ニッサンの全車種を紹介!ニッサン徹底解説!(1910年~1934年)

電気自動車や「e-POWER」など独自のハイブリッドシステム、さらには日産 GT-Rといったスポーツカーなどを開発し、世界にその名を届かせてきた日産。実は戦前から脈々と続く自動車メーカーの1つでもあります。その歴史はどのようなものだったのか、当時の乗用車とともに紹介します。

文・PBKK

Chapter
快進社 ダット自動車(1914年)
快進社 DAT41型乗用車(1919年)
ダットサン 10型(1932年)
ダットサン 11型(1932年)
ダットサン 12型(1933年)
ダットサン 13型(1934年)

日産のはじまり

日産の歴史は明治時代の1910年代まで遡り、その源流は快進社という自動車メーカーに見ることができます。

当時の日本の自動車製造技術は未熟で、多くのクルマはフォードやGMなどのアメリカ車が中心でした。そんな中で快進社は自動車生産を手掛けるメーカーとして設立され、1914年に純国産自動車であるダット自動車、別名「脱兎号(ダット号)」を完成させました。

「ダット」の由来は、当時快進社に出資していた、田健治郎のD、青山禄郎のA、竹内明太郎のTの、それぞれの頭文字を取ったものとされています。

その後、快進社は同じくクルマを開発していた実用自動車製造と合併。さらに実業家として知られた鮎川義介の戸畑鋳物株式会社の傘下となり、1932年に、のちに日産の母体となる「ダットサン」が誕生しました。

快進社 ダット自動車(1914年)

快進社 ダット自動車は「脱兎号」とも呼ばれ、日本で最初期のクルマの1つです。

ダット自動車は1914年、大正3年の東京大正博覧会に出品され、幌型のルーフを持つ3人乗りのクルマとして誕生しました。エンジンはV型2気筒と現在では珍しい形式ですが、エンジン技術や金属加工技術が発展途上にあった当時の日本において最新鋭のユニットでした。

快進社 DAT41型乗用車(1919年)

ダット自動車をつくり上げた快進社は、従業員60名の株式会社快進社として組織を刷新。DAT41型乗用車は、その翌年の1919年に完成したクルマです。

搭載していたエンジンは単塊鋳造技術を用いた4気筒エンジンで、快進社の持つ技術が注ぎ込まれましたが、1923年に発生した関東大震災によって国内が混乱。DAT41型乗用車もその影響を受け、快進社としては最後のクルマとなりました。

ダットサン 10型(1932年)

快進社は実用自動車と合併しダット自動車商会として再出発を果たします。そして両社のDNAを引き継いだ企業、ダット自動車製造が1926年に発足。その最初のモデルとして登場したクルマがダットサン 10型です。

もともとは1931年に新型乗用車として完成していました。しかし、完成当時は「ダットソン」と呼ばれ、それが損をすることに通ずるという意見もあったことから「ダットサン」へ名称を変更し、1932年に改めて販売されたという経緯があります。

ダットサン 11型(1932年)

ダットサン11型は、ダットサン10型に続くモデルとして100台以上が製造されました。10型をベースにしつつボディサイズはわずかに大きくなり、形状もクーペやオープン、ライトバンやトラックなどさまざまなラインアップがあり、タクシーなどの商用利用も少なくなかったと言われています。

ダットサン 12型(1933年)

ダットサン 12型ではさらなる改良が加えられ、エンジンの馬力や排気量が高められました。当時は一定の排気量以下であれば自動車運転免許が不要でしたが、1933年にその排気量上限が750ccに拡大され、それまで1名だった乗車人数制限も撤廃されたことから、12型はその枠を最大限に活かしたクルマとして人気を集めました。

ダットサン 13型(1934年)

ダットサンはその後も進化を続け、13型ではハート型のグリルが採用されるなど、エクステリア(外装)のデザインには当時のトレンドが盛り込まれていました。

また13型のロードスター(コンバーチブル)は、2014年に閉館した大阪府の交通科学博物館に実物車両が展示されており、当時のフォルムを実際に確かめることができた数少ないクルマでした。

ダットサンを製造していたダット自動車製造は、ダットサン 13型が登場した1934年5月に横浜へ新工場を設立、6月には社名を日産自動車へと改め、この時に現在まで続く日産の礎が築かれました。

また、DAT41型乗用車を製造した株式会社快進社は現在の東京都豊島区にあったとされています。現在の日産は横浜に本社を置いていますが、かつては東京の会社だったという点も興味深いポイントです。