ
最高出力 106kW/4,400~5,000rpm
最大トルク 250Nm/2,400~4,000rpm
モーター種類 BM46型
最高出力 150kW/4,739~5,623rpm
最大トルク 330Nm/0~3,505rpm
Gはエクストレイルの最上級グレードで、乗車定員は5人乗りのみとなっています。装備面では、シグネチャーLEDポジションランプにシーケンシャルターン機能が付くのをはじめ、LEDフォグランプが標準装備されます。

サイドターンランプ付電動格納式リモコンカラードドアミラーに、リバース連動下向機能とポジションメモリー連動機能が追加されます。利便性も向上し、インテリジェントキーはオートバックドア開閉機能を追加。ワイヤレス充電器の標準装備、オートエアコンは運転席、助手席、後席の独立温度調整が可能となります。

運転支援機能も充実していて、プロパイロット(ナビリンク付)、プロパイロット緊急停止支援システム、SOSコール、プロパイロットパーキング、インテリジェントアラウンドビューモニター、インテリジェントルームミラーが標準装備。加えて、ヘッドアップディスプレイも標準装備となっています。

また、NissanConnectナビゲーションシステム(地デジ内蔵)をはじめ、NissanConnect専用車載通信ユニット、ETC2.0ユニットを標準装備となります。インテリアでは、木目調インストロア、インサイドドアハンドルベセル(マットクローム)、ロールサンシェード(リアドア)、アンビエントライトが標準装備となっています。

シート表皮はテーラーフィットを採用。運転席・助手席パワーシートも標準装備。さらにパーソナルドライビングポジションメモリーシステム。さらにリモコンオートバックドアも採用されています。

USB電源ソケットは、フロント、リアのタイプA各1個に加えて、フロント、リアにタイプCを各1個。そしてラゲッジ部にAC100V電源を用意しています。

タイヤサイズは235/55R19で19インチのアルミホイールを標準装備。シルバー塗装+クロームフロント&リアバンパーロアフィニッシャー、ドアロアクロームモールを採用。パノラミックガラスサンルーフはGグレードのみにオプション設定となります。

G e-4ORCE

ボディサイズ 全長4,660mm×全幅1,840mm×全高1,720mm
乗車定員 5人
車両本体価格 449万9000円
エンジン種類 1,497cc 直列3気筒DOHCターボ
最高出力 106kW/4,400~5,000rpm
最大トルク 250Nm/2,400~4,000rpm
フロントモーター種類 BM46型
最高出力 150kW/4,739~5,623rpm
最大トルク 330Nm/0~3,505rpm
リアモーター種類 MM48型
最高出力 100kW/4,897~9,504rpm
最大トルク 195Nm/0~4,897rpm
Gグレードの4WD車がG e-4ORCEです。装備はGに準じていて、充実した装備が魅力です。

AUTECH

ボディサイズ 全長4,660mm×全幅1,840mm×全高1,720mm
乗車定員 5人
車両本体価格 420万5300円
エンジン種類 1,497cc 直列3気筒DOHCターボ
最高出力 106kW/4,400~5,000rpm
最大トルク 250Nm/2,400~4,000rpm
モーター種類 BM46型
最高出力 150kW/4,739~5,623rpm
最大トルク 330Nm/0~3,505rpm
AUTECHはX 2WDをベースに「プレミアムスポーティ」をコンセプトにカスタマイズされたモデルです。

外観では、どの角度から見ても美しく輝くようにデザインされたドットパターンの専用フロントグリルをはじめ、低重心・ワイドスタンスのイメージを強化すると同時にスポーティさを演出するメタル調フィニッシャーパーツ。さらに、シリーズ唯一の20インチホイールと255/45R20という大径タイヤを装着しています。

インテリアでは、曲線を多用し、立体感のある専用キルティングブラックレザーシートを標準装備。インストルメントパネルを含めて、インテリア全体をブラック貴重でコーディネートしています。また、湘南・茅ヶ崎の海と空をイメージしたブルーのロゴとステッチがさらに上質感を高めています。

AUTECの特別装備は外観では専用フロントグリル、専用フロントプロテクター(メタル調フィニッシュ)、シグネチャーLED、フロント・リアエンブレム、サイドターンランプ付き電動格納式リモコンドアミラー(メタル調フィニッシュ)、ドアロアモール(ダーククロム)、専用20インチアルミホイール、255/45R20(ミシュランPROMACY 4)、専用リアプロテクター(メタル調フィニッシュ)、ルーフレール、リアLEDフォグランプ。

インテリアは、専用ブラックレザー(刺繍、ブルーステッチ、専用キルティング)、専用ブラック本革巻ステアリング、ブラックアッパートリム、専用インストピンモール、インストパッド、センターコンソールボックス、AUTECHエンブレム、専用ブラックドアトリムとなっています。

