ダイハツ トールは支払い総額263万9480円!?実際に見積もりを取ってみた!

2016年に発売されたダイハツ 初代トール(DBA-M900S)の見積もりを取ってきました。初代トールは、コンパクトでしかも広い室内空間と軽自動車のような取り回しの良さが特徴の、1L エンジン搭載のコンパクトハイトワゴンです。

初代トールは、トヨタ 初代ルーミー・タンクとスバル 2代目ジャスティとしてOEM提供されていて、3社4つ子という珍しいクルマになっています。今回は4つ子の長男トールを見にダイハツへ行ってきました。さて、見積もり額はいくらになったのでしょうか?

文・PBKK

Chapter
ダイハツ 初代トールはどんなクルマ?
ダイハツ 初代トールは1.5Lコンパクトワゴンを超える室内空間が強み!
ダイハツ 初代トールは顔つきの違う2つのグレードから選べる!
ダイハツ 初代トールの見積価格は263万9480円!

ダイハツ 初代トールはどんなクルマ?

2016年のコンパクトハイトワゴン市場はスズキ ソリオとソリオ バンディットが制覇していました。スズキ ソリオ/バンディットは発売当初は1L エンジンを搭載していましたが、2010年に2代目となってからは、1L車が姿を消し、すべて1.2Lエンジンに変更されました。

その枠に1L ハイトワゴン車として満を持して登場したのがダイハツ 初代トールだったのです。ダイハツ 初代トールのパワートレインは、1L 直列3気筒12バルブDOHCで、自然吸気とインタークーラーターボ付きエンジンを用意。自然吸気エンジンは最高出力51kW(69PS)/6,000rpm最大トルク92Nm(9.4kgm)/4,400rpmを誇ります。

ターボ付きは、最高出力72kW(98PS)/6,000rpm、最大トルク140Nm(14.3kgm)/2,400~4,000rpmとなっており、特にターボ付きエンジンはトヨタのコンパクトミニバン シエンタ 1.5L ガソリンエンジン車の最大トルク136Nm(13.9kgm)を超える力強さです。

ダイハツ 初代トールは1.5Lコンパクトワゴンを超える室内空間が強み!

ダイハツ 初代トールの最大の特徴は室内空間の広さです。車幅は1,670mmと5ナンバー最大の1,695mmより少し小さいですが、室内幅を1,480mm取っていてトヨタ ヤリスの1,430mm、トヨタ シエンタの1,470mmよりも広くなっています。

さらに室内高は1,355mmとシエンタの1,280mmよりも75mmも高いのです。全長は3,700mmとシエンタは4,260mm、ヤリスの3,940mmよりもコンパクトになっていて、さすがにラゲッジルームの狭さは感じさせますが、その分回転半径が4.6m(ヤリス4.8m、シエンタ5.2m)と、軽自動車並みの小回りになっています。

車両重量もシエンタ 1.5L ガソリン車の1,380kgに対して初代トールは1,070kg~1,100kg(2WD)とかなり抑えられていて、燃費もハイブリッド車が設定されていないにもかかわらず、JC08モード24.6km/L(自然吸気)と満足のいくものとなっています。

ダイハツ 初代トールは顔つきの違う2つのグレードから選べる!

ダイハツ 初代トールには、エクステリア(外観)の違う標準とカスタムの2つのグレードが設定されていて、カスタムはアップグレードしたインテリアをもつ上位クラスです。おのおののグレードに自然吸気とターボ付きが用意されています。

「トールは他メーカーへOEMしているものを含め、2018年11月の一部改良で、安全運転支援システムが最新のスマートアシストⅢ(Smart Assist Ⅲ)になって、クルマばかりではなく歩行者も感知する衝突回避支援ブレーキ機構が搭載されています。

車内の広さや走りばかりではなく、安全に関しても自信をもっておすすめできるクルマです。」とのディーラー担当者の言葉を信じて、見積をお願いしました。

グレードは品のあるエクステリアやラグジュアリー感のあるインテリアが気に入ってしまったので、思い切って最上位グレードのカスタムGターボ SAⅢにしました。さて、見積価格はいくらになったのでしょうか。

ダイハツ 初代トールの見積価格は263万9480円!

メーカー:ダイハツ
車種:トール
型式:DBA-M900S
エンジン:1L 水冷直列3気筒12バルブDOHC インタークーラーターボ 無鉛レギュラーガソリン(1KR-VET)
駆動:2WD
ドア:5
定員:5名
付属品:ウィンドウコーティング(6600円)、グラスコーティングNEX(6万7100円)、乗り出し楽々プランA(7万6538円)、ナビコントロールキット(2万166円)、9インチスタンダードナビFRドライブレコーダー(27万2008円)、ETC車載器(2万834円)、ETCセットアップ(2750円)、パノラマモニター&純正ナビ装着用アップグレードパック(4万6200円)、コンフォータブルバック(2万3100円)

【見積もり内容】
車両本体:200万2000円
メンテナンス費用:12万7424円
税金・保険等:7万5770円
預り法定費用等:1万5480円
手続き代行費用等:3万3510円
リサイクル法関連費用:9920円

値引き:15万円(お店にによって異なる)

支払総額:263万9480円

初代トールは、トヨタの初代ルーミー・タンクとスバル 2代目ジャスティにOEM供給されていますので、本当によく見かけます。室内は広く小回りもきくので、乗りやすく使い勝手がいいクルマですね。

しかし、ライバルのスズキ ソリオがハイブリッド仕様(JC08モード燃費32.0km/L)へ大きく舵を切り、ガソリン仕様で頑張るトール(JC08モード燃費24.6km/L)は燃費で大きな差を付けられてしまいました。今後トールにハイブリッド仕様が登場することにも期待が集まります。