日産 3代目エクストレイル(T32/NT32/HT32/HNT32型)の10のグレードを徹底比較!おすすめはオーテックグレード!!

日産 3代目エクストレイル

初代エクストレイルが2000年に登場して以来、SUVを牽引してきたエクストレイルは3代目となっても高い人気を誇るモデルです。そして2020年10月に一部仕様変更を行い、新たに販売が開始されます。

そこで日産 3代目エクストレイル(T32/NT32/HT32/HNT32型)の2020年マイナーチェンジ後のモデルはどのようなグレード構成になっているのか、ひとつひとつ詳しく解説します。

日産 3代目エクストレイル 20Xi Vセレクション エクストリーマーX【価格:341万1,000円~】

「20Xi Vセレクション エクストリーマーX」は、20Xi Vセレクションをベース車にエクステリアをカスタムした特別仕様車です。

駆動方式は4WDのみで、2列目シートバージョンと3列目シートバージョンの2種類から選べます。

フロントには、エクストリーマーX専用の漆黒フロントグリルとグロスブラックフロントスタイリングガード、LEDフロントマーカーとフォグランプフィニッシャーを装着し、ベース車とは異なった雰囲気を醸し出しています。

そして、サイドにはロスブラックサイドスタイリングガード、リアにグロスブラックリヤスタイリングガードを装着しており、特別仕様車のエクストリーマーXであることが一目でわかります。

ホイールにもエクストリーマーX専用のグロスブラック18インチアルミホイールを装着してベース車と差別化を図っています。

価格は341万1,000円~と、ベース車の「20Xi/20Xi Vセレクション」と比べると24万9,600円高い価格設定です。

日産 3代目エクストレイル 20Xi HYBRID エクストリーマーX【価格:381万2,600円】

「20Xi HYBRID エクストリーマーX」は、アウトドアを強く意識したエクストレイルのハイブリッド特別仕様車モデルです。

車の防水加工は、ベース車両の「20Xi HYBRID」と基本同じです。ただし、ベース車両ではシートをフロアカーペットと一緒にオプションで変更可能ですが、エクストリーマーXでは、フロアカーペットは消臭機能付きをオプションで選ぶことができますが、シートは変更できません。

価格は381万2,600円と「20Xi Vセレクション エクストリーマーX」に比べると40万1,600円高い価格設定です。

<次のページに続く>
次ページ
日産 3代目エクストレイル AUTECH i Package【価格:358万4,900円~】

吉田 恒道|よしだ つねみち

1980年代、大学卒業後ファッション・モード専門誌「WWD Japan」編集部勤務を皮切りに編集者としてのキャリアを積む。その後、90年〜2000年代、中堅出版社ダイヤモンド社の自動車専門誌・副編集長に就く。以降、男性ライフスタイル誌「Straight’」(扶桑社)など複数の男性誌編集長を歴任し独立、フリーランスのエディターに、現職。著書に「シングルモルトの愉しみ方」(学習研究社)がある。

吉田 恒道