日産 新型キックスの長所(メリット)は?

日産キックス

日産 新型キックス(P15型)の長所はどこにあるのでしょうか。新型キックスは、日本市場では実に10年ぶりとなった日産の新型コンパクトSUVです。同ブランドでは初のe-POWER搭載SUVであり、すでに販売され人気モデルとなっているトヨタのC-HRや現在国内で最も売れているライズ、ホンダの主力SUVヴェゼルと真っ向勝負する形となりました。

人気ジャンルに満を持して投入されたキックスですが、クルマとして一体どのような魅力を持っているのでしょうか。今回は、日産 新型キックスについていくつかの観点から長所をご紹介します。

文・PBKK

Chapter
日産 新型キックスは優れたパッケージング!
2.日産 新型キックスのパワーアップしたe-POWER!
3.日産 新型キックスは見た目以上にスポーティ!
4.日産 新型キックスはもちろんデザインもスタイリッシュ!

日産 新型キックスは優れたパッケージング!

日産 新型キックスが持つ魅力のまず1つめは、クラス以上の質を感じさせるパッケージングにあります。

ボディサイズを見てみると、日産 新型キックスの全長は4,290mm。日本では未導入となっている現行型F16系ジュークが全長4,135mmなので、両者を比べてみると日産 新型キックスの方が165mmも長いボディを持っています。この全長は、車内の居住性に大きく関わる部分。特に、リアシート(後部座席)の居住性に影響を及ぼします。

基本的に同じ全長のクルマであるなら、リアシートの居住性を確保するためにボディを長くしてレッグスペースを確保するか、リアウインドウを立てたデザインとすることでヘッドルームのクリアランスを取るか、ラゲッジスペース長(荷室長)を短くするのが基本となります。

実は、これが現行型F16系ジュークが日本に導入されたなかった原因となっているようで、フロントシートの快適性を追求した設計となっている現行型F16系ジュークは、リアシートやラゲッジスペースの広さは広くて使いやすいとは言い難いもの。

スタイリングを重視したクーペスタイルのSUVなので仕方のないことですが、車内の居住性という観点から見れば、日産 新型キックスと現行型F16系ジュークは雲泥の差があるといえるでしょう。

結果的に日産 新型キックスは、同クラスでもリアシートの居住性が高いとされるホンダのヴェゼルに迫るスペースを確保。リアシートのニールームはおよそ600mmの広さを持ち、ラゲッジスペースもリアシート通常使用時で423Lという大容量を実現。

さらに、60:40分割可倒式のシートを倒せば、積載能力はさらに向上します。日産 新型キックスが持つ、コンパクトサイズながら充分に実用的なパッケージングは多くの人を満足させてくれるのではないでしょうか。

2.日産 新型キックスのパワーアップしたe-POWER!

日産 新型キックスが持つ長所として、2つ目に挙げるのがパワーユニットです。日産 新型キックスに搭載されるパワーユニットは、日産が誇るハイブリッドシステムであるe-POWER

日産 新型キックスは、2グレードで展開していますが、通常のガソリンエンジンやディーゼルモデルはラインナップしておらず、e-POWERユニット搭載モデルのみラインナップしています。

実はこれ、過去にノートやセレナといった人気モデルにe-POWERを搭載してきた日産にとっても初めてとなるチャレンジ。e-POWERのみ、という限定的なラインナップとすることにより、他メーカーのライバル達と日産 新型キックスの差別化をしたいという日産の狙いがうかがえます。

e-POWERがどういったシステムなのか振り返っておくと、ガソリンエンジンを通常のモデルとは異なり、推進力を生み出すのではなく発電機の役割として電気を発生させることだけに集中させ、駆動力はモーターによって生み出すというハイブリッドシステム。

なので、PHEVなどとは違い日常的な充電を必要とせず、環境性能こそ段違いに高いけれど、使い勝手の部分では通常のガソリンエンジンモデルとなんら劣ることはありません。

さらに、日産 新型キックスに採用されているe-POWERは、ノートに採用されていたe-POWERをブラッシュアップしたシステム。カタログスペックではWLTCモード21.6km/LJC08モードでは30.0km/Lという優れた燃費性能を発揮します。日常的な足としても、日産 新型キックスは大活躍してくれるでしょう。

<次のページに続く>
次ページ
3.日産 新型キックスは見た目以上にスポーティ!