AUTECH e-4ORCE

ボディサイズ全長4,660mm×全幅1,840mm×全高1,720mm
乗車定員5人
車両本体価格446万7100円
エンジン種類1,497cc 直列3気筒DOHCターボ
最高出力106kW/4,400~5,000rpm
最大トルク250Nm/2,400~4,000rpm
フロントモーター種類BM46型
最高出力150kW/4,739~5,623rpm
最大トルク330Nm/0~3,505rpm
リアモーター種類MM48型
最高出力100kW/4,897~9,504rpm
最大トルク195Nm/0~4,897rpm
AUTECH e-4ORCEはX e-4ORCEをベースとした5人乗りのカスタマイズモデルです。専用装備はAUTECHに準じています。

AUTECH e-4ORCE 3列シート

ボディサイズ 全長4,660mm×全幅1,840mm×全高1,720mm
乗車定員 7人
車両本体価格 459万8000円
エンジン種類 1,497cc 直列3気筒DOHCターボ
最高出力 106kW/4,400~5,000rpm
最大トルク 250Nm/2,400~4,000rpm
フロントモーター種類 BM46型
最高出力 150kW/4,739~5,623rpm
最大トルク 330Nm/0~3,505rpm
リアモーター種類 MM48型
最高出力 100kW/4,897~9,504rpm
最大トルク 195Nm/0~4,897rpm
AUTECH e-4ORCE 3列シートはX e-40RCE 3列シートをベースとした7人乗りのカスタマイズモデルです。専用装備はAUTECHに準じています。

AUTECH Advanced Package

ボディサイズ 全長4,660mm×全幅1,840mm×全高1,720mm
乗車定員 5人
車両本体価格 484万6600円
エンジン種類 1,497cc 直列3気筒DOHCターボ
最高出力 106kW/4,400~5,000rpm
最大トルク 250Nm/2,400~4,000rpm
モーター種類 BM46型
最高出力 150kW/4,739~5,623rpm
最大トルク 330Nm/0~3,505rpm
AUTECH Advanced PackageはG 2WDをベースとしたカスタマイズグレードです。内外装はAUTECH 専用のパーツを装着し、アルミホイールは20インチとなります。Advanced Packageはナビゲーションシステム、先進安全装備、便利・快適装備などをパッケージ化しています。

主な装備内容
アダプティブLEDヘッドライトシステム、プロパイロットパーキング、インテリジェントアラウンドビューモニター、インテリジェントルームミラー、ヘッドアップディスプレイ、ワイヤレス充電器、エアコン独立温度調整機能(後席追加)、NissanConnectナビゲーションシステム(地デジ内蔵)NissanConnect専用車載通信ユニット、ETC2.0ユニット、ロールサンシェード(リアドア)、アンビエントライト、USB電源ソケットタイプC、100V AC電源(1500W)、プロパイロット緊急停止支援システム、SOSコール

AUTECH e-4ORCE Advanced Package

ボディサイズ 全長4,660mm×全幅1,840mm×全高1,720mm
乗車定員 5人
車両本体価格 504万6800円
エンジン種類 1,497cc 直列3気筒DOHCターボ
最高出力 106kW/4,400~5,000rpm
最大トルク 250Nm/2,400~4,000rpm
フロントモーター種類 BM46型
最高出力 150kW/4,739~5,623rpm
最大トルク 330Nm/0~3,505rpm
リアモーター種類 MM48型
最高出力 100kW/4,897~9,504rpm
最大トルク 195Nm/0~4,897rpm
AUTECH e-40RCE Advanced PackageはG e-40RCEをベースとしたカスタマイズグレード。装備面では、AUTECH Advanced Packageに準じています。

価格的に魅力の高いSグレードでも運転支援機能は充実しています。しかし最新鋭のモデルということを考えるとやはり360°セーフティアシストを採用しているXグレード以上がオススメとなります。

売れ筋グレードと言えるXグレードはバリエーションが豊富で、標準モデルに加えて、カスタマイズモデルのエクストリーマーXやAUTECHでも3列シート7人乗りモデルが選べるのは魅力です。装備面などを考えると20インチホイールを装着したAUTECHがコスパが高いと言えるかもしれません。

萩原 文博|はぎはら ふみひろ

1970年生まれ。10代後半で走り屋デビューし、大学在学中に中古車情報誌の編集部にアルバイトとして加入。1995年より編集部員として編集作業に本格的に携わる。中古車の流通、販売店に精通し、「中古車相場師」として活動。2006年からフリーランスの編集者となり、中古車だけでなく、現在は日本で最も多くの広報車両を借り出して取材を行い、新車でもユーザー視点のバイヤーズガイドを中心に、人気車種の動向や流行りの装備の価値評価などを加味した、総合的に買いのクルマ・グレードの紹介をモットーとしている。

萩原 文博